« 紅茶で至福、ホッとする一杯 | トップページ | 兄弟愛とお金はどっちが強い? »

2009/12/01

事業仕分けのあとは、いよいよ予算(国家予算)

ま、報道されているように、良い面と悪い面の両方があった現政権の「事業仕訳仕分け」。
事業仕分けで今までとは全く違う角度から天下りにメスが入ったように、国家予算、こちらの方がメインだと思うのですが、この総予算の組み替え、とても期待しちゃってたりしています。


3兆円削減を目指した事業仕分けの成果が1.6兆ほどで、そのうち半分は基金の返納ですから、本当の成果は、全体90兆予算の1%も無かったということで、スーパーの広告で言う、

「高級和牛100g2000円を9割引き! ただし限定20個」みたいな目玉商品だけが安いんですよ、他はあまり変わりませんよって感じが否めない。

まあ、少ない時間で頑張ったとは思うのですが、パフォーマンスが上手い、という印象をうけちゃったりしました。


でこれから予算案作成の時期に突入していきます。
これからどう予算ができてどう使うのか。これが政権が変わって一番気になるところ。

マニフェスト「国の総予算を全面組み替え、税金のムダづかいと天下りを根絶します。」

現政権ができて、今のところ経済が活性化するようなお話しはまったくなく、3ヶ月程度で活性化の話しができるはずもありませんが、子ども手当も失業対策も経済対策も、それから経済が活性化されるはずの高速道路無料化も医療制度改革も年金問題も、まだ始まる前の段階。

まあ何となく、外交も金融も、ちょっとずれちゃっているような感じがしなくもないのですが、みんなが選んだ政権ですし、旧与党でも中身は違えど、ズレズレの政治ですから、ここはとりあえず思いっきり期待することにしましょう。

(結局の所、総選挙の世論は、旧与党では出来なかったことを民主党が変えてくれ、という世論であって、こんな風に変えてくれ、という具体的な国民の意思表示ができていないからであって、福沢諭吉さんの言うところの、『国民一人一人が自律(自立)して賢くならなければ政治そのものは賢くならない』、っていう話しなのかなぁ、とNHKドラマ坂の上の雲を見ていて思ってしまいました。)

|

« 紅茶で至福、ホッとする一杯 | トップページ | 兄弟愛とお金はどっちが強い? »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/46903734

この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分けのあとは、いよいよ予算(国家予算):

« 紅茶で至福、ホッとする一杯 | トップページ | 兄弟愛とお金はどっちが強い? »