« 株に熱中する旦那さん | トップページ | 遺言書は痴呆症になる前に書いておけ! »

2010/01/26

土地は資産じゃないという話;相続

「本当は、実家の土地を売りたいんですけど、兄弟や親戚から
 何言われるかなんて思うとできなくて・・・」

「そうですよね、相続で土地貰っても、固定資産税が出ていくだけですもんね。」

------

こんな場合に、兄弟の共有名義にして、他人に貸しちゃうという方法があります。
もちろん、借りてくれる人がいるような土地の場合だけですけどね。家がダメなら更地にして駐車場。
もっともこんな借り手のつく土地をお持ちの人は意外と少なかったりします。

『子どもにはこの土地を残してやるんだ〜』

他人にも借りて貰えないし自分も住まないような「利用できない土地」は、出費しかなくて、資産じゃなくて負債と一緒です。折角の親心・親の目論見も仇になってしまいます。

これ、最近の相続ではよく聞く話なのです。

  家売って老人ホームに行きますっ!

こう決断できる人はなかなかいないと思うのですが、ある意味キレイさっぱり潔い人生かも、なんて思っちゃいます。でも私の精進が足りないのでいくらキッパリ言い切られたとしてもなかなか簡単にはお勧めできません。
それが当人にとって本当に良いことなのか良くないことなのか、、、、当事者様のお気持ちを考えるにはまだまだ私の人生経験が足りないような気がしています。

|

« 株に熱中する旦那さん | トップページ | 遺言書は痴呆症になる前に書いておけ! »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/47391099

この記事へのトラックバック一覧です: 土地は資産じゃないという話;相続:

« 株に熱中する旦那さん | トップページ | 遺言書は痴呆症になる前に書いておけ! »