« 総合口座の自動借入、常識ですよね | トップページ | まだまだ悪化?!景気動向指数と景気ウォッチャーDI »

2009/12/08

万引き被害 都内推定670億円

書店やドラッグストア、スーパーなどの業界17団体が参加した警視庁での官民合同会議。
東京都内の万引被害推定額が、平成19年だけで約670億円!

万引き被害、年670億円 警視庁試算(日経NET)

たかが万引きされど万引き、ちりも積もれば山となって、670億円。
東京都内だけですから全国で見るとこの2倍3倍なのでしょう。

先日も大阪市内の西成区で小さなお店をやっている方から、
「もう万引きが多くて多くて」
こんな話を聞きました。

万引きは、青少年だけじゃなく大人もいっぱいしますけど、小さい時の教育が大事だとするならば、業界が100億、200億を拠出して倫理教育をしても割に合う、なんていう計算が出来そうです。

じゃあ拠出できるか、これはなかなか難しいですね。

金は天下の回りもの、とは良く言ったものです。結局こういうお金は誰かがどこかで負担することになるわけで、社会に対してどうお金を使うのか、こういう視点がないと解決策は見えません。

=====

今年、お袋がペースメーカーを入れ替えました。先日、実家に帰ると、奈良県後期高齢者医療広域連合というところから医療費の明細が来ていましたが、総額130万、前後の入院を入れると150万円ほどの医療費です。でも医療費一割負担でかつ高額療養費を使っているので、実際に支払った額は12万円くらい。
「健康保険があって良かったなぁ」
フツーの人はここまです。でも残り138万円、これがどこから来たかというと、他の人の保険料や全然関係のない保険組合からの拠出金、それに税金です。

●お金の流れを知るということ
 税金でも家計でも自分のお小遣いでも、どこからいつ入ってきていつ出ていくかどう出ていくか、どんなときに入ってこなくなるか、これを考えることはとても大事なことです。
 今年はリストラや給料カットで予定通り入ってこなくなった。これ家計にとっては月2万のカットでも切実だと思いますが、国家予算(一般会計)でも2年前は50兆円あった税収が37兆円、マイナス13兆円です。

 じゃあ何をカットするの?それとも増税?
 
 事業仕分けの成果が1兆6千万ですから、もっともっと仕分けしないことには大量国債発行ということになりますね。それは将来の借金を作ると言うことに他なりません。
 
 不要な物、無駄な物をはぶいて節約 だけでは済まない。
 どう前向きなお金を使うのか、将来のために使うのか。家計でも国家財政でもこれを考えないと前に進みません。
 

 「私の会社も大きくなって、これだけ税金納められるようになりました」

こんな事を言っていた昔の人は偉いと思います。

|

« 総合口座の自動借入、常識ですよね | トップページ | まだまだ悪化?!景気動向指数と景気ウォッチャーDI »

FP総合」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/46916846

この記事へのトラックバック一覧です: 万引き被害 都内推定670億円:

« 総合口座の自動借入、常識ですよね | トップページ | まだまだ悪化?!景気動向指数と景気ウォッチャーDI »