« JAL会社更生法へ、戦後4番目 | トップページ | 一夜明けると凄い!円高 »

2010/01/21

社長の不正決算だったら

あなたがある会社と取引していたとして、
  その会社が不正決算をして
  数億円の税金を納めていませんでした。

   「経理担当に任せていたので知りませんでした。税金は納めました。
  だから今まで通りによろしく」

これで今まで通りに取引できますか?
社長を続けるにしても、なんらかの責任を取ったり、かわりに何かお詫び的なことをしないと今まで通りの取引は続けられないと思うのですけどね。

>>>とある首相を見ていてそう思った。

  「私の知らなかったことは検察の調べで明らかになりました。
   これで解決してます。」

企業だったら、知らなかったでは済まないんですけどね。取引もままならなければ、銀行から融資とか知り合いから借金とか、まともな取引なんてして貰えませんよ。

  「皆さんの中には本当に知らなかったのかと思う人もいらっしゃるでしょうが…」

だから、知っていたか知らなかったかという問題じゃ無いのだけれど。

別に辞めて欲しい訳じゃなく、これでは信頼できないよぅってことが言いたいのです、私は。

|

« JAL会社更生法へ、戦後4番目 | トップページ | 一夜明けると凄い!円高 »

その他の戯れ言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/47339772

この記事へのトラックバック一覧です: 社長の不正決算だったら:

« JAL会社更生法へ、戦後4番目 | トップページ | 一夜明けると凄い!円高 »