« 消費税じゃなく、所得税じゃいけないのか、その裏側を考える | トップページ | 相続を気にして亡くなった、ある社長夫人 »

2010/07/26

賃貸物件の信用調査料

賃貸マンション・賃貸住宅のお話しです。

 「信用調査料、1ヶ月分頂きます。」

私は何度も引っ越したことがありますが、これは一度もありませんでした。信用調査料、最近増えているのでしょうか。

仲介手数料、これは以前は 1ヶ月分が相場でしたが、近頃は、半月分とか中にはゼロとかいう広告が増えてきています。その裏側には、こんな信用調査料という存在と関係しているのかも知れません。

ただここ数年で、「家賃の保証料」いただきます。
これは、かなり増えてきています。
家賃が払えなくなった時の保証料で、別会社に保証して貰うというやつです、相場は、半月分〜1ヶ月分。
一年ほど前、この保証会社が家賃未払いになったとたん悪質な取り立て屋に変貌するなんて言うニュースが話題になっていましたが、実際、この保証料が必要になることは結構あるようで、賃貸人、保証人、それにこの外部の保証会社が必要、、、、、それだけ家賃というものに対して、大家側のリスクが増えているという表れのようです。

====
不動産賃貸にはいろいろなお金が必要です。なかでも、敷金、敷引、更新料。これらはいずれも裁判では大家側が以前のような権利の主張が認められなくなってきています。しかもほとんどの地域で物件が余る状況が出てきていますから、賃貸不動産のリスクは年々高まっている、というより、以前ほど高い利回りが得られないようになってきた、と言えるでしょう。

それでも不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターン。
不動産の価値は、ゼロにはならないし、家賃を下げれば取りあえず借り手は見つかるもの。ただ空室が長引いた時の対応を考えておかないと、ミドルリスク・”ローリターン”の物件に早変わり、です。

不動産業界は、大手から小さいところまでいろいろですけど、変な名目で手数料を稼ぐことを考えるより、大家・借り手双方のニーズをどう捕まえていくか、に執心した方がいいと思うんですけどね。。。。。(例えばね、一人暮らし向けに、トラブルが起こって電話を貰うと一時間以内にかけつけるサービスをがあるところ、とか、、、出来てきています。)

たぶん今の不動産業界は、アイデア勝負の宝庫じゃないかと思うんですが・・・・

|

« 消費税じゃなく、所得税じゃいけないのか、その裏側を考える | トップページ | 相続を気にして亡くなった、ある社長夫人 »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/48833964

この記事へのトラックバック一覧です: 賃貸物件の信用調査料:

« 消費税じゃなく、所得税じゃいけないのか、その裏側を考える | トップページ | 相続を気にして亡くなった、ある社長夫人 »