« 商品券で節約!(チケットショップ) | トップページ | 土ショウガとアルミホイル »

2009/11/09

年金の繰下げ・繰上げ、損得計算

今、年金の標準支給開始年齢は65歳です。前後5年間の繰上/繰下支給ができますが、

  5年繰り上げると、年金は−30%カット 
             (10万円なら7万に)
  5年繰りさげると、年金は+42%増額
          (10万円なら14.2万円に)

になります。
   繰り上げる時はひと月当たりー0.5%減額。
   繰り下げる時はひと月当たり+0.7%アップ
です。


Kuriagekurisage


前後3年で繰上/繰下を計算しました。
80歳以上越えて生きるのなら、繰りさげた方が得になります。
でも寿命ってわからないんですよね。

そんな時の考え方、

(1)明日からの生活もままならない、
  こんな時は、少々年金額が下がろうが、先に貰ってください。
  今の生活ができないのに無理して繰りさげる必要は全然ありません。
(2)まだまだ働いてよ〜、とか、小遣い稼ぎに週3で働かない?
  こういう間はバリバリ働く。
  バリバリって言っても、現役時代とは違うので自分の時間を楽しみながら働く。
  (いきなり毎日日曜になったら老けますよ、絶対)

 実は、ライフプランで見てみると、寿命は女性の方が長いです。

 で、旦那様が先になくなって遺族年金になる(世帯収入は6割になる)、とか
   介護状態になってお金がたくさん必要になる、とか

こういう方、もの凄く増えています。もし資金を確保したいのなら繰下げするというのも一つの考え方です。歳を重ねると、体は絶対弱ってきて医療や健康に掛かる費用はどうしても増えてきます。

 良いことか悪いことか分かりませんけど、昔は、子供と同居して、親がどんな状態であってもなんとか面倒見切れていたのですが、今は核家族、子供は遠く外国へ、なんてことも決して珍しくなくなってしまったのです。そうであれば、将来の資金を確保した方がいい。

まああとは、自分の貯金とライフプランの兼ね合いですかね。ご夫婦の場合はそれぞれの収入に関係してきますしね。

繰上・繰下だけに限るとどっちが得か?ってのは、自分の寿命(遺族年金だと奥さんの寿命も)とのギャンブルで、長生きすれば得、早く亡くなれば損、という命掛けた丁半勝負ですからあまり気になさらない方が良いような気がします。

|

« 商品券で節約!(チケットショップ) | トップページ | 土ショウガとアルミホイル »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/46647261

この記事へのトラックバック一覧です: 年金の繰下げ・繰上げ、損得計算:

« 商品券で節約!(チケットショップ) | トップページ | 土ショウガとアルミホイル »