« 親名義の土地に家を建てるな! | トップページ | サラリーマン・公務員の負担アップ? 改正健保法可決 »

2010/05/13

相続の土地; どうするか。例えば物納の一方法

 相続の話です。
 残された財産がお金だけなら、もめたとしてもそれは金額だけの話(←これもやっかいではあるのですけど)。でも多くの場合、土地と現金を残されて亡くなります。これが問題となることが結構あります。

 まったくもって個人的な見解ですけど、相続とか遺言とかの最大のポイントは土地をどうするか、『自分が亡くなれば自分名義の土地は将来どのような使われ方をするのだろうか』がポイントだと思っています。

 例えば、長男(夫婦)と親の二世帯住宅。相続人には、ほかに弟が一人。
 
 土地が親の名義なら、親が亡くなれば、その土地は否応なしに長男が利用します、なんて言ったって、2世帯住宅で住んでいるのですから。
 でも遺言書がなければ、長男のその住む権利はとても希薄な物になるわけです。例えば・・・
 
 2000万円の土地と1000万円の現金を残して亡くなれば、子ども2人が相続人なら、法定相続1/2ずつで1500万円ずつ。長男が土地を取ったら弟に500万円の貸しが出来ます。
 だから弟へのハンコ代は500万円です!!
 
 いや弟さんはいい人だからそんな高額なハンコ代は要求しないでしょう。
 でも、弟さんもすでに亡くなっていて、その子どもと親権者たる弟の奥さんがしゃしゃり出てくる、こんな時にもめるのです。
 
====

 多少の土地をいくつか持っておられる方の場合、

 例えば残された財産に、貸家とか駐車場とかいくつか土地がある場合。

    自宅、貸家、駐車場、田畑。これに現金3000万円
    
 残った土地をどう利用するのかせざるを得ないのか、こんなところから相続対策&遺言書の観点を考えるのが一番で、例えば、貸家の物件はもう借り手がいそうにないから売っちゃおう、なんてことを考えるならばそれは現金に変化することになります。でもって相続税を考えるわけですね。
 
 相続税対策の裏技(やっかいな土地を物納)

 こんな裏技があります。
 弟には土地だけ相続して貰って(例えば、貸家と駐車場)現金を相続させないでおきます。弟さんは普通のサラリーマンでまだローンを払っておられる2児のパパ。
こんな人が土地を貰っても相続税が払えません。払えないなら物納できる。貸家の物納です。
物納要件を満たすわけですね。(現金や国債などの有価証券で相続税が払えない時に限り物納できる)
物納条件による相続対策ってわけ。弟さんが相続税で苦労するっていう出費を気にする必要がありません。
しかも、駐車場の収益は毎年手に入る。
 
 最近地価が下がっているでしょ、現にこの貸家は借り手がすでにいないようなやっかい物件。これを安く叩かれて市場で売るよりも、物納しちゃうほうがいいななんてことが結構あったりするのです。
 ちなみに物納しようとすると事前に測量とかしておかないといけません、準備がいります。(境界不明の土地とか抵当権のついている土地とか、受け取って貰えませんから)
  
  Souzoku

 話題がずれましたけど、
 残った土地をどうするのか、利用しなきゃいけない人は何が何でも利用できるようにつまり自分の名義になるようにしておきたいものです。この観点の次に相続税を含めて、お金をどう分けるのかってのが大事、だと思っています。
 もし貸家があるのなら、一人で相続せずに兄弟で共有してお互いに家賃を貰う、ってな方法も一つの利用の仕方であったりします。

 意外と土地の利用を考えないで、現金にだけ注目する方が多いなぁなんて思っています。農地をどうするか山林をどうするか、なんて言うのはその最たるモノです。いまどき山林なんて維持するのにかなりの費用掛かりますからね。

|

« 親名義の土地に家を建てるな! | トップページ | サラリーマン・公務員の負担アップ? 改正健保法可決 »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/48148941

この記事へのトラックバック一覧です: 相続の土地; どうするか。例えば物納の一方法:

« 親名義の土地に家を建てるな! | トップページ | サラリーマン・公務員の負担アップ? 改正健保法可決 »