« 大学費用;学費免除だけを狙う彼女の息子 | トップページ | 住宅版エコポイントが実施予定?! »

2010/01/13

社会保障費100兆目前

財務大臣が交代してしまいましたけど、これから国家予算の審議が始まります。
総額92兆円、このうち国債費と地方交付税を除いた一般歳出53.5兆円。
さらにその半分の27兆円が年金・医療関係である厚生労働省関係の予算です。

しか〜し、厚生労働省関係のというのはあくまでも一般歳出分のみ。別途支払っている厚生年金や健康保険は別会計ですね。こちら社会保障費総額を見るともう100兆円寸前です。国家予算(一般会計)に匹敵しますし、一般歳出の2倍に近づいてきた数字です。
今の日本の社会保障費用は下のグラフのような推移になっています。当然ではありますが高齢化と共に年金の割合が増えています。

Syakaihoshouhi

 

ここで面白い話が2つあります。増大する社会保障費をどうするか
まず一つ目。お年寄りが増えるんだから、しかたないだろ、っていう話。本当でしょうか?

例えば、年金制度崩壊!
貯蓄の多い人には年金を下げる!とか、一部を国債で払う! とか
それとも、年金やめて生活保護に統合しようその代わり月15万円は保障しましょうとかこんな話はどうでしょう。

国債の利払い! これもしかたないだろ、という話があります。
国債が満期になってもあと10年借りてください新しい国債を渡します。ってな猶予法案が出来るかもしれません。いま審議している猶予法案と同様に。

普通に考えると消費税アップなんてみんな反対のはずです。でも何年も何年も掛けて消費税しかないなんていう話になりつつあって、それに納得しかかりそうですけど、例えば、消費税の代わりに、貯蓄に税金を掛ける!なんていう法律ができないなんて保障はありません。マイナスの利息です。

それとも逆に借金返済は諦めて、みんなで国債買いましょうキャンペーンが始まるかも知れません。

====

「年金の半分は、寄付しています。
もし負担が増えればこの寄付を減額していきます。」
こんなライフスタイルもありだったりするかも。

「年金の半分で国債を買っています。
もし負担が増えればこれを減額していきます。」
こんなライフスタイルもありだったりするかも。

よほど大きな額でないとニュースにならないようですが、(自分の年金は無理でも)遺産を寄付する方は結構いらっしゃるみたいです。国債買うってのも将来、国に対する寄付?になるかもしれません。

|

« 大学費用;学費免除だけを狙う彼女の息子 | トップページ | 住宅版エコポイントが実施予定?! »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/47224352

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障費100兆目前:

« 大学費用;学費免除だけを狙う彼女の息子 | トップページ | 住宅版エコポイントが実施予定?! »