« 株価2倍3倍の会社 | トップページ | ブックオフで処分、2000円で何して遊ぶ? »

2010/01/01

謹賀新年;損得を考える時代は過去のもの

Nenga

あけましておめでとうございます。

やはり不景気なのか、そんな雰囲気をヒシヒシ感じていたりします。
 
でもお金があっても、それがうまく使えなければ無意味になります。
10年ほど前までは給料も年金も上がることしかなかった時代ですからこんなことを考えなくても充実感、中流意識を持つことが可能でした。酷い言い方をすれば「損得だけを考えていた時代」とも言えるでしょう。
今は使える可処分所得が減っていく時代。そんな中でも充実した幸せを感じるにはどうすればよいか。税金で損しない方法、年金で得する方法、いろんなテクニックも大切ですし、今でも「○○で損しない△△術」なんて話題が目白押しですが、、、、、でもそれ以上に大切なのは、お金をうまく使う方法なのです。

幸せを2倍にする【正しいお金の使い方】

 ●自分の自信がつく
      ようなことに使う
 ●思い出になる
       コトに使う
 ●自分が回りから
     認められることに使う

これが出来ないと充実したライフプランは作れません。損して得取れ、その得がこれ。

「100万円捨てたようなもんです、でもそのおかげで今の私があります」

こんな使い方。

今年も上級のライフプラン作りを目指して、皆様のお役に立てればと思っておりますので、本年もよろしくお願い申し上げます。

|

« 株価2倍3倍の会社 | トップページ | ブックオフで処分、2000円で何して遊ぶ? »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/47178340

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年;損得を考える時代は過去のもの:

« 株価2倍3倍の会社 | トップページ | ブックオフで処分、2000円で何して遊ぶ? »