« 住宅ローン返済額、返済期限を延ばせばどうなるか | トップページ | 生命保険トラブルは永遠なのか、な »

2010/06/14

日本振興銀行の家宅捜査で思うこと。公務員の給料2割削減。

「利率の高い定期預金はどこですか?」
「日本振興銀行という銀行だと、1年定期で…」

定期預金金利 3年定期で1%、10年定期だと3%の利息です。
ちなみに、大手都市銀だと、0.1%とか0.4%ですので、破格の利息です。

日本振興銀行は、竹中大臣の時に近くにいた木村さんが2004年に作った銀行、元金融庁顧問。
中小企業向け融資をメインとする銀行というふれこみ、でした。

今回の家宅捜査は、銀行法違反。大事なメールを削除した、という疑い。

(以下は、ネットから裏付けのない情報も入ってますが、)

すでに破綻したSFCGという商工ローンの債権を買った、というメール。でもって、この債権は再び買い戻す、という事実上融資の形の契約であったということ。さらには、融資であれば、利息制限法の適用がありますが、これを無視。

まるで、「お宝レアアイテムのフィギュアを当店にてクレジットカードで買って頂ければ、買い取りコーナーにて、価格の85%で即座に買い取り致します。」なんていうクレジット枠キャッシングみたいなことやっていたんだなぁ、なんて思った次第。


商工ローンというグレー金利で儲けていた会社に、それ以上の金利で貸して、ってねぇ。しかも商工ローンの利用者の中には、小泉・竹中構造改革で泣きを見た人も一杯いるだろうに、なんて感慨深いのです。

ちなみにSFCGは、今頻繁にコマーシャルしている「利息払いすぎてませんか?」というグレーゾーン金利の精算をするのが辛くて、計画的に倒産したという噂。(会社更生法を適用してグレー金利の精算を減免することを狙ったようだけど裁判所は許可しなかった)

====

私、構造改革自体は今でも間違っていなかったと思っています。
どうやっても赤字を垂れ流す企業に延命で融資をするのは間違っている。
でも、倒産した会社とその経営者・従業員・家族に対してどんなセーフティネットをかけるのか、これ全くの無策だったと思っています。

「倒産して失敗を認めちゃってください、でも、復帰するチャンスは必ずあります」

こういう政策にしないと、「倒産してください」、だけだったら路頭に迷うだけで、自殺者一杯一杯。

会社倒産とか病気休職とか、新卒内定率減とか、教育費にお金を掛けられない世帯は貧困が世代で引き継がれるとか、派遣で10年も経つと再就職が激減するとか、、、、一旦レールをはずれると復帰しづらい社会になった上に、どれだけ凶暴な事件があっても、それは個人のせいにしてしまって、社会としてはなんの対策も打てていないことに歯がゆさを感じちゃいます。

と言うわけで公務員の給料2割削減、これ賛成です。最低、5年間くらい。
中にはローン払えなくて破綻する人が出るでしょう、公務員であっても。
身近にこういう人がいないとセーフティネットを考えなきゃ、政策つくらなきゃ、という方向に向かないとと思います。明日は我が身にならないと、福祉政策は充実しません。。

政治家が悪いだけじゃなく、地方自治でもやろうと思えばやれること一杯あるはずで、そんでもって民間でもやれることは一杯あるはず。

そんなことはNPOとかボランティアに任せています、なんて思っているから身近な問題にならないんだと思います。

意味分かるかなぁ、セーフティネットは行政が中心に作って広げなきゃいけません。会社は地域に根ざしてこそ価値が生まれる。NPOやボラは、このネットを細かくする役割。

分かりやすく端的に言うと、NPOもボラも行政の下請けになっちゃいけないって事。
行政がしなきゃいけないことは行政がしなきゃいけないのです。
その上で企業という法人なり、個人という人なりが、それぞれの立場で動かなきゃネットは穴だらけのボロボロネットになっちゃいます。

公務員の給料2割削減を5年間続けると、きっとセーフティネット充実しますよ。
明日は我が身になりますから。でそれは当の公務員にとっても長い目で見ればきっと言い方向に社会が向かうはず。


とまあ、日本振興銀行家宅捜査で、こんなことを考える私はかなり変かも知れませんね。
かなり感慨深いのです。

|

« 住宅ローン返済額、返済期限を延ばせばどうなるか | トップページ | 生命保険トラブルは永遠なのか、な »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/48620937

この記事へのトラックバック一覧です: 日本振興銀行の家宅捜査で思うこと。公務員の給料2割削減。:

» 日本振興銀行のおかしいなと思った現実 [平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ]
親愛なるアッティクスへ 先日も申し上げましたように、上海空港に着いて携帯のスイッチを入れたら、突然、「鳩山首相と小沢幹事長辞任」のニュースが飛び込んできて、次いで、帰国の飛行機の中にあった新聞で菅 直人氏が次の総理大臣になることに決まった・・・ということを知ったわけですが、その他にも今月に入ってから以降、結構、多くの重大ニュースが世を賑わせてましたよね。 それが、帰国して先週までずっと、上海万博シリーズを続けていた関係で、これらについては何ら触れないままに過ぎてしまいました。 で、本日より... [続きを読む]

受信: 2010/06/14 18:09

« 住宅ローン返済額、返済期限を延ばせばどうなるか | トップページ | 生命保険トラブルは永遠なのか、な »