« 税金のかからない、財形年金貯蓄 | トップページ | 祇園祭と京都市美術館 »

2010/07/16

1億円の遺産があるのに、競売で自宅を手放すAさん

親の知り合いの話。
(ホント、うちの親もいろんな知り合いが多いです)

住宅ローンを抱えた、普通のサラリーマンだった方。だったというのは50歳代で退職されました。
で退職金が思うように出ず、ローンが払えず、返済猶予も相談して1年ほど頑張りましたがでももうダメ。
債務が保証協会に移って競売するという話になってきました。

で、この方以前から遺産相続でもめておられるそうです。

親が社長さんでした。これが今もめてます。
10億円くらい遺して亡くなった親の財産で兄弟姉妹みんなが、
「私は面倒見てきた」「俺は跡をついで会社を切り盛りしてきた」「でも会社はもう赤字でしょ」
いろんなことを言って、取り分を主張している。
街の真ん中に会社と倉庫と駐車場があれば、たとえ赤字の会社でもこれくらいの資産があることは珍しくありません。みんな売って現金にしようって進めたいらしい。

裁判所に通ってもう1年。たぶんあと数年かかる。
まあどうなったところで1億円くらいはありそう、なんて言う話なのだが、数年もローンは待ってくれない。

===

想像ですけど、結局の所みなさん親の財産当てにされてたんでしょう。

「二千万で相続放棄にハンコを押すよ」

相続人が何人もいてみんな弁護士たてるくらいなら、これもなかなかできないです。
財産を当てにするのなら、確実に自分の所に来るように対策しておかないとね。

遺言書があれば話はかわったんだろうな。でも、遺言書無効の裁判を誰か起こすんだろうな、なんてまあいろいろ考えちゃったわけです。

だいたい、10億円の財産を残せば、相続人5人でも、トータル4億円くらいの相続税がかかります。長男が会社ごと全部もらったとしたら4億円の納税です。土地だけあって現金がなければ、事業が存続できません。これ何の対策もしていなかったのなら社長さんがバカだったか、会計士さんがバカだったかってことになります。

 「今年の決算では、法人税1000万円になります」
 「お前、会社にそんな金ないこと、知ってるだろ
   だいたいなんで儲かってないのにそんなに税金かかるんだ」
 「だって、在庫品は資産だし、固定資産も多いですから」

こんな会計士さんも決して少なくないです(まコンサルタントさんではなく税金計算するのが本業なんで仕方ないといえば仕方ないんですけどね)


相続による会社の継承。事業継承といいます。これ、対策考えていないと事業を続けるにしても、廃業するにしても大変なことになります。
持てるものの悩み?かも知れませんが、持っててもキャッシュフローが無茶苦茶ならもってることになりません。

自宅を手放すなんてね、なんだか・・・
それと、こういう会社に勤めている従業員の方、ちょっと可哀想です。

|

« 税金のかからない、財形年金貯蓄 | トップページ | 祇園祭と京都市美術館 »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/48765372

この記事へのトラックバック一覧です: 1億円の遺産があるのに、競売で自宅を手放すAさん:

« 税金のかからない、財形年金貯蓄 | トップページ | 祇園祭と京都市美術館 »