« サラリーマン・公務員の負担アップ? 改正健保法可決 | トップページ | 温室効果ガスを削減すると、その分、給料が下がる法則 »

2010/05/17

異常気象で食べ物が高騰

犬の散歩をしていると、ヒバリの鳴き声が聞こえてきた。よく見ると、上空30mくらいのところでホバリング。
今年は1か月遅いなぁ。春があったようななかったような変な気候だったしなぁ、なんて思っていたのだけど、ふと気が付いた。

「田んぼもう、田おこししてるぞっ!
 もうすぐ水が入る。巣作りできないじゃん」

今年はツバメを見たと思ったらいなくなった。そういえば、全然見ていない。4月あたまに2羽ほどを見ただけ。。。。今年は子育て出来なかったんだろうか。

うなぎ高騰するそうです。
稚魚の価格暴騰です。漁獲量半分以下。
一方世界のうなぎ需要は増えているので、ますます値が上がる、らしいです。

柑橘類や梅などの果樹で、新芽・花芽に霜がついて全滅。この春の時点で秋に収穫できない、なんていう地方ニュースも見ました。
八十八夜ごろの寒波で、日本茶の被害も相当あると聞きました。


4月にNHK放送文化対象を受賞された方(辰巳さん)がニュースで言ってました。
「きちんとした食材をきちんと料理してきちんと食べることが大事」

・・・・きちんとした食材を手に入れるのも難しいかも。

先の、田おこし。
以前より一ヶ月遅れています。温暖化?だからだそうで、稲の生育には実りの秋の寒さが必要らしいのですが、以前のように5月あたまに田植えすると、まだ暑い時期に刈り取らなければならないらしくて、美味しいお米が取れない。だから1ヶ月ずらしているとのこと。

異常な気候って、もの凄く大変なことのような気がするのだけど、だからといって自分ではとくに何もしていないのが、気になっていたりします。

|

« サラリーマン・公務員の負担アップ? 改正健保法可決 | トップページ | 温室効果ガスを削減すると、その分、給料が下がる法則 »

その他の戯れ言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/48351754

この記事へのトラックバック一覧です: 異常気象で食べ物が高騰:

« サラリーマン・公務員の負担アップ? 改正健保法可決 | トップページ | 温室効果ガスを削減すると、その分、給料が下がる法則 »