« 12年前から、給料が下がる時代になったようだ | トップページ | 名古屋市も住民税10%減! 可決 »

2009/12/23

煌めくクリスマス・イルミネーション

そこかしこで、クリスマス・イルミネーションが輝いています。
ここ京都でも、京都駅ビルをはじめ、大手企業やホテル・大学などあちこちでキラキラ・煌々と優しげな明かりがちりばめられているそうです。

本当ならクリスマスにあわせて、その中の一つくらいを写真にとってアップしたいところですが、生憎、寒がりで撮影技術の乏しい私はこうやって文章で書くだけ、、、済みません。

個人のお家でも頑張っておられる方が大勢いるようで、私の近所の一角でも軒並みイルミネーションで飾られている一角があります、申し合わせたのでしょう。リースをつけたりチカチカ点滅させたり皆様気合い入ってます。中には、「町内会で決まったし仕方ないなぁ」みたいな力の抜けたお宅もございますが、冷たい空気の中で夜道を歩いていても、きらきら光るその一角に近づくと、なんか、ホッとしてたりします。今年はLEDの光がエコらしいです。

クリスマス、これは私にとっては誕生日の翌週です。だから子供の頃から誕生日&クリスマスでとくにクリスマスを祝った記憶がありません。「うち、仏教徒だから」と長年言い続けてきました。それにもう、この歳になるとクリスマスもへったくれもありません。

でも嬉しいことがあります。フライドチキンにローストチキン、いろんなチキンが売っている、しかもお手頃価格。
実は、
「俺、なんでこんなに安上がりなんだろ」
と思うことが良くあります。

牛肉より鶏肉の方が好き! ビールよりチューハイの方が旨いし、高いコシヒカリよりなぜか安価なきらら397の方が旨いと感じるし、子供の頃は外食に行ってもカレーライスばかり、なんと親孝行な子供だったのでしょう。そしてそれは今でもあまり変わっていません。

無性にビーフカレーじゃなくチキンカレーが食いたくなって時々作って3日間くらい喰っていたりする。大きな鶏肉ゴロゴロしていて、なんと豪華!と思いつつも、いつも「俺ってなんて安上がりなの、コンビニエントなの」、なんても思ってしまう。

====

クリプレ、誕プレ、、、プレゼントの事だそうです。

プレゼント・・・営業の人が置いていくボールペンとかキャンディーじゃないですよ。心のこもったプレゼント、しかも、お歳暮やお中元のように付き合い的なものじゃなく、比較的近しい人に送るプレゼントが、クリプレ・誕プレ。

空振りしないように祈りながら、思いを込めるだけ込めて贈る贈り物。
同じ一万円でも、いつもとは違う一万円だったりするわけですね。
O・ヘンリの小説をちょっと思い出してしまいました。悲しくも暖かい贈り物。

バブル華やかし頃のクリスマス、ホテルの予約を9月にしておかないと間に合わない。終電後のタクシーは、一万円札をヒラヒラと振って捕まえる、あの時代の一万円って本当に価値ある一万円だったのかと思ったりするわけです。

===

自分にとっての一万円。愛のある一万円、自分へのご褒美としての一万円、将来のための一万円。いろんな一万円があって、だから経済が動いている。

こんな事を書くのも、ローンの計算とかで数字だけ追いかけているとね、一万円は一万円なんで、とっても味気ないのです。本当は、こういった数字を自分にとってどう価値ある数字にするのか、価値ある一万円にするのか、ってのが大事なんだろうな、、、なんて思ってます。


|

« 12年前から、給料が下がる時代になったようだ | トップページ | 名古屋市も住民税10%減! 可決 »

その他の戯れ言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/47080284

この記事へのトラックバック一覧です: 煌めくクリスマス・イルミネーション:

« 12年前から、給料が下がる時代になったようだ | トップページ | 名古屋市も住民税10%減! 可決 »