« 企業年金減額の事例 | トップページ | 消費者物価;冬のバーゲンの残骸 »

2010/02/02

粗大ゴミの処理

京都大学の近くで古くから自宅でマンション経営されている親戚がいます。今でこそマンション経営ですが、昔は大きな家の2階を学生さんたちに貸していたようです。いわゆる昔のおうち、鎧戸・木の格子戸・離れがあって・蔵もありそうなおうち。
法事でお会いした時、「寄って行きなさい」とそれこそ30年ぶりくらいに立ち寄らせて頂きました。
離れはなくなっていて母屋の隣には立派な賃貸マンション(ハイツかな?)ができていました。
「今の時代は共同便所で母屋の2階でなんて、借りる人いないから」

道に面しているので不法投棄が結構あるそうです。
大抵は自分で処理するけど大きな物は市に言って処理して貰うということ。本来の京都の粗大ゴミは数百円〜2000円分くらい有料チケットを買って電話連絡して名前を書いて出すという決まりです。

- - - - -

「自分のゴミでも、家の前に捨てられていたと言えば、持っていってくれるよ、
 そんな予算が取ってあるから、俺もそうしたよ」

こんなことを当の公務員から聞くと情けなくなります。お前は税金泥棒だろ、俺の周囲5m以内には近寄るなっ。

-------
  去年今年は、テレビゴミが一杯出るんでしょうね、本当にエコなのかとも言いたくもなりますね。
うちはまだブラウン管です。買っても良いんだけどね液晶テレビ、待てば待つほどどんどん安くなるみたいだし。
朝と晩のNHKニュース以外は大抵スカパーがついているので(←そもそもあまりテレビを見ない)、まあ、地デジになってもあまり影響はないかと、ワンセグあるし。
NHKアナのトサカさんの髪の毛が東京転勤後どんどん白くなっていくのが見られなくなるのは残念なのですが…


(※家電リサイクル法に該当する電気製品は、市の収集ゴミには入りません)

|

« 企業年金減額の事例 | トップページ | 消費者物価;冬のバーゲンの残骸 »

その他の戯れ言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/47417140

この記事へのトラックバック一覧です: 粗大ゴミの処理:

« 企業年金減額の事例 | トップページ | 消費者物価;冬のバーゲンの残骸 »