« トラブルは忘れた頃にやってくる | トップページ | 学資保険;満期金370万円の予定が230万円しか出ない! »

2009/10/19

消費動向調査、暮らしは底を打った?!

先週14日内閣府発表の消費動向調査、これは消費者の観点から、暮らし向きとかを聞く調査なのですが、この中から、レジャーに関する消費者態度指数を取り出しました。

これを見る限り、底は打ちました\(^o^)/ という感じです。


Taidoshisuu


2年ほど前からのガソリン高騰・食料品の値上げ、それから昨年の世界同時不況、これらを経て、なんとか持ち直しているという姿が捉えられています。

でもレジャーそのものにお金を掛けているのかというと、「安近短」がここ数年来のトレンドではありまして、インフルエンザの影響などもありますし、旅行業界の苦戦が聞こえています。

意識としてかなり向上してきたというより、慣れてきたという感じなのでしょうかね。

----------------------

私の周りでは、ここ数年、海外旅行に行ったというような優雅なお話しはすっかり消えてしまいました。かわりに、生活苦のお話しの方が増えています。

 「相続で土地を貰ったが、家を建てるお金がない」
 「相続で余っている家を売って、現金にしたい」
 「主人がリストラされた、というか倒産状態で、しかも奥さんもパートが打ち切り」
 「子ども2人で、相続財産を分けようとしたら隠し子がいた。もめている」
 「交通事故の賠償でもめている上に生活が成り立たない」
 「どうも給料が上がりそうにないので結婚できません、転職考えます。」

どちらかっていうと、思いっきり不景気な話しの方が多いのです。

そんな中でも、明るく元気な声もあります♪

  「やっと家が建ちました。家族みんなで暮らします。」
  「定年退職する予定だったのが、今までと同じ条件で残ってくれと
  言われました、老後の住まい探しは、もう少し後にします。」
 「先祖のお墓もこっちに持ってきたし、こちらで一生過ごすことにしました」
 「取られていた自宅、裁判で勝ちました。」
 「やっと退院できました」

ま、皆さん、いろんなお話しがあったりするわけで、
とりあえず「もぅ死んじゃう」まで落ち込んでいないのなら、

   息抜き出来る時に息抜きして、
   元気な自分を取り戻してくださいませ。

『人生にはお金が一杯詰まっています』から、ちょっとくらい息抜きしたってバチ当たりません、たぶん♪

レジャーの話しはまた別の機会にお話ししますが、「チャレンジする」という体験型レジャーが最近のトレンドのようです。

|

« トラブルは忘れた頃にやってくる | トップページ | 学資保険;満期金370万円の予定が230万円しか出ない! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/46486020

この記事へのトラックバック一覧です: 消費動向調査、暮らしは底を打った?!:

« トラブルは忘れた頃にやってくる | トップページ | 学資保険;満期金370万円の予定が230万円しか出ない! »