« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月に作成された記事

2009/12/28

株価2倍3倍の会社

高専・大学・大学院と電気科を3回も卒業すれば同級生だけで100人以上先輩後輩をいれるともの凄い数の知り合いがいるわけでして、その多くは電器メーカーや機械メーカーに就職しています。
下の2つのメーカー、大日本スクリーンと東芝。
大日本スクリーン、京都の会社ですね。元々印刷関係の機械、今では半導体関連装置。
一般向けの商品ではないので、ちょっとマイナーかも知れません。
でご存じ東芝。うちの実家の薄型テレビも先日Regzaになりました。

2月以降の株価のグラフです。


Kabuka2

こういう株を底値で買っておけば、いや底値とは言わないまでもそこそこの価格で買っておければ私も大金持ち♪  でもこういう100円200円の株価の時に買いにでるというのはなかなか出来るものではありません。根性と気合いと勇気が必要です。いいのかな、いいのかな、良いのかな〜って。

GMだって破綻する時代だし、日本航空もつぶす・つぶさないでもめてます。
安心なのはやはり電力株? 

------

投資信託の売り文句。「いろいろな銘柄をプロが買うのでリスクが下がります。」

はいそうですね。でもいろいろな銘柄を買うので、一つの銘柄が2倍3倍になっても他が上がらなければ足をひっぱりますね。半年程度で2倍3倍になることはまずありません。

「いろいろな銘柄をプロが買うのでリスクもリターンも下がります。」が本当です。

投信が良いか、株が良いか、これはひとえに、自分がどんなリスクを許容できてどんなリターンを期待するかです。でも大抵の皆さんは、リターンばかりが目がいってしまいます。
でも損するのはもっと別の理由です。「高く買って安く売るから、損をする。」

退職金を手に入れたタイミングと、買いのタイミングは一致しません。
車の買い換え・リフォームでお金が必要な時期と、売りのタイミングは一致しません。

自分の収支計算が出来た上でその後の余裕資金を、適切な売り買いのタイミングで運用する。
 「今、円高だから買っておこう!」

こういうタイミングで機動的に動く資金を作っておく・考えておかないと、上手い運用は出来ません。
「個人が行う資産運用は、自分の資金需要というライフプランがかかせません!」

------

さて、今年も一年ありがとうございました。
しめくくりに何を書こうか、何かちょっとくらい景気の良いニュースを書きたいと思いつつ、なかなかそういうニュースがなくて、と思いながら年末を迎えてしまいました。

日本が平和であることに感謝して、皆様のご多幸をお祈りしつつ、
人生とお金について、いろいろな面から切り込んで皆様がライフプランを考える時の参考になれば良いなと思っております。
来年も「ライフプラン作りは私の天職です」こう胸張って言えるように頑張っていきたいと思います。今後ともごひいきに宜しくお願い致します。

感謝!
  ライブリフッド・プランニング  竹本隆之

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/25

共働きの住宅ローン,気をつけたいこと

今の住宅ローンでは、かなりの確率で、夫婦連帯保証を要求されます。こんな銀行が増えてきているのです。共働き世帯が5割を越え、しかも、いつ転職したりリストラされたりするか分からない、そもそも奥さんの方が収入が多い、いろんな背景があります。

2つの方向から考えておきたいことを記します。

(1)奥さんの将来の収入は
  ローンの分担と、ローン減税に関係するのですが、奥さんの将来の収入です。
  子供が出来れば働かない、退職する、こんな場合に、ローン減税の恩恵を受けられるかどうか、当然、奥さんの所得税が0ならば減税の恩恵はありません。休職するするにしたところでやはり収入は激変するわけですから、将来の収支計算は欠かせません。

(2)離婚は大丈夫?
  ローン20年とか30年とか35年とか50年とか。
  この間、離婚の危険性0とは言い切れないでしょう。もしそうなったらどうします?
  別に共働きだから、という訳ではないのですけど、住むところ、名義の問題、新たなローンの問題、連帯保証の問題いろいろやっかい事をかぶってしまいます。
  離婚だけでも手間暇掛かるの上に、離婚後の収入・生活費以外に、さらに金銭的な問題を抱え込んでしまっては人生ままなりません。
  
  「ローンは旦那が払って、家には私が住みます」
  「あなた連帯保証だから旦那さんが払えなくなった時払えますか?
   ローンの名義が旦那さんってことは、旦那さんが亡くなった時、遺族から
   出て行けと言われたらどうしますか?
   だからって、今、名義を変えると贈与になって贈与税が発生しますけど
   払えますか?」

  てな具合で、ものすんごいやっかい事が出てくるのがローン有りの住宅。
  
  これが賃貸だったら、引き払って「あっそう」で終わったりする。
  
====

まあね、家を買いたい人に、離婚の時のこと喋る営業マンもいませんし、私だって新居購入で頭一杯・幸せ一杯の人にうかうかと喋ったりしませんけどね。ローンを持つっていうことはどういうことかは是非考えておいて頂きたいなぁなんて思うのです。これは何も共働きとか専業主婦とか関係ありませんね。

即金でしか買いません! ローン組んでも10年以内。
ま、これくらいなら、人生のリスクは少ない!、なのですけどね。
そうはいかないのが住宅ローン。10年ローンで買える人はそうそういません。

「この家を買って、この家で幸せな暮らしを(少なくともローンが終わるまでは)絶対離婚なんて考えない、こんな覚悟が、男の方にも女の方にも必要」
ってことは言えると思いますよ。
今払っている家賃と比べるのじゃなくて、このローンを二人で返していけるのかってのを考えてくださいね。

====

「この家じゃなきゃ(こういう家じゃなきゃ)、ダメなんです。子供と一緒に遊べる時間は10年間、この10年間を大切にしたいんです。だから遊べる庭がないとダメなんです。子供が大きくなればその後は仕事に没頭してローン返します。このローンは厳しいですか?」

通常ならやめときなさいというローンでも、こんな決意を持っている方には頭から否定はしません。
「よほどの収入アップが無い限り私立は無理になりますよ」
とは言いましたけど・・・・

まさに今住宅購入で迷っている人はね、「今から街に行って100万円のお買い物」と「家の予算を50万円減らす」どっちが幸せになるか考えてください。(※ローン利息他で2倍の出費。100万円のお買い物は10万円×10年間のお買い物でも良い)

ローンを返すことが幸せだと感じられないのなら、家なんて買わない方が良い。
逆に、家買う限りは、目一杯幸せになって頂きたい。なんたって大きな大きなお買い物ですから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/24

名古屋市も住民税10%減! 可決

半田市は「とりあえず1年間10%減税」でしたが、
名古屋市は「とりあえず恒久的に10%減税」の法案が市議会で可決されたようです。

調子良いこと言ってばらまくのも結構だし、減税すのも結構ですけど、今後どうするんでしょうね、政治家の皆さん。とは言え、今後この流れ全国に広がるかも知れません。

ニュースでやっていました。
杉並区の取り組み、10%分を10年間積み立てて基金を作り、それの運用益で10年後から減税する。
こういう考え方、すばらしいなぁなんて思います。
10%10年だと単純に1年間の税収の基金が出来るわけで、場当たり的政策が多い中とても理にかなっていると思います。
公務員の頭はこう言うところに使って欲しいなぁ、官僚や政治家よりも地方公務員の方が賢いのかも。。。。。まぁ、公務員さんが考えたのか区議会の議員さんが考えたのか誰が考えたのか知りませんけどね。

【関連記事】
全国初、住民税10%減税;半田市 (2009/12/21)

=====

地方交付金の枠組み、すなわち、国が地方に金を分配する時に、いろいろ注文をつける枠組み。例えば、「これは国の基準を超えてますので、交付金減らしますね」「ラスパイレス指数より高い給料分は予算に余裕があると言うことなので交付金減らしますね。」「国の政策だから予算つけますね」
こういう注文を排除できるようにならないと地方分権は難しいだろうなぁなんて思います。

今年は国家予算が例年にない編成作業で、財務省原案→復活折衝、なんていうやり方が無くなって、例の事業仕分け→党の要望・三党の合意→予算編成 ガラガラドンっ!
で決めるそうです。

昔のやり方が良いなんて言うつもりはありません。根回しして原案に盛り込んで貰ったり復活折衝に陳情に言ったり、そんでもって、各地方議会の予算案がその度に変わるから徹夜で作り直してなんて無駄な労力を掛けているんだろうなんて思っていましたから。

家計に置き換えるとするならば、予算これだけとってきたぞ!は年収がこれだけ上がるぞ!ってな訳ですが、低成長時代では下がることもあるわけで、収入が上がることよりもそれをどう生かすか・上手く使うかってことがとてもとても大事になるわけです。

こんなことわざわざ書かなくても皆さん分かってらっしゃるはずなのですが、実は分かっていない。
 高度成長時代は、現状維持+α・・・αは常にプラス。
αがマイナスになった今、何かを切りつめなきゃいけない。

10年後に給料が2割減るとか10年後に予算が2割減っている、こういう状態を想像できますか? で、そうなっても『元気に活躍してますか?』という金の使い方をしなきゃいけない、ということなのです。

だから私はGDP成長率を重視してますし、長期計画を作るというライフプランを重視しているのです。

GDPが低い国とか戦争まっただ中の国ではみんな不幸かというそんなことはありません。子供の目はきらきらしています。子供の目がきらきらしていない国や家庭は、上手くいかない、そんな気がしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/23

煌めくクリスマス・イルミネーション

そこかしこで、クリスマス・イルミネーションが輝いています。
ここ京都でも、京都駅ビルをはじめ、大手企業やホテル・大学などあちこちでキラキラ・煌々と優しげな明かりがちりばめられているそうです。

本当ならクリスマスにあわせて、その中の一つくらいを写真にとってアップしたいところですが、生憎、寒がりで撮影技術の乏しい私はこうやって文章で書くだけ、、、済みません。

個人のお家でも頑張っておられる方が大勢いるようで、私の近所の一角でも軒並みイルミネーションで飾られている一角があります、申し合わせたのでしょう。リースをつけたりチカチカ点滅させたり皆様気合い入ってます。中には、「町内会で決まったし仕方ないなぁ」みたいな力の抜けたお宅もございますが、冷たい空気の中で夜道を歩いていても、きらきら光るその一角に近づくと、なんか、ホッとしてたりします。今年はLEDの光がエコらしいです。

クリスマス、これは私にとっては誕生日の翌週です。だから子供の頃から誕生日&クリスマスでとくにクリスマスを祝った記憶がありません。「うち、仏教徒だから」と長年言い続けてきました。それにもう、この歳になるとクリスマスもへったくれもありません。

でも嬉しいことがあります。フライドチキンにローストチキン、いろんなチキンが売っている、しかもお手頃価格。
実は、
「俺、なんでこんなに安上がりなんだろ」
と思うことが良くあります。

牛肉より鶏肉の方が好き! ビールよりチューハイの方が旨いし、高いコシヒカリよりなぜか安価なきらら397の方が旨いと感じるし、子供の頃は外食に行ってもカレーライスばかり、なんと親孝行な子供だったのでしょう。そしてそれは今でもあまり変わっていません。

無性にビーフカレーじゃなくチキンカレーが食いたくなって時々作って3日間くらい喰っていたりする。大きな鶏肉ゴロゴロしていて、なんと豪華!と思いつつも、いつも「俺ってなんて安上がりなの、コンビニエントなの」、なんても思ってしまう。

====

クリプレ、誕プレ、、、プレゼントの事だそうです。

プレゼント・・・営業の人が置いていくボールペンとかキャンディーじゃないですよ。心のこもったプレゼント、しかも、お歳暮やお中元のように付き合い的なものじゃなく、比較的近しい人に送るプレゼントが、クリプレ・誕プレ。

空振りしないように祈りながら、思いを込めるだけ込めて贈る贈り物。
同じ一万円でも、いつもとは違う一万円だったりするわけですね。
O・ヘンリの小説をちょっと思い出してしまいました。悲しくも暖かい贈り物。

バブル華やかし頃のクリスマス、ホテルの予約を9月にしておかないと間に合わない。終電後のタクシーは、一万円札をヒラヒラと振って捕まえる、あの時代の一万円って本当に価値ある一万円だったのかと思ったりするわけです。

===

自分にとっての一万円。愛のある一万円、自分へのご褒美としての一万円、将来のための一万円。いろんな一万円があって、だから経済が動いている。

こんな事を書くのも、ローンの計算とかで数字だけ追いかけているとね、一万円は一万円なんで、とっても味気ないのです。本当は、こういった数字を自分にとってどう価値ある数字にするのか、価値ある一万円にするのか、ってのが大事なんだろうな、、、なんて思ってます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/22

12年前から、給料が下がる時代になったようだ

内閣府の国民経済計算・GDPと雇用者報酬、前にも書きましたけど、

「給料下がっちゃった〜」

こういう声を頻繁に聞くので、最新値でグラフを描きました。
雇用者報酬、簡単に言うと日本全体でのサラリーマン・公務員の給料の合計です。

当然まだ今年の2009年分の統計値は出ていません。なので、四半期ごとのデータからグラフを描いたのですが、どうも12年前をピークに下がっているようです。しかも今年の下がり方は今までになく急激です。

Gdpcompens_3

何を言いたいかというとね・・・・

この10年あまりは、多少の波こそあれ、下がっている。
でもGDPも雇用者報酬も1980年に比べて2倍になっているんです。

1980年に比べて2倍豊かなはず、なのに、昔の方が良かったと思うのはなぜ?
豊かさの代わりに失ったものが多いから?

失ったものは、時間であったり、絆であったり連帯感であったり、安心であったり調和であったりするわけで。。。。。

私はGDP重視の見方をしますけど、でもこれにも問題があります。
使える高速道路をつぶして造り直す、これでもGDPは上がります。経済対策で金をばらまけばとりあえずGDPは上がります。そうやって経済を支えようとして膨大な借金を作ちゃったわけでもあります。

来年度の国家予算、95兆とか104兆とか、国債44兆とか、額ばかり報道されていますけど、中身の方が大切だし、将来のためになる借金ならば増やしても良いと思うけど取りあえず今を乗り切るだけ(それが選挙目当てならなおさら)の借金なら賛成できません。

------

失われた10年なんて言いますが、私は15年だと思っています。ひょっとすると長引くかもしれません。
10年も経てばそろそろ生活設計を変えていこうと思う方が増えてきている、これは実感しています。

これからの生活設計を一言で言うとするなら、借金するな!
  クレジットカード・消費者金融・住宅ローン・自動車オートローン・・・・・

でも電車に乗っても雑誌を見ても、こういう宣伝ばかり。
借金のない生活、これがもたらす安心感は、マイホームを持つ安心よりも大きいかも知れない。
   (…おいらも住宅ローンあるんだけどね、悩みの種だなぁ)
   
※借金ダメって言うつもりはないですよ。
 お金(消費)を将来に持っていくのが「貯金」、前に持っていくのが「借金」で表裏の関係ですからね。
 

【関連記事】
 ●●だから〜、GDPが増えないと給料は上がらないって (2009/04/15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/21

全国初、住民税10%減税;半田市

結構誤解があるようなのですが、住民税は日本全国原則どこでも同じ。(特別分の数百円~2000円程度を除く)

これは国が定める計算式の上限に揃っているという横並びであったのですが先日、愛知県半田市の市議会で住民税10%の減税案が可決されました。

 年収300万 で 5500円の減税
 年収500万 で 10800円の減税
 年収1000万で 26200円の減税

だそうです。

均等割と所得割をそれぞれ減額して、低所得者ほど減税率が高くなるようにしている点はうまく考えているなぁなんて思いました。

名古屋市も今、減税案審議中です。

愛知県は自動車関連産業が多くて、特に一昨年から落ち込みが激しい地域ですから、今のような経済危機の時には庶民にとっては嬉しいニュース。

ただ日本全国ほとんどの自治体は大赤字。長期的に見れば、過去に作った借金はいったいどうやって返すの? こういった部分にも目を向けなきゃいけなきゃならなくなるのでしょうね。

日本は少子高齢化・低成長時代ですから、例えば今後毎年2%ずつ10年間減税しても、成り立つような自治体運営・借金返済を考える時代、だとも言えそうです。

====

ところで、住民税には法人住民税というものがあります。

 企業 → 法 人 税:儲けに対してかかる
      法人住民税:資本金に対してかかる

法人住民税は赤字でもかかりますから、赤字の中小企業では、節税対策に資本金の減資という技があります。
(昔、超大手の外資系の石油精製会社が資本金を1000万(だったかな)にするとかで批判を浴びましたけど・・・)

もっとも、減資をすると、取引先や官公庁の入札基準に合わなくなったり、銀行の信用が低下したりとデメリットもあったりするのでなかなか出来ないことも多い(ってか、中小の場合だと融資を続けて貰うためにあえて黒字決算になるようにしているなんて話もよく聞きますね)。

社長の月給100万円にして、自分の会社に毎月80万円貸している、こんなことをしている社長さんもおられます。厚生年金が高くなりますけど、もうすぐ貰う歳になるし、そのうち会社たたむつもりだから今のうちに会社の資産を現金に変えておけ!、パターンですね。
(→将来資産を売って現金を得たときに、それを差し引ける債務を持っておくと節税になる場合があるパターン)

====

話が脱線しました。

住民税は全国どこでもほぼ均一。
でも健康保険や介護保険は結構ばらついてきています。特に介護保険は払う保険料も受ける介護サービスも、都市部と田舎では大きな差が出てきています。安かろう悪かろうもあります。高い上に悪いというのもあります。
(受ける行政サービスは人それぞれですから、何が良くて何が悪いかという判断が難しい。バス料金無料が嬉しい人もいれば全然嬉しくない人もいるという具合、だいたい、バスそのものが無い地域だってあるし)

国の基準に従って、全国ほぼ均一の行政サービスを行っていた地方が今後は財政を削減しながら独自の行政を考えていかなければやっていけない時代になってきているし、それは地方公務員にとって、チャンスだと思う人もいるだろうし、受難の時代だと考える人もいるだろうな、なんて思います。

半田市の場合とりあえず1年間の措置のようですけど、経済危機に対する緊急避難措置の一つなのでしょうか?

【中日新聞】
 ●半田市が市民税10%減税 全国初、10年度に実施 (2009年12月19日)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/12/18

今年の倒産ベスト5

まだ今年は終わっていませんが、ベスト5を抜き出しました。
適当にネットで調べたので正しいかどうか定かではないですが、でもまぁ、大体のところはあっていると思います。(関連会社分が入っていたり入っていなかったりするかも)

                 負債額
  SFCG(旧商工ローン)   3380億
  パシフィックHLD       3265億
  日本綜合地所         1975億
  ジョイント・コーポレーション 1476億
  穴吹工務店          1403億

堂々1位のSFCGを除いて、見事に不動産ばかり。
(SFCGについては裁判所が民事再生を認めず倒産に移行したり債権の不明瞭譲渡があったりとややこしいことになっています。)

実は、ベスト5が知りたかった訳じゃなく、大型倒産ってどれくらいなのかなぁなんていう興味があったからでして、それは何故かというと、フト唐突に思い出した大阪ミナミの料亭おかみの詐欺事件、尾上縫(1991年逮捕、服役中)のこと。

思い出そうとしてネットでググッてみた。ネットって便利ですwikipediaにもちゃんと収録されてました。
覚えておいででしょうか?

2兆円くらい借りて、株で失敗して結局4000億ほど踏み倒した(自己破産)事件です。もっとも、東洋信金に偽の預金証書を作らせたってのがミソだったりしますけど結局破綻、と書いてありました。関西では木津信用金庫も完膚無きまでに叩きのめされました。

当時、実家に出入りしている地元の信用金庫さんも引っかかっていたのです。

 「保釈金7億? すごいですね、出てきましたね」
 「いやー、うちだけじゃなく他の銀行さんもいろいろ絡んでましたからねーみんな回収しようと必死であちこち探していたはずなんですけど。どっからあのお金出てきたんでしょう? みんなでまだあったんだーと言ってましたよ」

こんな会話をしたような微かな記憶が残っています。

  自己破産 4000億ですよ! 個人で。 凄いじゃん。

--------
 
 何十億何百億何千億も負債があったら、死んでお詫びなんて思わないんでしょう、実は、検索フレーズランキング(右下に表示)で、「生命保険 自殺」 上位に食い込んできています。気になっています。
 金銭的問題で自殺する人の借金額は数百万〜1千万円なんていう記事を何処かで見たことがあります。(←出典不明)

 年間自殺者3万人を越えるようになって12年目です。 
10年間で30万人って多くない? (ちなみに年間死亡者数は交通事故死亡者の5〜6倍です。)

 何故この国は、命を守ることに真剣にならないのかっ!
 国がやらなきゃ俺がやる! (←大言壮語)

と言うわけで、クリック募金を見つけました。(←やること小さすぎ)
リンクフリーと書いてあるので張っちゃいます。

 自殺予防支援「いのちのクリック」(法律事務所ホームワン)
 
     「いのちのクリック」クリックからはじめる自殺予防支援

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/17

家計診断;キャッシュフローとストック分析

とある日の奥さん、どの奥さんが不幸でしょう?

 ●「あれっ、今日ボーナス支給日なのに、これだけしか振り込まれないの?」
 ●「年末調整で今月の給料は多いと思っていたのに逆に引かれてメチャ少ないよ」
 ●突然旦那からカミングアウト『すまん! 実は借金があるんだ 100万円』
 
今の日本、あちらこちらでこんな不幸な奥さんが続出中です。

・・・・何を暗い話し書いてるんでしょ、俺ってば。

家計診断!
主婦向けの雑誌に出ている家計診断や、週末に入る○△リビングとか△□ライフとかいうミニ新聞にある家計診断などの『フツーの家計診断』では、月々の収入と収支を見ていますね。「携帯の料金が高すぎですよ」とか「食費が高めですが外食費が多いんでしょうか」ってやつ。

これは今の生活が続くことが大前提です。でも実際には家族みんな歳を取り、中学生だった子供は高校へ進み、現役だった義父は嘱託社員になったり、もちろん他にもいろんな生活の変化があるのが普通です。なので、収入も違えば支出もどんどん違ってきます。

将来の収入・支出を見て、ずーっと赤字! これは一大事です。でも、月々の収支(キャッシュフロー)よりももっと大事なことがあります。貯金がいつ底をつくかということです。少々赤字であっても底をつかなければ大丈夫。

とは言ってみても、現実、教育費でみるみる貯金が減っていくとか、退職金が5年で半分減った(使った)とか、将来の支出計画が若干甘すぎる方も大勢いたりします。

Flowstock

貯蓄や資産はストックと言います。

ストックは通常だとまず貯金。次に貯蓄性の生命保険・学資保険。
でも中には定期預金100万円、外貨で200万円、株で100万円、などというバランスが偏った人もいたりしますから、ストックの中身分析も大事です。

家計診断は、キャッシュフロー分析とストック分析のセットで見なけりゃ意味ありません。

さらにレベルを上げて診断する場合は、他の資産、不動産も見ます。
住宅ローン残高2500万円、今の売却価格1500万円ならば、この家は、資産じゃなく債務超過なのですね。ローンが払えている間は大丈夫です。でも万が一のことを考えるとこれは是非とも検討しておきたいことであったりします。


で当面の家計が大丈夫だとすると、次に考えるのは万が一の時、つまり保険。保障分析です。実は、貯金のない人ほど保険は大事なのですが、これについては家計診断ではないので、またの機会に書いてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/16

詐欺対策;ATM出金オートロック

昨日に引き続き、銀行関係の話題です。でも話題は全然違って、キャッシュカードの不正引き出しセキュリティの話。

ATM出金オートロック!

三井住友銀行の口座ロックのサービスです。4年ほど前からやっているらしいのだけど実はごく最近まで知りませんでした。

通常ATM出金の口座をロックしていて、使う時にのみ、インターネットバンキングや携帯モバイルバンキングからロックを解除して出金するという、セキュリティ対策です。
出金後は自動的にロックがかかる。

他の銀行でもやっているのでしょうか?聞いたことがありません。

ちょっと不便な気もするけど、盗難対策にはかなり有効な気がします。キャッシュカード落とした時とか結構ドキドキしちゃいますから。(数年に1回落としている>俺)

生体認証ICカードとかワンタイムパスコードとか、発行手数料かかっちゃうけど、これはタダ。

出金した時にメールでお知らせするサービスなんかはかなりの銀行が始めているように思いますけど、このサービスは地味に面白い、なんて思ったのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/15

変額年金の資料集め


原稿書きの題材として、変額年金保険を取りあげることになり、ちょっと前に資料集めをしました。
銀行や証券会社がそこかしこに林立する京都四条烏丸界隈。道を歩いてると、上手い具合に店の前に大きく掲示してあるポスター広告を発見!つかつかと中に入ります。

どっかにパンフ置いてあるだろ? きょろきょろ見渡しても、あるのは口座開設とか自動引き落としの申込みとかローンのやつしかありません。
もっと中にあるのかなぁ…
ずんずん入って、きょろきょろ、、、、すっかり不審人物です。
やはり声を掛けられました。

「いらっしゃいませ、どのようなご用件でしょうか?」
「変額年金の資料欲しいんだけど。簡単なパンフでいいんだけど」
「変額年金は特殊な商品ですので担当者からご説明と一緒にお渡しすることになっているんですけれども、少々お時間いただけますか?」
「まあ資料貰うのに説明聞かなきゃいけないんだったら仕方ないね。」
「では、この番号札でお呼びしますので。」
現在の待ち人数、4人。俺も相当ヒマジンかも、資料集めって結構大変。

「どのような変額年金を・・・・」
「って、その資料が欲しいんだけど。まずはポスターに貼ってあるやつ下さい。」
 ( 中略 )
「他の商品はどんなのがあるのかな、それの資料もくれる」
「少々お待ち下さい・・・・・いろいろあるのですが、今お渡しできる資料は先ほどのやつだけでして」
「なんやそれ」

うーみゅ、解せぬ対応。別段ヘンな態度はしなかったはずなのだけど・・・・・売りたい商品しか出してこないのかそれとも不審者に間違われているのか、それとも覆面モニターに間違われたか。

この銀行、イマイチだなぁなんて思ったのでした。
20年以上付き合っている国内最大の超メガバンクなんだけどねぇ。合併で漢字の銀行名にアルファベットがついたころからどうも変な気がする。

-----

ちなみにこの後、2銀行+1証券会社をまわりました。
国内最大手の証券会社さんは、店頭の棚に出してある分だけですという、そんな訳ないだろ的ウソ八百で、すげない対応でした。
地元の地銀さんは、住所氏名電話番号以外の個人情報まで書かされましたけど、説明は短時間で要領が良く的確でしたね。(>ここも本来あまり好きな銀行じゃないのだけど好感度アップ) 

銀行によると言うより、担当者の資質が重要なのかなぁなんて思ったのでした。

ちなみに資料集めという点では、自宅でインターネットの方が早いです。でも実際にお話を聞くということも原稿書きには多少有益だなぁなんて感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/14

リボ払い;3500円のものを5000円出して買う?

私のツタヤカードが更新時期を迎えて、新しいやつが送られてきました。
 アプラスカード、 リボ金利は12.6%であるものの、キャッシング金利29.16%(グレー金利)をいまだに使っている信じられない会社であったりします。【追記 2012 金利改定されています】
 
ところで、ツタヤカードと言えば、一般にはファミ○カードをさすらしい。同じTカードでもファ○マカードのクレジット機能付きのやつは金利は18%(リボもキャッシングも同じ)。しかもリボ払いの癖にミニマムペイメントなんていう新名称をつけているところがやや胡散臭い。

 「いくら使っても月々5000円の支払は、安心よね♪」
  (デフォルトは10万円の残高で月5000円のリボ払い。)

金利18%を月に直すと1.5%だから、例えば、10万円の残高が残っていれば、月1500円の利息。

 5000円払っても、利息が1500円、元金は3500円しか減らない!
 
 3500円の物を5000円払うようなもの、しかもその翌月もその翌月も・・・
 (※細かい計算は省略します。突っ込まないでください。)

もっとも私のメインカードのVISAも良く似たものです。年会費がタダになるとか、ポイントが2倍3倍になるとか、頻繁にリボしませんかと奨めてきます。その分しっかり利息払うっての。
 
----

  今月ボーナス少ないしローンで精一杯、なのに
  お正月は結婚祝いを兼ねて親戚一同集まることになっているし…
  そんな時に子供がお隣の自動車を傷つけちゃって弁償しなきゃ

なんていう泣きっ面に蜂・弱り目に祟り目状態に陥れば、リボ払いも使いたくなると言うものです。ですがそんなことをするとダルマさん状態です、手も足も出なくなる。
サラ金のような何百万という額ではないだけに安易に利用しがちですが最悪の借金を持っている状態と同じです。
 リボ使う時・使った時は、残高に注意してください、そして、残高が無くなるように追加支払いしてください。長くても半年以内に残高なくなるようにね。
 今、リボ依存症の方、これ止めるだけで家計向上します。
 
----

 実は私サラリーマン時代にリボではありませんがクレジットカード依存になったことがあります。25日に給料貰っても翌月10日には残高がない、だからまたクレジットカード。財布にお金が入っていない物だから1000円以下の物でもクレジットで買うようになって、こうなると、もう何にどれだけ使ったか分からない状態になってきます。1000円の買い物と1万円の買い物の感覚が同じ。しかも毎月毎月利用額がだんだん大きくなってくる。

 これはヤバイ ヤバイぞ、 本当にヤバイ
 どうすりゃいい?
 
  心入れ替えました。
  ボーナス月にリセットしました。
  1年間ほどカード持ち歩くの止めました。

 

 12月はいろんな意味で家計のリストラ、リセットする良いタイミングです。
 不況・不景気・不機嫌・不満に不安、、、まずは自分の家計から見直してみると、実りある成果があると思いますよ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/11

国の借金は過去最高! フツーまずは議員のカットだろ

国の借金が9月末現在で 合計865兆円!!。

  普 通 国債 563兆円
  財投特別国債 127兆円
  短 期 証券 114兆円
   そ の 他  61兆円

(財務省 国債及び借入金並びに政府保証債務(H21.9月末)より
   http://www.mof.go.jp/gbb/2109.htm)

過去最高だそうです。
税収不足でさらに悪化するそうです。

地方自治体が財政再建団体になれば、夕張市のように公務員の給料も下がって住民サービスもおかしくなる事態になって、公務員辞めないとやっていけない、みたいな状況になるのに、国だとなぜ財政再建団体にならないんでしょう。でもって、なぜ民主党のマニュフェスト通りに公務員の人件費2割削減!(※) を声高々に言わないんでしょうねぇ。

パフォーマンスの事業仕分けよりよっぽど大事だと思うのだけど。。。。どうも斜め上のボール球を投げられている感じがするのです。

それよりもだ!(怒)
 
  まずは、国会議員の費用だろっ!!
   定数カットでもいいし、一律報酬カットでもいいし。

  その次が予算と政策担当責任のある公務員=霞ヶ関・本庁。
   これまでの職務と責任の量に応じて削減するべきだと思うのだが。

こういう順番でやるべきなのが、国民目線だと思うのだけど・・・・・俺の目線は違うのか? ボール球よりストライクが欲しいのだ。

※民主党マニュフェストからだと、現在5.3兆円から1.1兆円節約することになっています。

将来、日本国債の信用力が低下して、「安全な債券です」と言えない状況になるかも。その時は物価やGDPにかかわらず国債金利が上昇してくるはずです。そのときのリスクを抑えた資産運用テクニック・ポートフォリオ構成が楽しみ、かも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/10

家計の貯蓄状況、 平均1478万(平成21年調査)

 毎年恒例の日銀の金融広報中央委員会からの家計調査、正式には「家計の金融行動に対する世論調査」、先月発表されました。
 
  無貯蓄世帯は 22.2%

  貯蓄有り世帯の平均値は 1478万円、 中央値は  800万円
 
  貯蓄が・・・・ 減った44.0%  増えた18.9%


        
■家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯)
 http://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/kyoron_futari/index.html

Kakeichochiku

====

 「今年は、貯蓄状況の記事書いてくれないんですか?」

 こんなことを聞いてくれるユーザーは残念ながら一人もいらっしゃません(涙)。
  「頑張れ、俺!」 「負けるな>自分」。
まぁフツーはこの時期に発表されるなんてご存じないでしょうから致し方ありませんね。。。。実は自分用に最新状況を抑えておかねばならないという備忘録であったりします。


 図にはしませんでしたが、無貯蓄世帯の割合はここ7年ほどほとんど変わっていません。
 「貯蓄増えている人なんているの?」
 貯蓄が増えた世帯、これは主に若い人に多いのです。20歳代で働き始めて、始めた時は貯金がほとんど無くて、徐々にお金を貯めていっている段階ですね。万が一のため、住宅購入のため、教育資金のため…。年齢が上がるほど貯蓄が増えている割合は減っているようです。
 

 ちなみに借金の方はというと、
 
 住宅ローンのある世帯の平均借入額は1209万円、年間返済額は126万円
 
 だそうです。

【昨年の記事】
 ● 平均の貯蓄額1508万 !(平成20年調査) (2008/12/10)

FP-若年・新婚・サラリーマン, FP総合, ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/09

まだまだ悪化?!景気動向指数と景気ウォッチャーDI

昨日、内閣府から景気ウォッチャー調査の結果11月分が発表されました。

横ばいを50、それ以上なら景気↑、それ以下なら景気↓という調査なのですが、
11月の結果は、過去最大の下げ幅で、33.9(現状DI)、先行きDIも34.5と、50にはほど遠く、”お先真っ暗”的景況感を示しています。

景気ウォッチャー調査、これは、聞き取り調査で行う人間的な調査でありまして、例えば、レストラン経営者から「ランチ時間の客が減っている」とか、タクシー運転手から「法人の利用が減っている」とか、量販店店員から「高級品は売れない」とか「薄型テレビは伸びている」とか、こんな調査結果を積み重ねる物です。

一方、景気の指標というと景気動向指数という物がありまして、これは、大口電力の使用量とか、労働時間(残業時間)とか、有効求人倍率とか鉱工業生産指数とかこういったものを使って指数化したもので現在2005年を100とした数字で表しています。

景気ウォッチャーは「50なら横ばい」であるのに対し、景気動向指数はグラフの傾き、増えたか・減ったかを見る点が大きく異なります。

さて、この景気ウォッチャー(現況DI)と景気動向指数(CI一致指数)をグラフにしました。

 Keikishisuu

ここ数ヶ月上向きの兆しが出ていたのですけれども、急速に落ち込み始めています。さて景気動向の11月分の発表はまだです、来年正月明け11月8日発表予定。さてどうなるでしょうか。


消費関連ニュースでは、経団連加盟企業ボーナス14%減だとか、海外旅行の予約客数が数%減だとか、お歳暮ギフトがまれに見るくらいの低調、だとか…まあ暗目のニュースが目白押し。

こんな時には、無理に貯蓄を続けようなんて思わない方がいい。
月三万円の貯金を一万円にすれば、あなたの生活は将来どう変わりますか? さほど変わらないのならこの浮いた二万円を使ってしまうのも良いんじゃないかと思います。でももちろん無駄遣いはダメ。一年後二年後に、今買っておいて良かった・経験しておいて良かったという物にお金を使うのがよろしいかと。つまり自分の財産(体験という財産)になるものに使うということ。
 
 「Xmasクリスマスは二人っきりで」・・・子供がいれば出来ません。
 「子供と一緒に遊園地」・・・大きくなったら相手にしてくれません。
 
今の年齢でないとできないこと、なんて誰にでも一杯ありますよ。

もちろん、給料カット・ボーナスカットでそれどころではない人も大勢いらっしゃるでしょう。首カット(首切り)、うーん、もっとこれは厳しいかも・・・・・給料半分で生活する体験、1年続けられれば考え方変わると思いますよ。(←これも一つの体験かもね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/08

万引き被害 都内推定670億円

書店やドラッグストア、スーパーなどの業界17団体が参加した警視庁での官民合同会議。
東京都内の万引被害推定額が、平成19年だけで約670億円!

万引き被害、年670億円 警視庁試算(日経NET)

たかが万引きされど万引き、ちりも積もれば山となって、670億円。
東京都内だけですから全国で見るとこの2倍3倍なのでしょう。

先日も大阪市内の西成区で小さなお店をやっている方から、
「もう万引きが多くて多くて」
こんな話を聞きました。

万引きは、青少年だけじゃなく大人もいっぱいしますけど、小さい時の教育が大事だとするならば、業界が100億、200億を拠出して倫理教育をしても割に合う、なんていう計算が出来そうです。

じゃあ拠出できるか、これはなかなか難しいですね。

金は天下の回りもの、とは良く言ったものです。結局こういうお金は誰かがどこかで負担することになるわけで、社会に対してどうお金を使うのか、こういう視点がないと解決策は見えません。

=====

今年、お袋がペースメーカーを入れ替えました。先日、実家に帰ると、奈良県後期高齢者医療広域連合というところから医療費の明細が来ていましたが、総額130万、前後の入院を入れると150万円ほどの医療費です。でも医療費一割負担でかつ高額療養費を使っているので、実際に支払った額は12万円くらい。
「健康保険があって良かったなぁ」
フツーの人はここまです。でも残り138万円、これがどこから来たかというと、他の人の保険料や全然関係のない保険組合からの拠出金、それに税金です。

●お金の流れを知るということ
 税金でも家計でも自分のお小遣いでも、どこからいつ入ってきていつ出ていくかどう出ていくか、どんなときに入ってこなくなるか、これを考えることはとても大事なことです。
 今年はリストラや給料カットで予定通り入ってこなくなった。これ家計にとっては月2万のカットでも切実だと思いますが、国家予算(一般会計)でも2年前は50兆円あった税収が37兆円、マイナス13兆円です。

 じゃあ何をカットするの?それとも増税?
 
 事業仕分けの成果が1兆6千万ですから、もっともっと仕分けしないことには大量国債発行ということになりますね。それは将来の借金を作ると言うことに他なりません。
 
 不要な物、無駄な物をはぶいて節約 だけでは済まない。
 どう前向きなお金を使うのか、将来のために使うのか。家計でも国家財政でもこれを考えないと前に進みません。
 

 「私の会社も大きくなって、これだけ税金納められるようになりました」

こんな事を言っていた昔の人は偉いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/07

総合口座の自動借入、常識ですよね

新社会人の中には、銀行の総合口座の自動借入を知らない人もいるんだなと思ったところだったりします。総合口座!どこの銀行でもあります、というか無いところを知りません。

 「残高がマイナスってどういう事ですか?」

 ●普通預金(こちらで、公共料金とかクレジットカードの引き落とし)
 ●定期預金(ボーナスの時に入れるとか、毎月積み立てるとか)
 
この二つが組み合わされているのが総合口座です(簡単に言うとね)。
定期預金があればその90%以内で自動貸付ができます(※)。すなわち、普通口座に残高がないのに引き出せたりとか引き落としができたりとかです。通帳にマイナスで表示されます。残高−13450円なんて風にです。

通常の金利は、定期預金の利率+0.5%。(今の定期預金0.35%くらいですから0.8〜0.9%ってところですね)
消費者金融で借りると、15%〜18%なので、とても低い金利です。って定期預金が担保名訳ですけどね。


定期預金が10万円あって、引き落としで−1万円になっちゃった。給料日が来るまで15日間マイナス。こんな時の利息計算は、

  10000×0.9%×(15/365)=4円。

利息4円が利払い日に引かれて計算される。こんな風になっています。

(※)90%以内、かつ、200万円以内


サラリーマンで定期的に積み立てたい方、給料日に合わせて自動積立毎月1万円とかを申し込んで、貯めながら便利に使う。
残高あると使っちゃうって人は、強制的に多めに積み立てて多少の利息払いには目をつむってガンガン貯める、なんていう方もいるそうです(本で読んだだけですが)。

・・・ま、中にはいつもマイナスだ!なんていう方もいらしたりしますけど(←それだったら定期預金解約した方が良いんじゃない?)

総合口座! 常識だと思っていたのですが、確かに、銀行と無縁の生活をしてきた人にとっては教えて貰う機会がないのだなぁ、なんて思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/04

空家を賃貸に出したい

親の知り合いの方です。来年から家を貸そうかと考えているらしい。

 「子供の援助、というか孫の教育費なんですけど、来年高校の長女(孫)と中学校の長男が両方私立で援助してやりたいなと思いまして、もう一軒の空いている家を賃貸にしようかななんて思っているんです」
 
 「たしか●●にお持ちでしたよね、あそこは便利なところだしいいですね。築何年になりますか?」
 
 「本当は向こうに住むつもりだったんですけど結局20年経ちました、ほとんど家の荷物の倉庫になってますけど」
 
 「じゃあ改装は必要ですね。どれくらいの家賃で貸せるのか、でどれくらいリフォームにお金掛けるのか、まずは不動産屋に行くとかして相場が分からないとどうしようもないですね。今は空き家・空き室が多くて中途半端な物件は借り手がいませんし。信頼できそうな不動産屋さんご存じですか?」
 
 「弟の知り合いに●●ホームの人がいるのでそこでリフォームして貰おうと思っているんです」
 
 「じゃあその人から不動産屋さん紹介して貰ったらどうですか。建築屋さんは流通のことはわかりませんし地元の情報は地元でしか分かりませんから。それに最終的にはどこかの不動産屋さんを通して貸すことになるでしょう、だから向こうも親切に対応してくれますよ。長い付き合いになりますから信頼できるところを選ぶというのはとても大事です。自分との相性というのもありますし、いくつか回ってみた方が良いと思いますよ。」
 
-------

 親の知り合いだからご夫婦共に昭和一桁世代で高齢です。たぶんこの方、結局貸さないことになるんじゃないのかなぁなんて思ったのでした。まあどうなるか何とも言えませんけど。
 まずは相場状況・流通状況が分からないと資金計画もターゲットも何も決められません。リフォームでお金掛けるとすると例えば半年分とか1年分とかは赤字でその後黒字になるというキャッシュフローになります。それにリフォームして賃貸契約作って広告流して、なんてことを一つ一つクリアすると結構大変だったりします。
 次に、毎年の収入が増えるわけで、月10万円で年間120万円。経費を引いても、年金生活の旦那さんなら税金1割、健康保険で1割の支出増。それを避けるために特例を使って奥さんに不動産を贈与した後賃貸に出して、青色申告して、、、、ここまで出来る人じゃないような気がする。それを誰かに頼むとするとそれだけ収益を圧迫するのでますます黒字化が遅くなる。

 節税! 節約! 節健康保険! 土地は父親の名義、建物は奥さんや子どもの名義、これで上がってくる賃料収入が誰に入るのかで、税金やキャッシュフローが、ガンガン変わります。相続税計算の資産評価もガンガン変わります。

 相続「税」対策でもなく相続「分割」対策でもなく、「収入」だけで賃貸を考えているならば、年齢的にも精神的にも体力的にも辛くてしんどいのではないか。
 しんどい=人生が豊かじゃない、だとすれば貸さない方がいいのかも。もっとも子供さん(といっても定年間近)に生前贈与して子供さんがオーナーになるというのなら別だけど。
 
 貸そうとしている家は20年前のバブルの時の家、当時推定4000万円は下らない。で今の価値は2000万以下、それを倉庫として使っている(いた)。ちょっともったいない話かななんて思ったのでした。
 
 「不動産屋さん回って、相場とか流通状況とか見て、どんな感じで貸そうかな、どれくらいの収入になりそうかなというイメージが湧いたらまた相談してください。収入が出来れば税金とかが増えるわけで、名義とか申告とかで税金がかわりますから、何も考えずにやると損しますよ。」

ちなみにうちの姉(リフォーム営業しているのですけど)が後からこの話を聞いて「どう思う」と尋ねてみると、「中古の戸建ての家なんて借りて見つけるの大変だし、お金いるんだったら売る方が絶対良い」と一蹴してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/03

仮想空間での土地売買(行政処分)

11月27日、ある会社の連鎖販売業者に対し、消費者庁長官による初めての特定商取引法に基づく行政処分が出ました。

 ●仮想空間での原野商法+マルチ

「知り合いからあるビジネスをしないかと言われてるんだけど」

こんな風に私がお聞きしたのは、ほぼ丁度1年前。

内容の概略は、インターネットの仮想空間上に街を作り、その中で土地を売買したり商売をしたりするというもの。で今なら安く土地が買えて、将来高く売れますよ、というもの。そして、本筋は代理店契約料約40万円、子会員を集めればそのマージンも出てきますというもので、実際5人10人と集めれば元は取れるものであったようです。
現在会員(代理店契約した人?)が2〜3万人いるそうです。
一人40万円として集めたお金は総額100億円くらいでしょうか。

行政処分の発表(消費者庁)
  http://www.caa.go.jp/trade/pdf/091127kouhyou_1.pdf


=====

最近の消費者庁・生活センター関連の話題では、

 ◆太陽光発電の訪問販売
 ◆改正商取引法施行(12/1〜)
  必要以上の大量購入(布団5組とか健康食品3年分とか)
  に対し1年間のクーリングオフ(契約解除)可

こんなところがホットな話題です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/02

兄弟愛とお金はどっちが強い?

タツヤとリカは、幼い時に預けられた、児童福祉施設いわゆる孤児院と呼ばれる所にである。
ある日タツヤが、真剣な表情でリカに言う。

 タツヤ 「リカ! リカは来週から叔父さんの子供になるんだ」
 リ カ 「なんで?どういうこと?」
 タツヤ 「もう一緒に遊べないってこと」
 リ カ 「そんなのヤダッ」
 タツヤ 「叔父さんはお金持ちだから、美味しいものも食べられるしおもちゃも買って貰えるぞ」
 リ カ 「そんなのいらない。お兄ちゃんと一緒が良い」
 タツヤ 「リカは良い子だからお兄ちゃんの言うこと聞けるだろ」
 リ カ 「エーン、やだやだ、エーン」


とあるRPGゲームの冒頭の話しである。(多少作りましたが・・・)
リカはお金よりも兄妹愛を取りたいわけですね、当人にとってはお金なんてその程度のものなのです。


「愛かお金か」

主婦向けセミナーで

「100万円と愛とどっちが欲しい?」

なんて質問すると、結構、100万円という答えがあったりします。

  兄妹愛、家族愛、夫婦愛、親子愛、、、、、お金じゃ買えません

 資産運用の話、税金や年金などの制度の話、ローンの話し、どれも「人生とお金」の話しなのですが、その話しのうしろには必ず、上の様々な「愛」の話が横たわっている、はず。

なのに一方で、お金でもめればとてもやっかいなのが、これらの「愛」であったりします。
 借金でもめている兄弟
 遺産相続の嫁と姑の争い
 疑心暗鬼の贈与・・・・など

もちろん「真実の愛」もあれば「偽装の愛」もあります。

これらひっくるめて、相談にのれるのかなんて自問してみれば、ちょっと自信がなかったりしますね、はい、、、、でも、頑張ります。


 「俺は大学行かないで働くから、弟を進学させて」
とこんな弟思いのお兄ちゃんもいれば、

 「兄弟揃って、登校拒否になりました」
とこんな兄弟もいたりします。

 「姉妹揃って不倫中」
なんていうメロドラマみたいな家庭もあれば、

 「父親は事故で半身不随、子供達は進学させたいのだけど…」
なんていう苦労の多いご家庭もあったりします。


=====

 人間なんてどんなに恵まれていたとしても何らかの悩みはある!だとすると、その悩みを乗り越えるのに「愛というアイテム」を使うか「金というアイテム」を使うか。
 どっちでも乗り越えられるんですけどね、本質的には、愛の方が勝っていると思います。
 リカの選択が正しい。だって子供の方が正直だから。
 
 だから、お金は、
 「兄妹愛、家族愛、夫婦愛、親子愛、師弟愛、友人愛、…」を育てるために使う
のが正しいお金の使い方
、そんな風に思います。
 
愛とお金ではなく、愛のためのお金、なのです。


(※でもクリスマスプレゼントでローンを使っちゃダメです。もし愛が空振りして、もしローンだけ残ることになると後悔がいつまでもいつまでも残っちゃいます)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/01

事業仕分けのあとは、いよいよ予算(国家予算)

ま、報道されているように、良い面と悪い面の両方があった現政権の「事業仕訳仕分け」。
事業仕分けで今までとは全く違う角度から天下りにメスが入ったように、国家予算、こちらの方がメインだと思うのですが、この総予算の組み替え、とても期待しちゃってたりしています。


3兆円削減を目指した事業仕分けの成果が1.6兆ほどで、そのうち半分は基金の返納ですから、本当の成果は、全体90兆予算の1%も無かったということで、スーパーの広告で言う、

「高級和牛100g2000円を9割引き! ただし限定20個」みたいな目玉商品だけが安いんですよ、他はあまり変わりませんよって感じが否めない。

まあ、少ない時間で頑張ったとは思うのですが、パフォーマンスが上手い、という印象をうけちゃったりしました。


でこれから予算案作成の時期に突入していきます。
これからどう予算ができてどう使うのか。これが政権が変わって一番気になるところ。

マニフェスト「国の総予算を全面組み替え、税金のムダづかいと天下りを根絶します。」

現政権ができて、今のところ経済が活性化するようなお話しはまったくなく、3ヶ月程度で活性化の話しができるはずもありませんが、子ども手当も失業対策も経済対策も、それから経済が活性化されるはずの高速道路無料化も医療制度改革も年金問題も、まだ始まる前の段階。

まあ何となく、外交も金融も、ちょっとずれちゃっているような感じがしなくもないのですが、みんなが選んだ政権ですし、旧与党でも中身は違えど、ズレズレの政治ですから、ここはとりあえず思いっきり期待することにしましょう。

(結局の所、総選挙の世論は、旧与党では出来なかったことを民主党が変えてくれ、という世論であって、こんな風に変えてくれ、という具体的な国民の意思表示ができていないからであって、福沢諭吉さんの言うところの、『国民一人一人が自律(自立)して賢くならなければ政治そのものは賢くならない』、っていう話しなのかなぁ、とNHKドラマ坂の上の雲を見ていて思ってしまいました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »