« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月に作成された記事

2010/07/30

カフェラテ呑んだら、勝ち組になれる、かも

「カフェラテ、飲もうかな」 と思って立ち寄ったカフェ。

そのカフェは、自宅から2番目に近い大きなスーパー「ジャスコ」に行く途中にある。
FP講座をやっていることもあって、しょっちゅうその前を通るのだけど、時間に余裕があってふらりと立ち寄ることができるのは月1回くらい。

お客さんが多かったり、携帯電話(カメラ)を忘れたりでなかなか写真に納められなかったのだけど、やっとその機会ができた。断りをいれて、写真撮らせて頂いたのがこれ。

Cafe2

無駄に真っ黄色でピッカピカな表面を惜しげもなくさらしているドゥカティがお店の中にどでんと置いてある。一つのインテリアになっていて全然違和感がない。しかも最近もう一台のバイクがやってきた。ハーレーだ。これまた新車である。ドゥカが旦那さんのマシンで、ハーレーは奥さんのマシン、らしい。マスターはまだ若い。

====

普通に商売として金儲けだけを考えてみれば、
テーブル数はこれだけで客の回転はこれくらいで材料原価がこれくらい光熱費がこれくらい、などと損益を計算していくんだろうが、そんな素振りがまったく感じられない上に、とても上品なカフェを演出している、と思う。
世の中、効率化して収益を上げることしか考えない人が増えてきて、一体それが何だ? なんて思うわけですよ。

以前に老後の楽しみと実益で定年退職後にお店を始めた方がおられた。
趣味だった蕎麦打ちを実践しようと退職金をつぎこんで蕎麦屋さん。
だけど別に退職金を用意しなくても、若くても誰でもきちんと準備しさえすればできちゃうんじゃないか、そんな気がしてきた。

老後=定年、あるいは年金開始、これにどれくらいの意味があるんだろう。
定年って何だ? なんて思うわけですよ。

勝ち組と負け組、あまり好きな言葉ではないが、自分の人生の中で満足感を一杯にできるだけ長く持ち続けられるのが、勝ち組なのじゃないかと思う。金で買える満足感は実は一瞬でしかないことが多い。決して年収の高さでも年金の多さでも、貯金通帳の数字でもないのだ。

夫婦とも公務員、退職金あわせて5000万円。これでも将来が不安で使えない人は満足感は得られない。
金で買う満足感は一瞬であってもこれさえ出来ない人が多かったりするから、人生とお金というのはとても奥が深いのである。

====

私のライフプランの仕事ってほとんどが、「教育費・住宅ローン・老後」に関する話。
でも最近、お金で買えない豊かさを妙に意識してしまう。ここへ来るといつもそんなことを考えながら、ぼーっと道路を行き交う車を眺めてしまっている。
現代の忙しい社会ではこのぼーっと眺めることすら出来ない、かなり不幸な人が大勢いる。この点だけとってみると、おいらは勝ち組だ。カフェラテ600円で誰でも簡単にできる満足感、プチ勝ち組、だれでもできる。

ライフプランって結局こういう満足感の連続なんだと思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/29

住宅ローン;物件価格の110%を借りたい時

やっと気に入った物件も見つかって、いよいよ契約!

頭金はしっかり用意していたけれども、いざ契約直前に、思わぬ出費が発生して頭金が吹っ飛んでしまった。こんな時もありますわな。

例えば、

  親が入院したとか、亡くなってお葬式代出したとか、
  車が壊れたとか、子供が何か大変な物を壊したとか、
  子供がどこかに遠征に行くことになったとか、
  今住んでいて売る予定の家で、雨漏りしているのが発覚したとか。

契約日に払う決済のお金、300万円がどうしても都合がつかない、どうしよう。
このままでは、手付け200万円が無駄になるぞ!
こんな思いをされる方も中にはいらっしゃるかも知れません。


物件価格3000万円。不動産屋さんからいくつか銀行に審査を出して、年収もそれなりにあるから年間返済率をクリアしているけれども、どこも物件の100%までしか貸してくれない。

そうです、住宅ローンは、物件の100%までです。

こんな時に使うのが諸費用ローン。
物件以外のものに使えるローンです。契約手数料、マンションの修繕積立金等々に使えるローンです。
いろいろ上限があったり、金利が少し高めであったりします。

ついついあせってしまって、頭金が足りないからと、消費者金融に駆け込む、これはいけません。金利が全然違います。

====

上のような方の場合の問題点は、不動産屋さんしか訪れていないこと、です。
不動産屋さんから、「じゃあ一度ローンの予備審査出してみますか?」なんて言って、物件3000万円の住宅ローンの審査をFAXしてもらったら、そりゃどこでも3000万円しか貸してくれません。諸費用ローンの審査を出している訳じゃありませんから。

いまや銀行間で金利が違いますし、表に出していない金利を言ってくることもあります。
変動金利・固定金利・ミックス金利。
最近は住宅金融支援機構と銀行が手を組んだ融資も出てきています。これなら一定の条件はありますが100%を越える融資も可能です。

銀行に相談していれば、向こうから商品の提案があったかも知れません。
いろんな銀行と話してみて、自分のあった銀行から借りる。
どんな返済が良いか、自分にあったのはどれか、一番得なのはどれか。

大きな金額ですから、この部分の手間は自分でしっかり掛けて頂きたいなぁと思います。

ちなみに、銀行から見ると、3000万円、30年ローンなら、銀行の受け取る利息合計(つまり銀行の儲け)は、合計1000万円をかるく越えます。
だから車選びに掛ける時間の10倍くらい掛けて選んで欲しいな、なんて思います。

どうしても、”家”の方ばかりに目が向いてしまいますけど、

  「家を買うという契約」 と 「金借りるという契約」

どっちも半端なく重要な契約なので注意してください、ね。

・・・・・ちまみに住宅ローンアドバイザーとしては、一般論として、もう少し
     物件価格を落とすかもう少し頭金貯める方が安心なんだけどなぁ、、
     、、、であったりします。あくまでも、一般論ですが。
           (収入とかにもよりますし)

※ 手付け100万円を放棄して契約解除した人、身近に2人います。
  (私が契約解除を勧めた訳じゃないということは書いておこう。
   でもって、どちらも、今は満足した家に住んでおられます。)
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/28

高速バスの価格破壊、(東京−大阪3,900円)


京都に住んでいます。近所の決して大きくない右京区役所前のバスターミナルを見ていたら、

「立川まで 7,950円」

こんな文字を側面一面に出したバスが走っていた。

京都から立川に行く人、バスに乗る人どれだけいるの?
なんて思いましたが、逆ですね。立川から往復する人が多いんだ。
==
「豊橋まで2,500円!」

豊橋に縁がある人はそういないはず。おいら、大学の4年間豊橋で過ごしたので、豊鉄バスの響きに愛着を感じてしまう。この夏運行開始で、本当なら3,500円のところ、1000円引きのキャンペーンらしいです。


「東京−大阪 3,900円」 「大阪−新潟 4,900円」
「東京−高松 7,300円」 「大阪−熊本 5,800円」
「東京−秋田 6,300円」 「東京−仙台 3,000円」

価格破壊ですな。(上はいずれも格安料金のバス=普通のバスと思われ)

夜行の長距離なら、お勧めは3列シートのゆったりバス。
上の価格のだいたい1.5倍ほどですが、睡眠不足状態で乗り込むとあっという間にお休みなさいして、次起きたら、目的地間近。便所行ってついでに紙コップコーヒーを作って座席に戻ればもう到着とあいなります。

ただ眠れなかった時が悲惨です。そんな方は、ハルシオン・ハルレオン・デパス・セルシンなんかをうつ病患者さんか夜寝られないご老人から1〜2錠調達してください(←こんなこと書いちゃいかんのか)

====

就職戦線、そーとーキビシイ状況のようです。8月になるのにまだ決まらない、こんな声があちこちからチラホラ聞こえてきています。
厚労省の就職内定状況調査結果は10月なのでまだ発表されていませんが、遠距離で受験となると面接回数が増えれば増えるほど、いくら安い交通機関を使っても交通費はバカになりませんね。

他の価格はというと、
レンタカーは12時間5000円(コンパクトカー)だと高いと感じるようになってきてますし、
タクシーは5000円以上越えた分は半額、なんて普通になりましたし。。。
タクシー業界は、以前ほど収益が上がらなくなったのか、いっときタクシーが溢れかえっていましたが、ちょっと落ち着いてきたような気がします。台数減ったのかなぁ、そんな感じです、京都の場合。

ちなみに京都の観光タクシーは6時間2万円くらいです。(小型4人乗り、ただし別途お寺などで駐車代が必要)。タクシーだと観光バスが入れない道の奥にあるお寺に行けるので結構穴場があったりします。等持院(足利氏菩提寺)なんかそうですね。

京都の定期観光バス、冬の旅・夏の旅シリーズ、いろんなコース、昼食付き・夕食付き・食事なしいろんなのがあります。食事付きで1万円くらい。

この定観バスでしか見られない特別拝観なんぞがあって上手い商売しています(^_^;)。
京都駅から出ているのですけど、乗り場がほんの少し離れているせいでそれというお客さんがすぐわかります。で、見ているとほとんどがご夫婦グループ連れなのですが、中にはお一人って方も割と見掛けるのです。中には京都が好きで今度はどのコースに行こうか、なんて毎回来ている人もいるとか。

「奥さん亡くなってから閉じこもってちゃいけない、と思って、春と秋はお寺巡りすることにしました。心の中では二人で来ています、だからこれには友達は誘わないんです。」

こんなことを聞いたことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/27

相続を気にして亡くなった、ある社長夫人

とある電器メーカーの社長さんの奥さん、の昔話、亡くなって10年以上になります。

資本金1000億円以上、従業員1万人以上という私なんか恐れ多くてお話しなんか出来ない立場の人で実際私はお話ししたことはないのですが、なぜかうちの親のお客さんでした。
で、この奥さんが生前にこんなことをおっしゃていた、らしい。

「うちの主人が、子供たちに内緒で、息子の嫁も孫も養子にしているんです。
 相続のときにもめないか心配なんです。」
 
嫁も孫も養子、、、資産家の常套手段であったりします。
民法上では養子であっても子供ですから平等に相続権があります。
民法上平等ですから、遺言書がなければ、子供達に平等に財産分け。
例えば、長男・次男・長女と3人の子供がいるとして
養子として、長男の嫁とその子(孫)二人を加えておけば、合計6人。一人1/6ずつ。
次男と長女の取り分が少なくなるのですね。

※民法上は平等ですが、相続税の計算上は、相続人の数×1000万という基礎控除に含められるのは一人までとなっています。(※実子がいない場合は二人まで)

=====

ひょっとしたら、相続税基礎控除の養子数が制限されるようになったことをご存じなかったのでしょうか?(あるいは改正される前に養子にした?)
そうでなくても、孫を養子にすると相続税が一回飛ばせます。これが目的かも知れません。

いずれにしても内緒で。。。。というのはいただけません。


相続するってどういうことなのか、単に税金が下がって得したねとか、取り分増えて良かったね、という問題ではありません。
これがきっかけで「争族」になるなんてこんな不幸な事はありません。
争いってのは信頼がないと言うことで、信頼はお金では買えないものなのです。
赤の他人との争いはつきあわなきゃそれで済みますが、親戚兄弟なんてつきあわないといくら口でいったところで簡単に割りきれるものではありません。

相続”税”は、財産のある方だけに関係しますが、そこまで財産が無くったって問題は同じ。
子供が複数いるのなら、教育費がかかったかかっていない、車を買って貰った、結婚費用出して貰った、、、、、
単純にこうすればお得ですよなんていうお金だけの話で終わりませんし、私は終わらせられません。

=====

 愛をつなぐ・心をつなぐのが相続

こっちだけつないでこっちは繋がない、ってのはダメ。
こんな気持ちで仕事しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/26

賃貸物件の信用調査料

賃貸マンション・賃貸住宅のお話しです。

 「信用調査料、1ヶ月分頂きます。」

私は何度も引っ越したことがありますが、これは一度もありませんでした。信用調査料、最近増えているのでしょうか。

仲介手数料、これは以前は 1ヶ月分が相場でしたが、近頃は、半月分とか中にはゼロとかいう広告が増えてきています。その裏側には、こんな信用調査料という存在と関係しているのかも知れません。

ただここ数年で、「家賃の保証料」いただきます。
これは、かなり増えてきています。
家賃が払えなくなった時の保証料で、別会社に保証して貰うというやつです、相場は、半月分〜1ヶ月分。
一年ほど前、この保証会社が家賃未払いになったとたん悪質な取り立て屋に変貌するなんて言うニュースが話題になっていましたが、実際、この保証料が必要になることは結構あるようで、賃貸人、保証人、それにこの外部の保証会社が必要、、、、、それだけ家賃というものに対して、大家側のリスクが増えているという表れのようです。

====
不動産賃貸にはいろいろなお金が必要です。なかでも、敷金、敷引、更新料。これらはいずれも裁判では大家側が以前のような権利の主張が認められなくなってきています。しかもほとんどの地域で物件が余る状況が出てきていますから、賃貸不動産のリスクは年々高まっている、というより、以前ほど高い利回りが得られないようになってきた、と言えるでしょう。

それでも不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターン。
不動産の価値は、ゼロにはならないし、家賃を下げれば取りあえず借り手は見つかるもの。ただ空室が長引いた時の対応を考えておかないと、ミドルリスク・”ローリターン”の物件に早変わり、です。

不動産業界は、大手から小さいところまでいろいろですけど、変な名目で手数料を稼ぐことを考えるより、大家・借り手双方のニーズをどう捕まえていくか、に執心した方がいいと思うんですけどね。。。。。(例えばね、一人暮らし向けに、トラブルが起こって電話を貰うと一時間以内にかけつけるサービスをがあるところ、とか、、、出来てきています。)

たぶん今の不動産業界は、アイデア勝負の宝庫じゃないかと思うんですが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/23

消費税じゃなく、所得税じゃいけないのか、その裏側を考える

この前の選挙では消費税増税が論点になったようななっていないような、でも関心だけは大きく上がりましたね。

私も少子高齢化をささえるには税収アップは不可避だと思っています。
でもなぜ消費税なのか、所得税じゃなきゃダメなのか、っていう疑問があったりします。

Tax3

(データの出典;財務省「主要税目の税収(一般会計分)の推移」より抽出
   http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/011.htm)

●なぜ、消費税か(その1)
それは安定しているからですね。
法人税は一昨年のように赤字企業続出すると税収が下がります。
所得税は、消費税ほどではないにしてもそれなりに安定している財源ですから、所得税を上げようと単純に考えてはいけませんか? 高所得者ほど税率が高い財源ですから、この税率をかえるとか基準を変えるとか、もっと単純には
「所得税2倍にします」、
という考えもあって良いんじゃないかと思います。

下記を見てください。消費税5%アップと所得税2倍はそんなにかわらないな、なんて思うのです。


   手取り                 
 年収300万の若年層: 所得税 10万円→20万円   
 年収700万円の中堅: 所得税 20万円→40万円  
 年収一千万の役職者: 所得税 40万円→80万円   
  

 (これがもし消費税5%アップなら)
 年収300万の若年層: 200万消費するとして  10万円↑
 年収700万円の中堅: 500万消費するとして  25万円↑
 年収一千万の役職者: 700万消費するとして  35万円↑

消費税アップなら貯め込める余裕のある人ほど負担が軽くなります。食料品を非課税にするとか・低所得者には還付するとか、こんなややこしい事をするのならば、むしろ単純に所得税アップの方が分かりやすくてメリットが大きいように思ったのであります。

●なぜ消費税か(その2)
消費税=社会保障費とすることで、将来、年金改革・後期高齢者を含む医療費改革などをしてもしなくても、足りなければ自動的に税率を上げるという根拠を作れるから、なのでは、と思っています。

※ 現在の社会保障費は約20兆円強、
  消費税収入(税率5%で)約10兆円、
  将来の65歳以上の人口、3600万人で人口の1/3を超える。

 消費税15%で、今の年金・医療水準を保つのがイイデスカ? 
 消費税10%に抑える代わりに、給付も抑えた方がイイデスカ?

と分かりやすい論点で議論ができるようになります。

●なぜ消費税か(その3)
高齢化社会だから高齢者から税収を上げたい。
私のお袋は、遺族年金200万円貰ってます。でも遺族年金は非課税です。
普通に厚生老齢年金を300万円貰っている人でも、年金控除や社会保険控除で実際には半分くらいしか税金がかかっていません。だから所得税を上げると高齢者より現役者の方の負担があがる。
でも実は高齢者から税収を上げたい。だから消費税。

結局、国が徴収して国が配るわけですから、大事なのは「手取り」です。
変に消費税などの税金が上がって手取りがなくなるよりも、単純に年金額が下がる方がましかも知れません。
だって税金にしてしまうと流用とか人件費とか余分な経費が増えることがありますし。

個人的には、寝たきりとか痴呆になっても病院代施設代がかからない、という政策と引き替えに、年金を下げる。この方がいいです。こういう方がライフプラン作りやすいんです。

  「80歳で、貯金5000万必要ですか?」
  「将来、不安ですから。施設にいくかもしれないし」

こんな方には派手にぱーっと使いましょうよ、なんてなかなか言えません。

税制論議をしたいしたいと、民主党も自民党も言っています。
どんな年収でどれくらい負担が増えるか、年金どうするのか、単に増税反対です!なんてことではなく、こういうことをマニフェストで示して何度か選挙するという方法も、マニフェスト自体に信頼性がなくなってきていますから、
今の単年度予算で審議してというやり方はもう無理なんじゃないかな、なんて思います。

秋に税制論議、年末に「来年からはこうなる」。年度末に予算国会承認。
予算案自体ねじれ国会でどうなるかわからないし、大体選挙が近づけば言っていることがひっくり返る。

どうしたら良いんでしょうかねぇ? これからの日本は。
とりあえずだ! 消費税じゃなく所得税じゃいけないのか、誰かはっきり言って欲しい、ぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/22

シエラレオネが、子供の医療費を無償化

シエラレオネ、聞いたことありますか?
平均寿命 約40歳のアフリカの国です。


男性の平均寿命39歳。女性の平均寿命43歳の人口600万人。
5歳以下の死亡率28%。つまり4人に一人は5歳の誕生日を迎えることの出来ない国。
国民の7割が一日1$以下の生活。(日本円で月3000円以下の生活ですね)

WHO(世界保健機関)の2008年レポートでは世界で最も寿命の短い国でした。
(※2009年レポートでは、アフガニスタンが最も短命の国になった)


医療水準が全然違う比較をしてもいけませんし、こんな国でもなんて云う言い方は失礼なのですが、貧しい国でも行うことになった政策が子供の医療費無償化。

=======

なぜGDP3位(今はまだ2位だけどもうすぐ中国に抜かれる)の日本が、どうして弱者に対して冷たいのか。

  末期医療、先進医療、介護4/5の介護、
  自殺、ホームレス、失業……

上の項目、どれも雰囲気で書いた訳じゃありません。
どれも長引くとライフプランが作れないんです。私の仕事上とても困るんです。
人間らしく生きることが出来ない、という本質的な話につながっちゃうのです。


「税金が上げると生活が少々苦しくなる人」と、
「生活が出来なくなる人、生活できない人」を分けて考えたいし、
昔はみんな貧しかったから助け合って生きてこれたけど、日本が豊かになったせいで変にゆがんだ社会になったよな、なんて思ったりするのです。

「年金」減らすことになるから税金あげたい、とか言う前に、こう言う「最底辺のところ」にお金を回すという考えがないんでしょうかね。
多数決民主主義の欠陥ですね、投票できない人が多いし、数が少ない。

命を守るとか人に優しいとか、マニフェストに書いてあっても、なんかずれてるような気がして仕方ありません。

(普通の皆さんはどうなのでしょうかね、私には関係ないからどっちでもいいや、でも税金上がるのは嫌だ、なんて方が大多数なんでしょうかね。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/21

夏の賞与、0.55%アップの75万円

日本経団連の発表、163社の平均です。昨日の日経新聞に出ていました。
前年夏比0.55%増の75万8千円で、3年ぶりに増加。

昨年は約2割ダウンですので、低水準のままという見方もできますね。


このボーナス統計、近年、業種ごとで大きく違うようになっています。
鉄鋼や造船関係が落ち込む年、電機などの輸出系企業が落ち込む年、外食・小売など内需関係が落ち込む年、、、、経済循環に時間的ズレがおこるせいですね。この反動で、翌年比というものの比較があまり意味をなさなくなってきています。
注意してください。

さて同じ日経新聞には、公務員の給与で人事院勧告の新たな流れが記事になっていました。若年公務は給料を下げずに、30歳代と50歳後半の2段階で減額するという勧告を検討しているというニュース。

民間の実態に合わせるということですが、今後労組を中心に反発は必至、だそうです。

ということで1年半前の私のブログ記事です。

【関連記事】
給料が40代で上がらなくなる現象 (2009/01/23)

こちらもどうぞ
だから〜、GDPが増えないと給料は上がらないって (2009/04/15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/20

半径40kmを越えれば、人生が豊かになる


「お兄ちゃん近くにいないみたいだよ、気配がない」
「近くってどれくらいよ?」
「だいたい半径10パーセク以内」

つまらないこと書いちゃいました。SFの読み過ぎです。
  ※1パーセクは約3光年
先週大好きだったSF作家、JPホーガンが69歳で亡くなりました。

===

半径40km以内から出ない若者が増えているそうです。
最寄りの駅から最も近くの繁華街、これを超えて何の意味があるの? だそうです。
京都や奈良からだと、丁度、大阪越えて神戸になんか行ったことありません、て言う状態。

ライフスタイルが私から見れば貧相になっている。がしかし、これが悪いぞなんて言うつもりはさらさらなくて、何故そうなったのかが気になるのです。
いくつか考えました。

食べ物は溢れているのに食生活が貧しい、喰っているのは主にジャンクフードばかり、こんな20代が増えている、自ら「食の貧困」を作っている。というよりわざわざ高いお金を出して物を食べることを知らない、価値を見いだせない。それより他のことにお金を使う方が良いし、食べ物よりも友達と喋る場所、の方が大事。

車が売れない、そりゃそうです、半径40kmの生活であれば、車を持つ意味は非常に非常に価値がありません。これもわざわざ高いお金を出して、知らないところに行く意味があるのということでしょうか。見たことのないものを知るということの喜びはどこへ?

海外旅行が低迷。これ車と同じです。随分安くなってきたのに、若者の渡航者が伸びてない。出国者はピーク時4割減。知らないところ言葉の通じない所に行ってどうするの? 楽しみを知らない。一時期、自分探しの旅が流行ったことを考えればえらい変わりようです。ただ韓国・中国の近場は堅調だそうで、単に金額の問題か、それとも旅行の目的が変わってきたか。

知るという喜びを知らない? 知りたいと思う対象が変わってきた?
なんなのだろう。

=====

昔とある医師が言っていた。
「医師になるためにもの凄く勉強した。実際に患者を診るようになると分からないところばかりで前よりもっと勉強した。でも勉強して病気を知って、それを使って患者を治す。新しい知識をどんどん患者に還元できる。『新しい知識をどんどん知ってそれを自分で使って仕事が出来ること』。これはとても嬉しかったから勉強が苦にならなかった。」

『知るという喜び』そして『その知識を使うという喜び』
これは若者に限らずどの世代でも感じられること。
新しいことにチャレンジして、それを経験して、その次には、その経験を実際に使う。どんな仕事でもどんな趣味でも遊びでも、この喜びは作れるし、そうすればいくらでも人生は豊かになれる、それは決してお金の量じゃない。

ライフプラン作りでも、これを意識したいです。

私の仕事はお金を増やすことではなく、中身を豊かにすること。
「この住宅ローンは考え直した方がいいんじゃ」と私が言う時にはこんな気持ちがあることを覚えておいていただければ、良いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/18

祇園祭と京都市美術館

3連休ということで、今日は「人生とお金」の話は無し!
京都市立美術館のボストン美術館展(〜8/29まで)に行ってきました。
=====

美術館周辺の東山地域は、平安神宮のとてつもなく大きな鳥居があって、琵琶湖疎水があって、空間的にゆとりがあって、何かしらホッとする。会社員時代に組合から声がかかってメーデーのデモ行進させられた記憶を除けば、好きな地域なんです。

『ただいまの待ち時間 ”0”分』。なんて言うでかい看板と、
行列をさばくためであろう幅90cmほどのロープの柵がぐにゃぐにゃ張られているが、まだ開館間もないせいか、みんなショートカットできるくらいに空いている。

入口ではうずたかく積まれている、貸出用音声ガイドマシンを500円玉と引き替えに、つけて貰って中に入る。
説明を聞きながらゆっくり歩いていると次第にかなり混み出した。…若い人たちも来ていて結構ビックリ。前のおじさん・おばさんたちがちょっと邪魔だよ〜。

Citymuseum

お目当てはミレー。
ミレーの「馬鈴薯植え」。しかし、それよりも一緒に来ていた「刈入れ人たちの休息」の方が印象的で暖かだった。農民を描いたミレー。
この当時の日本はと言うと、襖絵とか屏風絵とか、狩野派とかそう言う時代ですよね。そう思うと単純に凄いなぁと思うわけで。。。。写真機もCGもなかった時代に単純に絵の具だけで、しかも対象は普通の農民の日常の風景であって、本物以上の生き生きした場面を切り取る。腕や足は今まさに動いている瞬間を切り取っている。この絵を描いている時ミレーはどんな気持ちだったんだろうななんて思ったりする。

今回2作品見られたので、これで「種まく人」、「晩鐘」「落穂拾い」「羊飼いの少女」、ミレーの代表作はだいぶ見たことになる。ちょっとした達成感?!

ちょっと良い気分になった所で、近くのこの春開店したばかりのカフェに行ってみた。道路を隔てて疎水を臨めることのできる2階の端っこの席に座る。HPに書いてあったとおりだ。
とぉーい知り合いがここのHPを作った、らしい。
面積はさほどないはずなのに開放感を感じるのは、吹き抜けという感じで天井が高く窓が多いから、であろうか。床もテーブルも新しくて気持ちが良い。便所も中にはいると自動で蓋が開く、これ最近の流行か?結構見掛けるようになってきた。
なかなか良い雰囲気である。(http://www.cafefarina-kyoto.com/)

祇園祭で人がいっぱい。で山鉾が動いていた。
京都に来て22年、山鉾巡行を見たのは初めてかもしれない。ボランティアで曳き手をしたことは一度あるのだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/16

1億円の遺産があるのに、競売で自宅を手放すAさん

親の知り合いの話。
(ホント、うちの親もいろんな知り合いが多いです)

住宅ローンを抱えた、普通のサラリーマンだった方。だったというのは50歳代で退職されました。
で退職金が思うように出ず、ローンが払えず、返済猶予も相談して1年ほど頑張りましたがでももうダメ。
債務が保証協会に移って競売するという話になってきました。

で、この方以前から遺産相続でもめておられるそうです。

親が社長さんでした。これが今もめてます。
10億円くらい遺して亡くなった親の財産で兄弟姉妹みんなが、
「私は面倒見てきた」「俺は跡をついで会社を切り盛りしてきた」「でも会社はもう赤字でしょ」
いろんなことを言って、取り分を主張している。
街の真ん中に会社と倉庫と駐車場があれば、たとえ赤字の会社でもこれくらいの資産があることは珍しくありません。みんな売って現金にしようって進めたいらしい。

裁判所に通ってもう1年。たぶんあと数年かかる。
まあどうなったところで1億円くらいはありそう、なんて言う話なのだが、数年もローンは待ってくれない。

===

想像ですけど、結局の所みなさん親の財産当てにされてたんでしょう。

「二千万で相続放棄にハンコを押すよ」

相続人が何人もいてみんな弁護士たてるくらいなら、これもなかなかできないです。
財産を当てにするのなら、確実に自分の所に来るように対策しておかないとね。

遺言書があれば話はかわったんだろうな。でも、遺言書無効の裁判を誰か起こすんだろうな、なんてまあいろいろ考えちゃったわけです。

だいたい、10億円の財産を残せば、相続人5人でも、トータル4億円くらいの相続税がかかります。長男が会社ごと全部もらったとしたら4億円の納税です。土地だけあって現金がなければ、事業が存続できません。これ何の対策もしていなかったのなら社長さんがバカだったか、会計士さんがバカだったかってことになります。

 「今年の決算では、法人税1000万円になります」
 「お前、会社にそんな金ないこと、知ってるだろ
   だいたいなんで儲かってないのにそんなに税金かかるんだ」
 「だって、在庫品は資産だし、固定資産も多いですから」

こんな会計士さんも決して少なくないです(まコンサルタントさんではなく税金計算するのが本業なんで仕方ないといえば仕方ないんですけどね)


相続による会社の継承。事業継承といいます。これ、対策考えていないと事業を続けるにしても、廃業するにしても大変なことになります。
持てるものの悩み?かも知れませんが、持っててもキャッシュフローが無茶苦茶ならもってることになりません。

自宅を手放すなんてね、なんだか・・・
それと、こういう会社に勤めている従業員の方、ちょっと可哀想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/15

税金のかからない、財形年金貯蓄

生命保険金の年金受取に関する、二重課税の最高裁判決(相続税と所得税)、のニュースがあったせいで年金に対する税金への関心が高まっているようです。

意外と知られていない、非課税の財形年金貯蓄。家を買う時に住宅財形を利用された方は分かりやすいかも知れません、これの年金版です。
何の税金がかからないかと云いますと、貯金の利息に対して税金がかかりません。貯金の取り崩しですから受取時に所得税もかかりません。

良いことの多い財形なのですが、これを利用するにはいくつか制限事項・注意事項があります。
まず第一に、お勤めの会社でこの制度があること。会社のこの制度がなければ利用できません。
受け取る時にも制限があります。目的は老後のための貯金ですから、60歳になって以降で5年間以上にわたって受け取るという条件です。
額にも制限があります。住宅財形と合わせて貯蓄550万円まで。(保険商品の場合は385万円まで)
目的外払い出しは5年前に遡り課税されます。
また残高550万円を超えると、すべてに課税されること、これは重要です。

====

正直、預金利息の低い今は、大した利息ではないので、昔ほどはおいしいものじゃない、というFPは多いと思います。

でも給料天引きで確実に貯金できる、むしろ、この効用を重視したい貯蓄商品。
給料日前に口座にお金が残っているとついつい引き出してしまう人には是非ともお奨めしたいもの。

例えば、
  住宅を買ったので住宅財形は使っていません。
  課長に昇進したので給料が上がりました。
  老後のために少しは貯金しておきたい。

これを給料を受け取る前に先取り貯金でしっかり貯める!こういう時に向いた貯蓄です。
目的外払い出しは、5年に遡って課税。これ逆に言えば、6年以上経ってても5年分しか課税されないってことで、「老後の貯蓄だけど子供の教育費で払い出したい」、なんて時にも使えたりします。
私は確実に貯金したい方には、全然あなどれない非常によい貯蓄商品だと思っています。

詳しいことは、それぞれお勤めの会社の総務にでもお聞き下さいね。取扱銀行・保険会社(会社と契約している銀行・保険会社)とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/14

企業の資金調達に変化。つまり…

銀行にお金を預けるなってことです。

昨年度、国内企業が公募増資したエクイティファイナンスはバブル期並みの9兆円、前年比6.4兆倍。

【ロイター】
●09年度国内企業のエクイティファイナンスは7.6兆円、20年ぶりの高水準
http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK037795520100401

====
資金調達と言えば、3つあります。
 銀行融資、社債発行、新株発行の増資

これの組合せである転換社債(新株予約権付き社債)とか、新規公開なんてのもありますけどそれは除くとして・・・
借金だとキャッシュが手に入る代わりに負債の額が増えますね。バランスシート上ではプラスマイナス0。
新株発行だと、キャッシュが手には入って、代わりに株式が薄まるので株価は一般的に(短期としては)下がります。1000億円の資産があって、時価で100億円分の株式がある時に、同じだけの新株を発行すると一株当たりの資産は半分になる。PBRが半分ってやつです。
しかし、これを行うところが増えてきた。

昨年度エクイティFが増えたのは、銀行が軒並みこれを大規模で行ったから。なぜ大規模で行う必要があったのかというと資本増強の必要があったからですね、BIS規制とか。

2009年度 上位十社
野村HLD、ゴールドマンS、大和証券C、みずほFG,モルガンS、JPモルガン、バークレイズC、BOAメリル、三菱UFJFG、シティ
2010年度上半期
野村HLD、三井住友FG、みずほFG、ゴールドマンS、大和証券、シティ

上位をみると見事に、銀行・証券会社ばかりですが、製造メーカーでも東芝・日立が数十年ぶりに公募増資しています。直近の大型公募増資では国際石油開発帝石が5000億円規模で行うとニュースが流れ、一時株価急落していました。

企業の資金調達、お金の流れが変わってきているということだと思います。

=====

私の本業は個人家計ですが、やはりこちらでもお金の流れは変わってきています。
会社はいって定年まで勤めて、豊かな老後を送る、これが普通にしていてもできないようになってしまいました。
リストラされてバイトを掛け持ちしている人、残業規制で副業している人、株やFXをしている人、子どもや孫に費用がかかる人、病気になって医療費負担が大きい人、今年の新卒者はすでに会社にはいること自体が難しくなってきています。

明らかに10年前とはお金の流れが違ってきています。

お金の流れ、言い換えるとキャッシュフローですね。キャッシュフロー分析とストック分析は個人家計でも企業でも、大事な分析だと思います。

あえて書きます。定収入があるから豊かでバイトだから豊かでないとは限りません。
支出ばかり多くてキャッシュフローでマイナス連続ならいくら収入があってもダメです。意識してプラスに出来るような人が豊かになれる。

どんなお金の流れを作るのか、これが本当の意味での自己責任でこれを考える人は豊かな生活が送れる。こんな時代になってきたんだと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/13

「分散して投資」というFPは嘘つき

私もFPです。そして「分散させましょう」と言ってます。ははは(^_^)
だから私も嘘つきです。

これで、あれも買ってこれも買ってってやってみて、損をしている人がどれくらいいることか・・・・
リスクを避けるには分散です、あれもこれも、あっこれなんか最初から中で分散投資になってます、こんなこと言うFPは嘘つきか、投資の経験が浅いか、売れたら販売手数料が入るなぁと考えているか、のどれかです。

分散って、あれもこれもじゃないんですよね〜。
一番有効なのは、「時間分散」。それも年オーダーの分散です。
中長期で投資を考える人は、いくつかポイント絞って、それの安値を狙っていく、これが大事。
時間を見方につけるって事なんです。

====

バブルが弾けてもう20年以上、ということは私が初めて日経平均連動型ファンドを買ってもう25年くらいたったということですけど、これをもし
「損したから忘れておく」、
なんてコトしているといつまで経っても元が取れてません。
もしいろいろ分散していたとしても、損していることには変わりません。
分散しているから安定した収益が上がる、これ嘘です。分散しているとブレが減るだけです。


 分散は、時間だけ! 
  買い時と売り時がよほど大事

これ、証券アナリストの方から教わりました。
(投資対象が若干異なるので多少観点が違いましたけど。空売りとか言ってるし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/12

選挙、いかがでしたか?


参議院選挙、終わりました。
皆さんの意中の人は如何でしたでしょうか?

前回の選挙の時、
「これからは民主の時代だなぁ。次の参議院選終われば連立組む必要もなくなるし」
なんて思っていた勢いはどこへ行ってしまったのか? みたいな結果でした。

事業仕分けもしたし、子ども手当も配ったし、国との裁判関係でもいくつか被害者と和解したし、どこが悪かったの?
・・・・普天間・脱税・政治資金の説明・強引な国会運営・なんといっても思いつきだけで発言してそれをシャアシャアと臆面もなく言い続ける幹部の言葉、かな。

だんだんと有権者も
 「もう騙されないぞー」
という所に票を入れるようになってきたように感じます。
昔の、どこ入れても一緒、からは前進しています、よね。(そう信じたいです)

政治は国の鏡、国民の鏡。政治のレベルが低いのは有権者のレベルが低いから。
これが少しずつレベルが上がっていっている。
そんな風にちょっとくらい思いたいです。

普通の幸せを、普通に実現することがどれくらい難しいか。
最近そんなことをよく感じます。


  『私の生活は、他者の労働の上に成り立っている。』
  
アインシュタイン150の言葉(出版社ディスカヴァー21)に書いてあった台詞ですけれども、いろんな人がいろんな立場で、仕事するから自分の生活も改善するんだということを日々感じたいですね。
政治家さんは政治家として、
私FPは、FPとして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/11

純粋に”当たる”懸賞が減りましたね

波乱の名古屋場所はじまりました。
個人的には警察の捜査が終わるまで中止しても良かったんじゃないかと思いますけど、地方は年1回しか相撲がやってきませんから、関係者いろいろ困っちゃうっていうところがあるんでしょうね。

永谷園さんが相撲の懸賞を取りやめたんだよな〜なんて思って、そういや
「最近、純粋に当たる懸賞って減ったなぁ」

昔20年くらい前には、新商品発売とか○周年記念とかの宣伝でいろんなメーカーから純粋に「1等1000万円プレゼント」とか「10名様100万円プレゼント」とかいう宣伝があったものです。で葉書書いたり、シールあつめたりして応募しませんでしたか?

死んだ親父がこういうの大好きで、ちょっと豪華な時計とか、何とか焼きの花瓶とか、沖縄旅行とか、近場1泊旅行とか、結構当ててました。(←相当葉書書いていたんだと思いますが)

最近ありませんね、これも景気が悪いせいでしょうか?

今あるのはというと、
 ・総額で1000万円、みたいなものか、
 ・家を買ってくれた人には、、、みたいなものか、
 ・その代わり2年間契約してください、みたいなものか
 ・犯人見つけてくれた人
くらいしか思いつきません。

今当たると言えば、やはり宝くじ?LOTO? 先週新しく発売された1等1000万円の「1000万サマー」、試しに買ってみました(^^;)

懸賞サイトというものもあるみたいですが、どうもなじめません。

企業側からすると、広告宣伝予算にたいする費用対効果、ってな話になるのでしょうが、もうちょっとくらい、「当たったらどうしよう?」なんていう夢見させてくれないかなぁと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/09

相続税4000万円を1000万円にする方法

相続税の話です。
とあるご夫婦というかご両親。年金がなくて貯金もないご両親です。
でもご両親が100坪3階建てのマンションを持っていて、その一番上に住んでいて、
数軒の家賃収入でお暮らしの方、こんな資産を持って、旦那さんが亡くなった、みたいな場合です。

土地の高いところ、例えば、比較のために同じようなところを比べてみますと
 東京だと杉並区荻窪当たり、
 大阪だと天王寺区あたり、
 京都の場合は大通りに面した部分で堀川通りとか今出川通り沿い。
こんなところは税金上は、1平米30万円の評価、つまり一坪100万円ですね。

100坪あると1億円なんです、土地だけで。

だから相続人が一人か二人だと、相続税は1000万円〜4000万円。

====

一応ここでは、父・母・息子の三人を考えます。
父親がマンションの名義人で死亡して、母親(配偶者)と、離れて暮らしている会社員のひとり息子が相続するという場合。

母親「私ももう年だし、いずれあなた(息子)のものになるんだから
   あなたの名義にしておいたら?」

うかつにこれすると、
 息子さんが払う相続税4000万円!

  でも、共有名義でほんの一部でも母親名義が入っていると
  相続税1000万円 に減額!

『マンションの名義は一部分でも母親(配偶者)名義にしろ』
たぶんこう覚えているFPや税理士も多いと思います。
数ある相続税対策のうち、事後対策できて最も効果のあった対策です。
これが使えなくなりました。

平成22年4月から母親(配偶者)の持ち分に相当する部分についてしか評価減されないことになってます。

(配偶者が全部相続しても、2次相続で相続税一杯払うことになりますからね…)

自宅用240平米まで、土地評価を8割引にする減額措置。これは、配偶者または同居していた相続人、なんていう規定があって、この配偶者の持ち分が一部でも入っていれば240平米まですべて減額される、ということになっていたのです。
ですが、これが厳しくなりました。持ち分に応じます。
10分の一しか持ち分がなければその部分までしか使えません。
(※説明を簡単にするために、特定事業用・不動産貸付用、400平米、5割引等については説明を省略しております)

だから、方法は2つ、配偶者が全部相続して「評価減」を使う、子供が同居しておいて、子供に「評価減を使う」。
詳しく知りたい方は「相続税の財産評価、小規模宅地の特例」、なんかで検索して貰えれば良いと思いますが、まだまだ、古いまま記載されているところも多いようです。

====

ま、簡単に言うと、事後にできる相続税対策がだんだん減ってきている、ってな話であります。(→だから事前に対策してくださいね、もの凄く額が変わりますからね。)

実際の所、子どもが複数いれば、どう分けるかでもめることが多いように思います。
そんな時に、裁判になって長引くと上のような特例は使えなくなります。(相続後3年以内なんていう決まりがあるから。しかも国税庁はとりあえず法定相続したとして税金払えなんて言ってきます。自分のお金がなけりゃ裁判中は相続財産を売ったり抵当に入れたりも出来ないので困ってしまいます)

もめた人ほど損するような仕組みになっています。
逆にこれをうまく材料にすれば、もめる前に気持ちよく分割交渉して、お互いが得するような話にもっていけるんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/08

2世帯住宅なら台所は2つがいい

ホットケーキを作ってみました。
子どもをお持ちの主婦ならたぶんどうって事のないおやつ作り、です。

うす黄色の卵の色がついた生地の表面は少しグラデーションのかかったコゲ茶色。
その上に載っかる、四角いバターの黄色が熱で表面が少し溶け出していて、
そして、”ξ”の字を書くように垂らしたメープルシロップの透明感のある飴色。
見事なブラウン系色彩のハーモニーだ!

「おっかしいなー、4枚できるって書いてたのに、3枚しかできなかった。」
「まあ皿からはみ出してるけど、どうってことないか」

シロップをかけた瞬間に、気が付きました。
テーブルがねちゃねちゃに・・・・(;_;)
ホットケーキはお皿からはみ出したらダメです。

====

男性の料理作り、男性の作るキャラ弁。そして今やお菓子作り教室もあるそうです。
定年後、料理専門学校のパテシエコースに行く人もいるらしい。
男子厨房に入らず、なんてもう間もなく死語になるかもしれません。

で本題、2世帯住宅での台所です。主導権は義母か奥さんか。
これで、義母と奥さんの関係が決まったりするそうです。
しかも共働きで奥さんも仕事しているなら、義母が料理することも多くなるので、本当は台所くらい私の聖域にしたいのにそういう訳にもいかない、、、とすると奥さんの居場所が無くなっちゃう、なんていう風に感じる奥さんもいるらしい。
逆に私は働いているんだから、料理は義母さんお願いします。こんなことも起こります。

2世帯住宅なら、台所2つがいいですよ。
というか2世帯の境目はどこにあるのか、みんなの意見が一致していないと、同じ一つ屋根の下なんだから、なんて曖昧に思っていると大変なことになる可能性もあります。

この手の話では、
「同じ敷地に両親と、長男夫婦の家があって、孫を預かっている時くらい、
 鍵を置いておいて欲しい、と嘆く親」とか
「息子夫婦はなぜ鍵を渡してくれないのか?、渡さなきゃいけないのか」とか
「知らない間に、家を買っていたとか、引っ越ししてた」とか
「あっちの学校に入れたいので、私と子どもだけ出ていきます、とか」
ま、いろいろあったりするようです。


ちなみに2世帯住宅なら上手く建てると、2世帯分の土地評価軽減措置で、固定資産税を下げられることがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/07

フツーの年金は二重課税じゃないよ

どうも昨日の死亡保険金の年金受取で国が負けたというニュース、どうもフツーの公的年金が二重課税になっていて、税金が返ってくると思った方も結構多いみたいです。(>検索ワードを解析するとね)

【昨日の記事】
生命保険の年金受取で国が敗訴;二重課税で無効!。返還はどうなる? (2010/07/06)
====

厚生年金 年300万円、所得税10万円。
この税金が返ってくるのかっていう検索みたいです。
 >これ、誰も死んでませんがな。遺族じゃない!

「年金・二重課税」 なんていうキーワードで想像されていらっしゃるのでしょうか。
会社員時代に、厚生年金払って、これには所得税がかかっているから二重課税だ、なんて思われているのかも知れません。でも源泉徴収で社会保険料控除ってありますよね。厚生年金も国民年金もこの社会保険料控除にはいりますから、会社員時代には税金かかっていません。だから貰う時に、雑所得として公的年金等控除を引いた分に所得税がかかるという仕組みになってます。

遺族厚生年金や遺族国民年金はどうか? っていうと、これはもともと非課税で所得税かかってません。

退職金の年金受取
これ一番損しているかも知れません。これ一部二重課税になっていると思います。
大手企業なんかでは分割払いにすれば企業側が5%で運用してお渡しします、なんていってますね。(日航年金でも以上に高い金利で運用なんて報道されていましたが、こんな企業は一杯あります、大手に限りますけど)

私は退職前後の御相談では奨めないことの方が多いです。5%くらいなら税金考えると定期預金とトントンです。
再雇用の給料が高いと所得税率高くなってますから赤字になることすらあります。
退職金で税金とられて、年金受取でやはり所得税がかかる。でも残念なことに退職金って相当な基礎控除があってさらに半分の課税所得ですから、「退職金の税金はこんなに?」なんて思った方でも相当減額された上のこと。勤続40年 退職金3000万円なら課税される退職所得は400万円分にしか税金がかかっていません。

もし同じような裁判をするとしたら、「3000万貰って2800万円を年金受取にして、課税された400万円のうち、200万円分については二重課税になっている」、この主張はかなり説得力あると思います。裁判で勝てる見込は結構あると思いますね。あと基礎控除部分と半額で課税している部分をどう解釈するか、税法に詳しい方のご意見をお聞きしたいところです。

====

繰り返しになりますが、昨日のニュースは、生命保険の死亡保険金を、分割払い(年金受取)にした場合に、
 相続税と所得税がかかっている
この所得税部分のことであります。お間違えなく。

この裁判、低金利時代だから起こったとも言えますでしょうか?
昔の利率なら3000万円が4500万円くらいに増えます。
3000万円を4500万円に遺産を原資に殖やしたんだから税金掛けても良いでしょ、みたいな。

3000万円を12年分割なら
  昔 予定金利7% 年間378万×12回=4532万円。
  
今の金利の低い時代の分割払いに1割2割の税金がかかるとしたら、そりゃ裁判したくもなるというものですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/06

生命保険の年金受取で国が敗訴;二重課税で無効!。返還はどうなる?

本日最高裁で判決が出ました。
遺族として受け取った生命保険についての、年金受取に関する所得税の扱いは二重課税で無効であるという判決。
これ、凄いです。もの凄い数の返還対象者がでます。

国税庁は、数十年間前(ニュースによると約40年前)からこのやり方で税金の計算でやってきているらしいのですが、今後、払った税金の返還、どうなるのでしょう?

こういう裁判をする人って凄いなぁなんて思います。

====
どんな税金かというとこんな例。

旦那が死んで生命保険が出ました。これを年金として分割してもらいます。ってときに、
今までは 相続税が1回と
     毎年の年金所得として所得税が毎年
かかっていました。

どれくらいの税額か、例をあげると(現在の税法では)

夫婦二人で、専業主婦の奥さんが生命保険を3000万円(250万円×12年の年金受取)もらった。
相続財産は、自宅と預貯金で2000万円。
これなら基礎控除内なので、相続税0です。

で、毎年250万円の年金を12年間貰うとして、所得税は奥さんのその時の年収によりますが、奥さんがお勤めしていて多少なりとも給料があって働いているとすると、年金分に対する税金は約10万円。十年間では120万円になります。
 
 つまり 相続税 0、所得税 10万×12年

(もちろんバリバリ働いているともっと税率が上がっているのでもっと大きな額になります。)
 これを返還していく必要ができたということ。

過去の分については税金の一般解釈である、『5年間に遡る』というのが適用されるのか、サラ金のグレーゾーン金利のように言わなきゃ戻ってこないのか、少し気になります。
さらには、これ課税所得ですから国民健康保険料にも関係してくるのですよね・・

※相続税の基礎控除の変遷
  1994年〜 5000万+法定相続人×1000万
  1992年〜 4800万+法定相続人×950万
  1988年〜 4000万+法定相続人×800万
  〜1998年 2000万円+法定相続人×400万
  (※同時に相続税率の変更も行われています)
※定期金に関する相続財産評価は、文中では関係ないので省略しました。(3000万円の12年分割受取だと、50%評価になります。)
※相続税対象の生命保険は、夫=契約者・払込者、被保険者 受取人=相続人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退職金を運用できる人・できない人

低金利、なんて言われて久しいですけど、こうやってグラフを描くと、ヒジョーに厳しいなぁなんて、改めて思いました。

20年前の定期預金金利6%、今、0.5%。
例えば退職金1000万円。これを貯金しておくとどうなるか、というのがこのグラフ。

Unnyou

しかしまあ、何度このグラフを見てもため息がつきます。
平均寿命を考えれば、退職金分と同等額のキャッシュが無くなったようなものですね。
ただでさえ退職金は下がっているのにね。

何も考えなくとも普通に人生を歩めた昔とは時代が違う。子どもの教育でも学生の就職戦線でも、人生設計でも違う。

 「ため息つくと幸せ逃げちゃうなぁ」

と思いつつ、あいかわらずため息つきながらグラフを眺めている自分がいたりします。

私が株式とか為替とかリスク資産・投資のことを書く理由がここにあります。
今やリスクをとらずにお金を増やすことができません。運用できる人とできない人の差ができてくる時代になっちゃいました。リスクとリターンの関係。
でも2〜3%の運用はそんなに難しくないと思いますよ。
安く仕入れて高く売る、これ運用の基本です。
一度に仕入れて高値づかみ、これだけはやめましょう。

安全な運用を考えるのではなく、とれるリスクを考えること

これが大事です。

「比較的安全で5%の運用できる商品ないですか?」

これで一度に買っちゃって失敗する方が多いんです。
でも失敗を経験するから、きちんとした投資もできる。

====

あっそれと、
しっかりライフプランができていれば、あえてリスクを取る必要はないと思います。というかライフプランを作るとリスクを取れる範囲がわかってくるもの、だと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/05

面倒だった伯母さん;公正証書遺言・相続・永代供養

前回に引き続き、うちの親戚シリーズ。父の姉、私の伯母さんの話です。
先に書くと、「面倒だった」というのはちょっと悪く書きすぎです。でもいろいろありました。

この伯母さん、難病で長期入院されていました。旦那さんはとっくに他界。子どもはなし。

一応身の回りの世話は、永年の付き合いのご近所の方がされていました。

難病の入院患者なので病院もそういう病院です。基本長期療養のできる病院。僅かな年金でしたが、難病指定されていると言うことで、それでもおつりがあったようです。これが貯まって二千万か一千数百万というくらいの財産を遺して亡くなられました。

お世話になっている方に、お葬式・回忌費用も含めて譲りたいという気持ち。だから生前に公正証書遺言を書いておられました。

遺言書があれば、公正証書に限らず、裁判所に行って「検認」という手続きが必要です。
相続人の一人である父に頼まれ、大津の裁判所まで同行しました。

内容は先に書いたように、ご近所さんに譲るというものがメイン。

でもね、いざ、口座を解約とかしようとすると、相続人すべてのハンコが必要になるわけですね。(遺言書ありますけど、あった方が楽に手続きが済むということです)

子どもがいません。親も亡くなってます。とすると兄弟姉妹、その方々も半分以上無くなっていますので、その子ども達(被相続人の甥・姪)が相続人。

ハンコ集め、十数カ所のスタンプラリーです。戸籍抄本と印鑑証明。

まあ大変なわけです。
長年お世話になっていた方、この方の存在を知っている親戚は特に何も言わないのですけどね、甥・姪くらいになるとそんなことは知らないモノだから、なかなか大変なのですね。そんでもっていきなり赤の他人から「私が相続します」って言うと角が立つということで、うちの親がスタンプラリーをやりました。

数ヶ月かかって口座解約できて、やっとそのご近所さんと身近な親戚で話が終わりました。お葬式費用の立て替え分も清算できました。
(一周忌・三回忌・七回忌まではこのご近所さんをメインにやっていただきました。
 お世話になっているので悪く言う気は全然ありませんが、正直、やはり貰うモノが
 あったからやって貰えた、という部分はあると思いますね。)

=====

葬式直後の永代供養の話。

お葬式は亡くなった病院の近くのお坊さんに来て貰って身内で行いました。
でもお墓がありませんし、作っても子どもがいませんから訪れる人もいない。
遺言には、とあるそこそこ有名なお寺で永代供養とありました。

で、うちの父とそのご近所さんとでお寺に行きました。

  「永代供養してもらいたいんですけど」
  「一口に永代と言ってもいろいろ・・・」
  「一人暮らしで子どもがいなかったので、遺産で・・・」

その言葉で態度がらりと変わったそうです。ははは。
いきなり、奥の部屋の別室です。。。。永代供養も金次第。


【関連記事】
永代供養も金、シダイ (2008/10/10)

=====

若い頃に旦那さんと死に別れて、そのあと、簡単な仕事でお一人で暮らしていて、
晩年ずーっと難病でベッドの上。

ちょっと淋しい人生だったのかな、なんて今なら思いますけど、生きている時に何度かお見舞いに行った時には、優しい言葉をかけてくださいました。

丁度今くらいの季節にお見舞いに行った時のこと。
周囲は長期入院患者ばかりなので、皆さん顔見知り。結構、気さくに会話されてたりします。
 「あんた、お客さん来たよ。はよはよ、化粧して髪といて(笑)」

病院のフロアに七夕の笹がおいてありました。
願い事の短冊、いっぱいぶら下がっています。

  「早くここから、出られますように!」

こんなのがいくつも。泣きたくなりますよ。

私が言っている、幸せになる三原則、

  『体の健康・心の健康・お金の健康』、

これが維持できないと幸せになれない、と思うのはこんな所からきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/02

やっかいな私の叔父さん:相続放棄・生命保険・成年後見・自己破産・家賃滞納

大昔に亡くなった叔父さんの話。
一人暮らしで借金漬けだった叔父さんの話です。
私がFPを目指すきっかけの一つになった出来事。出来事と言っても単純な出来事ではく、数年間にあったいろいろなこと。
これを大胆にもたった2000字ほどで書いてしまいます。
=====

この叔父さん、随分長い間、音信不通でした。
ある日、私の母(叔父さんの姉)に聞いたこともない病院から警察経由で電話がありました。

「○○さんが脳梗塞で倒れて救急車で運ばれています。お見舞いに来てください」
・・・ようはねー、金払って引き取ってくれ、つー話です。

警察から住んでいたところも聞いてそのアパートに行きました。
でも行ってみると、外から鍵が掛かってます。
 家賃滞納!
「帰ってきたら大家まで来てください。」という張り紙。
払うまで鍵は開けません!仕方ないので滞納家賃払ったそうです。

====

本人、喋れないし歩けないし、という状態です。かろうじて首を微かに振ることで話が通じている感じがする、という程度。
退院しても一人で生活できません。
階段2階のアパートは早々に引き払いました。荷物は大したものは無し。
アパートを引き払ったところで行くところがありません。住民票はうちの実家に移して特養の順番待ちで転院を繰り返しました。

そうすると、、、、うちの実家に訪問者が。
黒塗りの車にサングラス、見るからに怪しい人です。
借金取りですね。「○○さんはこちらですか?」
もちろん、知らぬ存ぜぬです。

督促状もやってきました。
無視!・無視です。本人じゃないんだから。
そのまま病院に届けて終わり「こんなのが来てたよ。」

ようやく順番が回ってきた特養、これに入って貰いましたがそうすると借金取りが特養に行きます。とっても嫌なので自己破産してもらいました。
といっても簡単に自己破産できません。かなり年の離れている妹(私の叔母さん)にまず成年後見人になってもらって、それから自己破産。
このとき知りました。破産するのも数十万の金がかかるって。


数年経って叔父さんが特養で亡くなりました。でも借金は残っています。相続人にやってきます。だからこれの相続放棄
(実は爺さんが亡くなった時もこの叔父さんが知らぬ間に爺さん名義で作っていたカードローンがあって、相続放棄をしていたりします。)

そんでもってその後は、共済の受取人でもめて(小さい頃に別れた実子が取るか、叔母さんの出した葬式代に充てられるかでもめました)、、、、、

====

金には無頓着、若い頃からずっと。

「山田さんから高級お菓子もらったし」
「山田さんって10万貸している人?」
「うん」
「そんなお菓子貰ってる場合じゃないし。先に10万返せって言わないの?」
「まあ貸したり借りたりの仲だから」

2度目の奥さんが亡くなった時にはそれなりに生命保険が入って、羽振りがよくて(つっても普通の生活程度ですが)、でも2年くらいで音信不通になったそうです。
もちろん奥さん名義だったものはすべて無くなりました。


ところで、いまだに成年後見人の方(叔母さん)には、督促状が来ているそうです。
法的になーんにも効力がないのですが、とりあえず、来ると嫌な気分になるそうです。

はっきり言います。こういう親戚がいたら絶対お金を渡しちゃいけません。どんだけ困ろうが、です。ザルです。だだ漏れのザル。

同じ借金漬けでも、やむにやまれず借金してるって方も大勢います。保証人とか家が焼けたとか、やむにやまれず借金している人、こういう人とだだ漏れザルの借金漬けの人を一緒にしてはいけません。

ザルに捨てるくらいなら別のことに捨てて頂いた方が、お金が少しでも生きてくる、なんて思います。

====

今思うと、相続放棄に生命保険、成年後見に借金に自己破産、不動産の家賃滞納、医療・介護、まあ盛りだくさんな方でしたねー、って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/01

米国債利回り推移とイールドカーブ

IMFの外貨準備高報告によると、世界の中央銀行が持つ外貨のうち、中国と日本で世界の43%を持っているらしいです。
でそのうち、米国債の額はというと
 中国 9000億ドルの米国債を保有
 日本 7800億ドルの米国債を保有
 

米国債10年ものの利回りの15年間のグラフです。
それと先月末でのイールドカーブをグラフにしました。

Usbond


15年前は米国も8%なんていう高金利でしたが、今は3%。日本よりは良いというものの、為替リスクを考えると以前ほど魅力がありません。「今は円高これから円安になる!」と断言できる人しか買えませんね。私はちょっと買えません。

個人資産で30年ものなんてなかなか買えない国債ですし、10年より短期のもの、というともっと見劣りしますね。

とは言うものの、すべての資産を日本円で持っていて良いかというと、それはそれで恐いものがあります。ハイパーインフレになったら価値が下落です。

ちなみに将来消費税が上がるとすると、消費者物価がその分上がります。
過去消費税3%を導入した時と5%に上がった時、みごとにそのまま上乗せされました。
次回増税された時はその分の物価が上昇して、預金利息との反転現象が起きると思います。いよいよ貯金が目減りする時代に突入する、かもです。

増税される前に是非とも経済成長して強い日本になってくれればいいなぁ。
最後のは願望です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »