« 共働きの住宅ローン,気をつけたいこと | トップページ | 謹賀新年;損得を考える時代は過去のもの »

2009/12/28

株価2倍3倍の会社

高専・大学・大学院と電気科を3回も卒業すれば同級生だけで100人以上先輩後輩をいれるともの凄い数の知り合いがいるわけでして、その多くは電器メーカーや機械メーカーに就職しています。
下の2つのメーカー、大日本スクリーンと東芝。
大日本スクリーン、京都の会社ですね。元々印刷関係の機械、今では半導体関連装置。
一般向けの商品ではないので、ちょっとマイナーかも知れません。
でご存じ東芝。うちの実家の薄型テレビも先日Regzaになりました。

2月以降の株価のグラフです。


Kabuka2

こういう株を底値で買っておけば、いや底値とは言わないまでもそこそこの価格で買っておければ私も大金持ち♪  でもこういう100円200円の株価の時に買いにでるというのはなかなか出来るものではありません。根性と気合いと勇気が必要です。いいのかな、いいのかな、良いのかな〜って。

GMだって破綻する時代だし、日本航空もつぶす・つぶさないでもめてます。
安心なのはやはり電力株? 

------

投資信託の売り文句。「いろいろな銘柄をプロが買うのでリスクが下がります。」

はいそうですね。でもいろいろな銘柄を買うので、一つの銘柄が2倍3倍になっても他が上がらなければ足をひっぱりますね。半年程度で2倍3倍になることはまずありません。

「いろいろな銘柄をプロが買うのでリスクもリターンも下がります。」が本当です。

投信が良いか、株が良いか、これはひとえに、自分がどんなリスクを許容できてどんなリターンを期待するかです。でも大抵の皆さんは、リターンばかりが目がいってしまいます。
でも損するのはもっと別の理由です。「高く買って安く売るから、損をする。」

退職金を手に入れたタイミングと、買いのタイミングは一致しません。
車の買い換え・リフォームでお金が必要な時期と、売りのタイミングは一致しません。

自分の収支計算が出来た上でその後の余裕資金を、適切な売り買いのタイミングで運用する。
 「今、円高だから買っておこう!」

こういうタイミングで機動的に動く資金を作っておく・考えておかないと、上手い運用は出来ません。
「個人が行う資産運用は、自分の資金需要というライフプランがかかせません!」

------

さて、今年も一年ありがとうございました。
しめくくりに何を書こうか、何かちょっとくらい景気の良いニュースを書きたいと思いつつ、なかなかそういうニュースがなくて、と思いながら年末を迎えてしまいました。

日本が平和であることに感謝して、皆様のご多幸をお祈りしつつ、
人生とお金について、いろいろな面から切り込んで皆様がライフプランを考える時の参考になれば良いなと思っております。
来年も「ライフプラン作りは私の天職です」こう胸張って言えるように頑張っていきたいと思います。今後ともごひいきに宜しくお願い致します。

感謝!
  ライブリフッド・プランニング  竹本隆之

|

« 共働きの住宅ローン,気をつけたいこと | トップページ | 謹賀新年;損得を考える時代は過去のもの »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/47136569

この記事へのトラックバック一覧です: 株価2倍3倍の会社:

« 共働きの住宅ローン,気をつけたいこと | トップページ | 謹賀新年;損得を考える時代は過去のもの »