« 次々とグーグル検索で上位表示!月間15000アクセス目前 | トップページ | 0円携帯苦情相次ぐ、私携帯変えました »

2010/04/09

庵治石のお墓400万円

「お彼岸に会わせて、お墓建てたんです。やっぱり庵治石かなぁって
 思ったんで400万円掛かりました。一周忌供養も一緒にしてやっと納骨
 できました。これで父も地面に還ると思います。」
 
「そうですか、もう一年ですね。うちも爺さんが生きている頃、先祖
 供養っするんだって言って、宝篋院塔を庵治石で作ってました。
 当時200万円、今じゃ500万円くらいするよ、なんて言われましたよ。
 なんでも、国産が減って外国産の庵治石みたいなのが増えてるそうですね。」

   庵治石(あじいし)
   宝篋院塔(ほうきょういんとう)

 
五輪塔は数十年の先祖、宝篋院塔はそれ以上の先祖の供養塔です。
どう違うかと言いますと、

お墓ありますよね。亡くなるとお墓作ります。
昔は家の墓よりも夫婦墓よりも”一人墓”が圧倒的でした。代々続くとお墓が増えてきちゃいます。ある程度一杯になってきたら「五輪塔」にまとめて、昔の先祖はそっちに移って貰ちゃう。でもってさらにまとめる必要が出来てきたら「宝篋院塔」に。

宝篋院塔なんてフツー知らねーよ、なんて思っていたらとんでもありません。
昔旅行好きだった頃とある島根のお寺兼ユースホステルに泊まった時のことです。ドイツ人と同室になりました。
その彼が言いました。あっ、ドイツ人って言いましても日本語ぺらぺらの方です。

 「私、お寺好きなんです。宝篋院塔なんてお寺くらいにしかありませんから」

宝篋院塔って何?、いや爺さんが建てたから名前はかろうじて知ってるけど。。。。こんな方からこんな日本語が飛び出してくるとは。


最近はお墓を作らず、手元供養と言ってメモリアルを手元に置いたり身につけたりする方が増えているそうです。
お骨でペンダントとか、お守りとか、砂時計を製作するなんてニュースも見たことがあります。

先祖とかより、身近な供養者、つまり、夫婦・子どもの観点からお考えになる方が多い。
 「お墓の面倒まで見てもらわなくていいから」こう考える人も多いようですし、
子どもの数が減った上に、その地元を離れて過ごす人が増えている中で、お墓で苦労した、お墓を近くに持ってきた(改葬)、なんて言う話もよくお聞きします。


=====

 「うちの先祖、昔っから京都に住んでるらしいし。」
 「どれくらい昔から?」
 「うーんと。少なくとも800年くらい」
 「そりゃ長いねー」
 「うん、そうみたい」
 「応仁の乱の前じゃん、燃えなかったの?」
 「前に下鴨神社から発見された古い絵図に出てるって言ってた。
  今でも本家筋の親戚は蹴鞠の儀式とか手伝うとか言ってたし、
  親父も子どもの頃、糺の森(ただすのもり)でカブトムシ採った
  って言ってたし。
  お袋の方も偉く長いって言ってたけど、、、でも結局、いとこくらい
  までしか親戚付き合い無いんだよね。それにうちは分家だから関係ないし」
 
 
ま、歴史があるってのは、良い面もある反面、いろんなしがらみもあったりするわけで、面倒なことも多いような気がします。
家でも会社でも組織でもね。

ちなみに、おいら、親父の死んだ時の墓を建てさせられました(←有り難いことと思わなくっちゃいけないらしい)

 「長男が建てるものなのよっ!」  厳しいお言葉です。
 
庵治石ほど高価な物は分不相応と(^_^;)、、、それでも100万円なり。
ま、墓地はあったのでそれは助かったのですけどね。
で後日談。いつまでたっても墓石屋さんがお金を取りに来ません。

 「お金取りに来てくださいよ」
 「お墓建てといて、夜逃げはしないでしょ。そのうち行きますよ。」

ってさ。
 「こんな大金いつまでも家に置いておきたくないし、早く来てください」

|

« 次々とグーグル検索で上位表示!月間15000アクセス目前 | トップページ | 0円携帯苦情相次ぐ、私携帯変えました »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/47907185

この記事へのトラックバック一覧です: 庵治石のお墓400万円:

« 次々とグーグル検索で上位表示!月間15000アクセス目前 | トップページ | 0円携帯苦情相次ぐ、私携帯変えました »