« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月に作成された記事

2009/10/30

「老後いくらあったらいいですか?」という質問

 
  「老後いくらあったらいいですか?」

 こんな質問があります。

以前はそんなにもこういう質問はなかったと思うのですが、最近出てきたのはなぜでしょうか?
それは、平均寿命がどんどんどんどん長くなっているからですね。

例えば65歳で貯金2000万でも
「平均寿命70歳のプランと平均寿命90歳のプランは全然違う」からですね。単純な下の図を見てくだされば分かると思います。

少子高齢化、知らない人はいないと思うのですが、20年間分って考えると、少々お金が2000万円あっても5000万であっても、こころもとなくなってきます、、、、きませんか?

Zandakasuii

----------

自分はどんな老後を送りたいか、これを真剣に考える人ほど、人生は充実すると思っています。

 ・どれくらいの生活レベル(支出レベル)に設定しますか?
 ・年金はどれだけですか? 働きますか?
 ・家をリフォームする必要は?引越の予定は?
 ・自動車は何回買い換えますか?
 ・子ども・配偶者・親族に最低どれくらい遺したいですか?
 ・生活の援助や同居を考えますか?
 ・介護が必要になったらどうしますか?

 プランが無ければ、答えようがありません。だから私が相談を受けると逆にいろいろ質問することになります。
 ○○歳になった時に、これだけ残っていればいい、これを考えるのがライフプランだとも云えます。必要なお金をどうやって用意するのか。年金は税金は健康保険は、と考えて、足りているのか足りていないのか、足りないのなら働くのか殖やすのかとか。(※殖やすにはリスクを取る必要がありますので、必ずしも幸せとは限りませんよ。まあ年3%程度を殖やすにはそんなに難しいとは思っていませんけど)

つまり結局はどんな生き方をしたいのか。

これができれば「老後いくらあったらいいですか?」という質問の答えは自動的に出てきます。
そうでなければ、いくら貯金があっても、「減っていくっていうことに不安」でいつも貯金が減ったなぁと嘆くだけの人生になってしまうと思います、というかそう言う人が結構多いです。

  →共働きで公務員だったなんて方は夫婦それぞれ25万の年金で毎月50万の生活費
  →ホームレスの人は一日数百円、月1万円以下とかの生活費です。

こんな数字を出したところで意味がありません!私のメインの仕事である人生の充実のためのご相談、「ライフプラン」は、人生を充実させるチャンス!だと思っています。

------

相談に来られる方は何かしらの悩みをお持ちなのですが、一方で周りを見回すと、もの凄く充実しているんじゃないのかなぁと思える人が時々いらっしゃいます。何故、充実しているなぁと思ってしまうのか、これ実はわかりません。このテーマをもう少し掘り下げないといけませんね。明確にこれ!ってのが私自身わかっていないんです。
でも大抵、何かしら、「手を動かすこと」をされておられる、そんな気がしています。

ライフプランでお金の心配もなく、かつ、自分自身が充実した生活、、、、理想ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/29

犬の夜間診療、4万円

そろそろ風呂入ろうかな、と思った時間にめずらしく親から電話が掛かってきた。
こんな時間に親から電話なんて良い知らせのはずがない。
電話に出ると、泣きそうな声。

「○○(犬の名前)、夕方から動いてない。」
「晩ご飯も全然食べてないし、寝返りも打ってないし、それに、、、なんか冷たい」
「(いつもは嫌がる、)足の裏当たりをそーっとくすぐっても動かない」

毎日世話している本人が言ってるのだから尋常じゃないことはわかるのですが、矢継ぎ早に電話で状況報告されても、動かない犬を私はどうしようもありません。

「どうする?」
「どうしたらいい?」

以前、お世話になったペット病院には夜間診療があります。目の義眼手術やレーザー手術をして貰った病院です。CT/MRI、ペースメーカー手術(←犬だよ)もするおおきな病院。でも電話して聞いてみると初診料だけで4万円。タクシー飛ばして治療もしてもらうとなると軽く10万円越えそう、ちょっと考えます。人間のインフルエンザの夜間診療の比ではありません、家計的に。

前に飼っていた犬はフィラリアからくる心臓病で半日ほどグッタリしてあと冷たくなっていった。
5年前に亡くなった親父も朝、冷たくなっていた、というかぬるかった。
こんな事を思い出してしまう。

「とりあえず水飲ませてみた?」

水差し(というか、檻につけてあるの給水器なのだけど)をもっていくと、
「ちょっと飲んだ!」 とのこと。

「取りあえず一晩、様子見ようか。タオルかなんか掛けてやって。
 食べ物は無理に食べさせなくていいから。水だけ時々ね」


翌朝あさ8時、お袋が犬の横で
「大丈夫か、しんどいのか」
と撫でてやっていた時に、心配していた姉がやってきた、そのとたん!、尻尾振って起き出した。

 『お前、動けるんかいな』、と思ったそうだ。

ま、しんどそうではあったらしいが、心配するほどのことは無かったらしい。


ペット保険には、アニコムやアリアンツ、小規模共済などなど最近だんだん増えてきているようですが、やはり人間と同じく高齢になると入れませんし、加入時点で発症している病気は保険は不担保です。それにワクチンなどの予防系の費用も全くダメ。
ペット治療は高額なだけに保険に入っておきたいもののコストパフォーマンスを考えるとなかなか二の足を踏んでしまいます。

10年前、ペットショップで16万円で売られていた柴犬、生後3ヶ月半というちょい売れ残りのため10万円にディスカウントされていたのを買ってきた経緯があるのですが、すでに両目の治療に100万円かかった上に失明です。
はふっ(ためいき)。

ま、可愛いんですけどね。

dog
  (↑ うちの柴犬 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/28

住宅ローン審査に健康保険証が必要な理由

住宅ローンを組んだことありますか?
健康保険証のコピーが必要でしたよね、もうお忘れかもしれませんね。

年収の証明に源泉徴収票3年分、とかいうのはすぐ理解できると思いますけど、でもなんで健康保険証が必要なの?

本当にその会社に勤めているとかの証明? なんて思っている人もいるかもしれませんね。

実は、勤続年数のチェックなのです。

健康保険証には受給資格取得の日というのがあります。入社日とかです。
で、これで勤続年数が分かるというわけです。
ローン審査に勤続年数を嘘ついてもダメですよ。

====

 最近、転籍・出向なんかで健康保険証が変わってしまう人が稀にいます。
小さい企業だと、会社が倒産しそうだからと一旦、請負業務で自営業になって下さいなんて言う場合もあったりします。

 現実仕事も収入も変わっていないのに、健康保険証だけが変わって勤続年数だけが3年未満になってそれでローン審査がはねられるなんていうのは出来れば避けたい事情です。
「予備審査で、勤続年数10年ってなっていますけど健康保険証では3年ですね、何か理由がありますか」と聞いてくれればいいのですけどね、ローン審査にはねられる時というのは、なぜはねられたのか、あまり教えてはくれません。
 住宅ローンの場合だと、物件の方ではねられる時もありますし、最近は銀行業務が吸収合併でごたごたしているせいで、銀行側の都合ではねちゃう時もあるようです。(銀行の今月の枠がこえちゃったとか、社長が一声あげて審査がちょい厳しくなってその合間に偶然ローン審査を出したりなんかするとちょっと保留ね、なんてことになるとかね。ま、いろいろとあるみたいです)

 該当しそうな人は、予備審査時にちゃんと説明しておく方が良い場合もあると思いますよ。

※ちなみにブラック情報と言われる信用調査。大手3社くらい銀行系・信販系などいくつかあるのですが、これ、ローンのあるなし、カードの枠以外とかの情報以外にも、ローン審査のために照会したという記録も残ります。それと、よくブラック情報は5〜7年で消えるということなのですが単に数年前の情報に×がつくだけで見る人が見ればわかるということらしいです。(このあたりは、貸す側が少々リスクを冒しても貸して利息収益を上げたいなぁなんていう思惑と関係するみたいですし、当然どこから借りているかなんてのもチェックされます。)


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/27

喫茶店開業前のお話し

「昔使っていた家が余ってるのでそこで喫茶店、開こうと思うんです。
 ちょっと倉庫とかに使っていたこともあって、スペースが結構あるんで
 500万円くらいで改装してもらったら使えそうなんで」

「へーそれは楽しみですね」

「古いパイプ椅子くれるって言う人がいるんでそれを貰って、テーブルは
 適当に集めて、コーヒーサーバーはなんかレンタルしてくれる所が
 あるそうですし」

「えっえっえっ、いわゆる喫茶店じゃないんですか?」

「レストランに行ってたことがあるおっちゃんが働いてやるって言うんで
 その人に任せようかなと。」

「あっ経験者がいるんですか」

「まあ経験っていっても、ちょっとの間バイトしてたみたいで、
 サンドイッチくらいしか作れないって言ってるんですけどね。
 ま、パンくらい焼けるでしょ。」
 
「ちょっ、ちょっと待って。500万円掛けて改装するんですか?」

「いつも頼んでいる工務店がそれくらいって言ってるんですよ。」

「人も雇うんですよね。」

「自分じゃできそうにないし。仕方ないかなって。いい人なんですよ、
 でも、透析で毎日病院いかきゃいけないから午後の2時から6時まで
 店番してくれるって。だからお店も2時から6時」

「ホントに始めるおつもりですか?もう少し考えた方がよろしいんじゃ…」

「みんなが集まってきてくれる場所が提供できたらいいんです。私の夢」

「夢って言われてもね…………捨て金にならないか心配しちゃうんですが。」

=========

ちょっとずれてます(よね)。
やめたほうが良いですよとコンコンとお話ししました。
(お金掛けるんだったら50万くらいにしておきなさいって言っても聞かないんだから。)

まあこんなこともあるのかと。
もう随分昔のお話しです。
(あっこの方、こんな話しは全くなかったかのようにお過ごしです。)

※昨日の記事を書いていて思い出したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/26

金庫や銀行口座にお金があっても、豊かな人生になれない人

いろんな人生とお金の相談があるのですがそこで考えたクイズです。どちらが豊かな人ですか?

金庫に(1)100万円入っている人と、(2)1億円入っている人、

金庫の中身が違っても人生には影響ありませんよね。誤解している人多いです。

(1)が(2)より豊かさを感じるは、100万円以上使った時です。
(1)と(2)の出費が同じなら生活レベル一緒です。


 「貯金 一億円あるんです♪」

ふーん、なのです。でもこれが

 「親の家が空き家になっているし、貯金も3000万円貯まったし、
  そこで喫茶店開きたいんです。私、紅茶にこだわりがあって
  紅茶コーディネータの資格もっているんです。お菓子教室なんてのも
  出来たらいいなぁとか。」

こんな事聞くと、すっげー羨ましい人生、なんて思うのであります。

=====

 「老後、フツーに生活するにはいくら必要ですか?」
 
 田舎に行けば今は土地はタダ同然ですから、2〜3人が住む家ならそんなに掛かりません。野菜を作って、ニワトリ飼って卵もらいながら時々締めて食べちゃう。
・・・・・・常に安上がりなところを転々とするのならそんなにお金掛かりません。(お金以外の苦労が増えます、たぶん)

 でもフツーは、今までのお友達と一緒にお茶したり買い物したり、多少趣味に費やしたり、、、、、今のところに住み続けるのにかかるコストを考えていないし、第一、老後20年間・築45年の家に、自分の体も家自身も住み続けられるかどうかすら危うい、だから住み続けるためのコストはかなり掛かる。
 うち親であればどこ行くのにも車。運転手がいなければタクシーなわけでこんなコストも掛かってくる。親父が死んで母のみになった今では結構なコストなのですが、死ぬまで気がつかなかったのですね。(私は気づいていたので会社辞めちゃったのですが…遠距離で親を見るってとてもコストがかかるのですけどね、本人は辞めるな辞めるな辞めてどうするって、、、まあ辞めた原因はそれだけではありませんでしたけど、というより、、、、まいっか)

======= こういう話しは置いておいて
 
投資信託の質問は結構あるのですが、口座に入ったままなら、上がろうが下がろうが豊かな人生にはなれません。

どう使うのか、の方が大事。どう使うのかを考えた時に

  「じゃあ時間があるし円高だし運用しちゃおうかな♪」

となるわけです。

使う方が分かっていないと時間が分かりません。だから中途半端な運用になるのです。それだったら運用リスクとらないほうがマシです。実際円高で痛い目にあっている人一杯いますしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/23

郵便局は税金垂れ流し?

「お子さん、大学には進まれないのですか?」
「どっちでもいいかな、と思ってるんですけど」
「将来、どっち方面に進むとかは?」
「うちの子、郵便局継ぐことになってるんです。だから学校はどうでもいいし、好きなところ行ったらって」

特定郵便局長という世にも稀な公務員の世襲ですね。明治時代に始まってかれこれ4世代くらいでしょうか。

これ、復活するのかなぁ、無くなるのかなぁ、無くそう派の人は更迭されちゃったみたいだしね。

しかも郵便局の建物、借り上げなんですよね。相場より2割高いと言われています。

===============================

私が郵政民営化にいまでも賛成なのは上のことが10年ほど前に聞いたから。
(私の相談じゃなくって、親の四柱推命の方の相談で聞いたのですけどね。その時初めて公務員の世襲があるんだと知りました。)

一応、公平のために書きます。公平のためには、郵便局の歴史を語らなければいけません。

明治政府が「郵便局を全国規模で行うぞ!」って決めた時に、あちこち地方の有力者にお願いに行ったんですよね。「郵便局の窓口やっていただけませんか」って。明治政府は自前で(税金で)郵便局窓口をバンバン建てて職員をおくほどにはお金がなかったので。

当時の有力者というのは、大名家であったり元庄屋さんであったり、その集落の商人であった家とか、集落行くとその地域の代表みたいな方がいらっしゃいますよね、そう言う人にお願いに行って、向こうも「じゃあ国のために協力しましょう」と始まったわけです。
最初はボランティア的なものだったんじゃないかなぁなんて思います。

でそのうち、予算が付いて、しっかり給料が出るようになって、公務員と自営業の中間のような立場になって、家屋も借り上げて家賃が払われるようになって、地域振興のために使える予算がついて(盆踊りとか体育祭とかで郵便局にお願いに行ったことありませんか?)文字通り、国費で地域に根付かせるシステムを作っていった。
同時に、郵政族なんていう別の資金(郵貯や簡保)が動くようになって、お金と選挙票が動くようになった。

民主党になって、郵政のトップが変わって、「もう一度、地域に根付いた郵便局にする」。これはとても良いことだと思うのですが、同時に、世襲公務員とか相場より高い家屋借り上げ代とか、こういうところに切り込んでいくのかいかないのか、とても気になります。

ただね、切り込むにしてもね、もし4代続いた農家がいきなり農業やめろっていってもすぐに出来ないとの同じで、2世代くらいかけて無くしていくような道筋たてないと進みませんよ、たぶん。

郵便局でふるさと小包を送った後に、年金を受け取ってそれを簡保に入れて、というシステムを(昔みたいに)一体化させるような記事を見ましたが、いまや、郵便局で投資信託も売れる時代。保険も幅が広がっています。以前とは金融商品のあり方が違う。

郵便局で行う事業のうち、少々赤字でも公共インフラとして残さねばならないシステムと、少々不便になったとしてもその方が契約者のためによい金融商品販売システムとをどううまく無駄無く作り上げるのか、、、、こういう議論をして頂きたいなぁ。なんかいつも賛成か反対か、だけの議論が先行しているような気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/22

ローン破綻の次に来るのは、老後破綻かも

右の欄の下に、私のこのブログに飛んできた検索ランキングが出ています。
ちょっとビックリ\(◎o◎)/!

今日10/22現在での検索フレーズランキング
     1位 : 住宅ローンが払えない
     2位 : 住宅ローン 払えない
     3位 : 住宅ローン 破綻
     4位 : 家のローンが払えない
     5位 : 共済年金 支給額 平均
     6位 : 教育費 シュミレーション
     7位 : ローンが払えない
     8位 : 職域加算
     9位 : 住宅ローン破綻
    10位 :平均貯蓄額 年齢別

10個中、6個までがローン破綻です。
     2個が、公務員の年金関係
  そして、教育費と平均貯蓄額。

人生三大資金、『住宅資金/教育資金/老後資金』。

右肩上がりの時代じゃないんですよ、なんて言われてもう5年10年経っています。
はっきり言いましょうか。給料の上がっていく時代は何も考えなくても何とかなったんですよ、『住宅/教育/老後』。でもそうじゃなくなったから考えない人は破綻する時代、ガス欠です。

次に来るのは老後破綻だと思います。今年金生活者の皆さんは、「貯金減った貯金減った」と嘆いています。(←利息7%の時代じゃないですからね。でも貯金は減って当然なんですよ、それをどううまく使うかが問題なのです)。

お金って、自動車で言うガソリンと同じ。ガソリン持っているだけでは車は走りません。
  ↑
(この比喩は、ハイブリッド車が出てくると電池になりますね。はい)

2007年2月に、「住宅ローン破綻急増するかも」っていう題で書きました(興味ある人はバックナンバーから探してね)。12月のボーナスはどこも激減みたいですから大きく表面化するのは来年春ですね。3年間の予測。
老後破綻が騒がれ始めるのは4年後からです、たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紳士の服「スーツ」;5000円?

今月はじめ、ネットのニュースで、「西友が5000円のスーツを発売」という記事を見ました。
  紳士服のAOKIが5800円で、とか
  イオンが5000円で、とか
  2着で1万5千円、という広告もありましたね。


紳士服1万円! リクルート学生は助かるだろうなぁ、なんて思ったのは、確か昨年のことだったと記憶しているですが、、、、、このままいくと来年はどうなるんだろ。

さて、紳士服のキャッチコピー、おもしろいですね。

  洗えるスーツに美脚パンツに、ハンサムスーツ(※1)、もてスリム(※2)

 まあこの辺りはいいじゃないですか…、

  「 インフルエンザ対策スーツ(※3)」
  
 なんじゃこれ?! そりゃ、インフルエンザ流行ってますけど…
 もう何でもありのネーミングになってきましたね。
     (俺、結構こういうの好き(^_^))


そのうち出来そうですね
  「僕が一番上手く使えるんだぞ白いモビルスーツ」とか
  「認めたくない若さゆえの過ちを防ぐ、赤いスーツ(シャア専用)」とか
  「雨でも大丈夫、ウェットスーツ」とか
  「激しい運動もOK、トラックスーツ」とか
  「バナナと苺のロールケーキスウィーツ」とか(違)

失礼しました。


※1青山、※2AOKI、※3はるやま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/21

訪問販売の撃退法

何故か最近訪問販売によく出会います。

  「光熱費が安くなる方法を御案内中です。」
  「地デジに変わりますし、この機会にケーブルテレビにしませんか?」
  「太陽光発電のモニターになりませんか、今ならお安く…」
  「ご近所で工事しますので少々騒がしいと思いますが…ついでにリフォームの御案内させて貰ってます。」
  「とてもタメになる雑誌をこの辺りのお住まいの方にお配りしております」
     ・
     ・

で、何故か効果がある撃退方法を最近発見しました。

  「名刺いただけますか?!」

話しの最初でないと効果がないと思われます。
何故これが訪問販売撃退に、効果があるのか分かりません。でも何故か皆さん適当にゴニョゴニョ言って立ち去られます。

-----------

私なんかだと

  「将来お聞きすることがあるかも知れませんから、
   名刺もらえますか?」

なんて言われようものなら、ホイホイ渡して、お客さんになってくれればいいなぁなんて思ってワクワクしてますし、リフォームの営業(契約社員)をでやっている私の姉も、名刺くれと言われて渡さない、なんて事はあり得ないと言ってます。

何故でしょうかねぇ。時給700円くらいで好きな時間回ればいいなんていう雇われバイトで名刺持っていないとか、こんな客はクレーマー予備軍に違いないから関わらない方がマシ・無かったことにしよう、一軒省いたってどうってことないし、というところなのでしょうか。(こういう営業のスタンスでその企業が将来的に持つのかって、凄く疑問なんだけどね。)
うーん、よく分かりません。

でも、新聞の勧誘には効果がありませんでした。
   トラックでパンを売りに来る人には言えませんでした。

電話勧誘には使えないのが最大の弱点ですね。

※相変わらず、悪質商法は手を変え品を変えて、はびこっているようです。
  何かある時には国民生活センターや消費者庁へご相談下さい。

特定商取引に関する法律では、
・事業者は氏名、商品の種類だけでなく、勧誘に先立って、販売勧誘が目的であることを明示しなければなりません。・・・・これがなかったからと言って契約が取り消せるかというと、これはまた別問題なので要注意
        (明示であって名刺じゃないからね♪ホントはね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/20

学資保険;満期金370万円の予定が230万円しか出ない!

18年間の契約で入った学資保険、保険料は月々13000円。
  満期金370万円の予定が230万円しか出ない。
  保険料の総額は 月13000円の18年間で、280万円。

 払込総額 280万円 → 満期金 230万円

高金利時代だった頃に契約した保険が、そろそろ満期を迎えます。

--------------------------------------------------------

予定していた満期金が予定通り出ない、こういうトラブルが増えています。

18年前の定期預金の金利は6%でした。
だからこの保険も販売時はそういう設計だったのですね。
でもご存じのように低金利時代になりました。

毎月の保険料 13,000円 、これは通常、実際の「保険分3,000円」と「積立分10,000円」に分けられています。
  1万円を、金利6%で18年間積み立てると、370万円。
    でも 金利0.6%なら(この間の平均金利相当) 230万円

となるわけです。

保険分3000円は、万が一の時の保険、すなわち、
  ・契約者死亡時の払込免除、
  ・  〃    年金を毎年数十万、
  ・子どもの医療保障やケガの保障、入院日額5000円
 まあ他にもいろいろ、賠償責任や親の医療保険とか特約でつけられますが、
 ついていればいるほど、保険料の部分が大きいことになりますね。

払込総額と金利6%・0.6%での積立額をグラフにしました。
  

Gakushihoken


契約時にどんな説明だったか、通常なら契約時の設計書に

  満期時には370万円(予定)が受け取れます(※)
    (※金利が変われば減額されることもあります)

こんな風に、しかも括弧書きは小さい時で書かれているはずです。

当時の保険外交員がどんな説明をしてこれを売っていたか、これはもう想像するしかありません。

  「月々13000円で、18年後370万円になりますから」
  
こんな風に契約を奨めていた保険のおばちゃんも多いんじゃないかと思いますね、裁判になる例もきっと出てくる事だと思っています。

------

ちなみに、現在の学資保険は、おおむね
  ・貯蓄目的の学資保険(リターン率110%)程度のものと、
  ・保険重視(リターン率7割)程度だけど保障が厚いもの
に分けられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/19

消費動向調査、暮らしは底を打った?!

先週14日内閣府発表の消費動向調査、これは消費者の観点から、暮らし向きとかを聞く調査なのですが、この中から、レジャーに関する消費者態度指数を取り出しました。

これを見る限り、底は打ちました\(^o^)/ という感じです。


Taidoshisuu


2年ほど前からのガソリン高騰・食料品の値上げ、それから昨年の世界同時不況、これらを経て、なんとか持ち直しているという姿が捉えられています。

でもレジャーそのものにお金を掛けているのかというと、「安近短」がここ数年来のトレンドではありまして、インフルエンザの影響などもありますし、旅行業界の苦戦が聞こえています。

意識としてかなり向上してきたというより、慣れてきたという感じなのでしょうかね。

----------------------

私の周りでは、ここ数年、海外旅行に行ったというような優雅なお話しはすっかり消えてしまいました。かわりに、生活苦のお話しの方が増えています。

 「相続で土地を貰ったが、家を建てるお金がない」
 「相続で余っている家を売って、現金にしたい」
 「主人がリストラされた、というか倒産状態で、しかも奥さんもパートが打ち切り」
 「子ども2人で、相続財産を分けようとしたら隠し子がいた。もめている」
 「交通事故の賠償でもめている上に生活が成り立たない」
 「どうも給料が上がりそうにないので結婚できません、転職考えます。」

どちらかっていうと、思いっきり不景気な話しの方が多いのです。

そんな中でも、明るく元気な声もあります♪

  「やっと家が建ちました。家族みんなで暮らします。」
  「定年退職する予定だったのが、今までと同じ条件で残ってくれと
  言われました、老後の住まい探しは、もう少し後にします。」
 「先祖のお墓もこっちに持ってきたし、こちらで一生過ごすことにしました」
 「取られていた自宅、裁判で勝ちました。」
 「やっと退院できました」

ま、皆さん、いろんなお話しがあったりするわけで、
とりあえず「もぅ死んじゃう」まで落ち込んでいないのなら、

   息抜き出来る時に息抜きして、
   元気な自分を取り戻してくださいませ。

『人生にはお金が一杯詰まっています』から、ちょっとくらい息抜きしたってバチ当たりません、たぶん♪

レジャーの話しはまた別の機会にお話ししますが、「チャレンジする」という体験型レジャーが最近のトレンドのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/17

トラブルは忘れた頃にやってくる


またWIN機がおかしくなった。

 「あれ?! IEが出ないぞ。落ちる」


普段はMac使いなのでWin機の出番はあまりない。
出番はというと
  ・セミナー用のパワポを作る時、
  ・ワード文書を確認する時、
  ・エクセルファイルをどうしてもWin機で開けたい時、
  ・Winのブラウザしか受け付けていないサイトに行きたい時(H系に多いかも)
くらいだ。(あと、住宅ローン計算ソフトとか家計診断ソフトとか、おもちゃみたいなソフトを使う時くらい)

 エクセルもワードも大抵はMacの分でOK。
 ただし、相手に送る時とかマクロ使用なんて時にはやはりWin機の出番。
 最近はpdfにしてしまえば大抵事足りる。だからいまだにWin2000、いい加減どうにかしたいのだが・・・とはいえ、お仕事機。動かないとやたら中途半端に不便なのである。
 
-------

今回は、なんとIEが動かなくなった。IEだけなのである。
これは初めて遭遇した現象。

MS-officeはOK、ノートンの更新もちゃんとも動いている。でもブラウザをクリックすると動かない。中途半端なのだが不便きわまりない。
Win2000のCD(←正規だよ)を探しだしてきたのはいいが、あっさり、SP4適応済みには使えませんなどと言ってくる。IEだけならどこか探せば出てきそうなのだけどあまり思い出せない。

と言うわけでFirefoxをダウンロードすることに決めた!

「あっ、こいつ(Win機)は今、使えないんだ(涙)」

Mac機でダウンロードしようとしたのだけど、Mac機からだとどうしてもMac版をダウンロードしたがる訳で、それをWin版だよとわざわざ選んでやって、そんでもって、USBメモリで持っていって、いざ解凍。

  Firefoxってサクサク動くのねん♪

こんなことならさっさとインストールしておくべきだったかも。
と言うことで今日の格言

 「トラブルは忘れた頃にやってくる、ブラウザは予備まで考えインストール」(字余り)

ちゃんちゃん m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/16

機械受注4割ダウン、ボーナス予想・大幅減マイナス13%

先週内閣府より、機械受注統計が発表されました。
景気は底を打ったと言うことですが、これを見る限り、底を這っている状況です。


Kikaijyuchu

機械受注は年間20〜30兆円あります。これだけでGDPの5%に相当します。波及効果を考えると、もっと影響があるのが機械受注。

経済をよく知らない方のために申しますと、
 日本は一応、工業国です。企業が工場の設備を導入して新しいものを作る。
 メーカーでは設備投資というのは命綱なのです。
 GDPは約500兆円ありますが、その柱は、公共投資、設備投資、個人消費が3本柱で
 この一本の設備投資に大きく関係するのがこの機械受注統計であります。


で、これが1年半前をピークに、リーマンショックを経て、42%ダウンな訳です。

  自動車やテレビなどのメーカーが儲かっていないから、設備投資を抑える。
  設備メーカーは、メーカーが買ってくれないから、儲からない。
  儲からないから、給料が下がって、自動車やテレビが買えない。
  さらにメーカーは売れないから、何とか無理して値段を下げる。
  さらに儲からないし、給料が上がらない

まあ、海外の影響が大きいのでこう書くと異論も出そうですが、内需だけ見るとこういう状況な訳です。大変な時代です。


ボーナス減のニュースも流れておりました。

冬のボーナス、初の全業種マイナス 平均13%減 日本経済新聞(2009年10月7日)
  減少率は70年以来最大。非製造業は3.2%減にとどまったが、
  製造業は16.1%と大幅減。

だそうです。

-----

でもね、本当に大変なのは、レジャー関連・余暇関連の会社だと思います。
だって、給料下がったときに、まっさきに削るのはこう言うところからですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/15

年金からの天引き、今月から住民税も

 年金からの天引きは、すでに
 
   ●所得税の源泉徴収
   ●介護保険料
   ●後期高齢者(75歳以上)医療制度の保険料

 
 の徴収で実施されていますが、
 今月10月の支給日、すなわち今日支給される分から、65歳以上の公的年金受給者を対象に
 
   ●住民税
 
 でも実施されます。

 これを
   入金しなくて便利便利♪ と喜ぶか、
   人の財布に手を突っ込まれたと 憤慨するか、とても微妙、

というか、年金記録問題どうなったんだ、と思う方が多いのではないかと思います。

社会保険庁は、来年1月から「日本年金機構」に変わります。
民主党は、将来的には、年金と税金(国税庁)を引っ付けて、歳入庁にしたいという構想があるようですが、一体これからどうなるのでしょう、ね。とりあえず、年金通帳が来年出来て、個人で確認できるようにはなるみたいです。

組織がどう変わろうと、これからの日本が良くなることを願うばかりです。
(これ以上のこと、書けないよー、どうなるかさっぱり分からんし。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/14

雑誌に掲載;連載中!

 7月下旬にお話しのあった雑誌記事連載のご依頼。
 完成して、数冊ほど頂戴いたしました。
 やはり活字になると言うのは、嬉しくもあり・恥ずかしくもあり、
 読み返してみると、
  「あぁここはこう書いた方が良かったなぁ」
 などと思ったりしています。

Alps

 pdf形式でも公開されています。
 よろしかったらご覧下さい。
 
  「地方公務員のためのライフプラン情報誌ALPS」
      ((財)地方公務員等ライフプラン協会 )


 <金融商品の選び方・金融商品広告の注意点:第1回>
  金利で生活するライフプランは可能だろうか? 竹本 隆之
  http://www.lifeplan.or.jp/alps/alps_pdf/alps96/alps96_36-41.pdf

 <金融商品の選び方・金融商品広告の注意点:第2回>
  投資信託と変額年金保険 投資をするリスク、しないリスク   竹本 隆之
  http://www.lifeplan.or.jp/alps/alps_pdf/alps97/alps97_22-28.pdf

<金融商品の選び方・金融商品広告の注意点:第3回>
  元本保全型不動産投資およびリスクを減らす考え方  竹本 隆之
  http://www.lifeplan.or.jp/alps/alps_pdf/alps98/alps98_10-15.pdf


  ALPS102月号目次
  http://www.lifeplan.or.jp/alps/alps_backnumbers/alps_98.htm

※第2回,第3回分を追記【2010.1.13&2010.3.20】

【関連記事】
 ●雑誌記事、執筆中 (2009/08/06)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/13

終身企業年金が減額される? 日航問題が波及するか

日本航空の経営危機問題。もう何年やってるのでしょうかね。昨日今日の話じゃないと思うのですが。
ひょっとしてご存じない方のために簡単に言いますと、いま日本航空は経営危機です。追加融資がなければ倒産の危機です。で政府が資金援助(追加)しようとしていて、銀行もこれがなければもう追加は無理なんて言っているのですが、資金援助のためには企業年金を(も)さげないとダメといっているのです。

一応、企業年金問題だけを取りあげますけど、一般的に皆さんはどう思っていらっしゃるのでしょうかね。

「親方日の丸から来た企業はダメだな、めちゃ有利な企業年金なんか下がって当然」

こんな風に思ったりする人もいるんでしょうね。
確かに有利な終身年金です。今の低金利にそぐわない金利と、寿命が延びる分で経営を圧迫します。

しかしね、年金制度なんて、そう簡単に変えて良いものじゃないと思う。
経営を圧迫するのなら、5年くらいかけて制度を見なおして協議して、で5年くらい掛けて移行させるのが筋何じゃないでしょうか。しかもそれはあくまでも経営側から受給者への「お願い」にしかならない。しかも日航の場合、割と最近年金制度を改定しているし。そんなにころころ変えて良いものじゃないでしょ。

少なくとも企業年金に対する一定の保護がなければ私はファイナンシャルプランを作れません。

経営側が簡単に「年金が経営を圧迫しているので下げます」と言えるものじゃないと思いますし、年金って守られるべきものじゃないのか、だから税制の優遇もあるんだろ、と言いたいのです。

個人的には、国の強力な指導の元に育ってきた企業、組合が強すぎた企業の良い面・悪い面まとめて一掃するのなら、一旦倒産させなきゃダメなんじゃない? なんていう気持ちも無くはないのですが、まあ組合が一つ一つ権利獲得をしてきた歴史があるのも事実。

もし経営危機になったら年金は簡単に下げて良いということになったら、他の企業にも波及しそうですし、年金に留まらず給料もどうなるか。労働者保護という観点はないのでしょうか。破綻する時でも2割減(※)くらいの歯止めがないと。

※つまり8割の資産は何らかの形で資産保護を必要とするということ
(本来、給料原資も年金原資も100%保護されるものですから、組合系の人には、何を企業よりのことを言ってるんだと言われそうですが・・・・でも実際問題給料カットなんかあちこちで実施されているわけですし。言いたいのは歯止めの基準がないとなし崩し的に広がってしまうと言うことですのでご了承下さい)

-----
少し前には賃金が大きく下がることはありませんでした。
少し前にはリストラという言葉はありませんでした。
少し前には労働者の首切りは最後の手段でした。
少し前には破綻することがないと言われた銀行がどんどん破綻する時代です。

日航の改善案が他の企業へ波及することになるか、前例になるのかどうか、特に終身年金を採用している企業について、ライフプラン専門のFPとしてはかなり注目しております。(国交省と厚労省の綱引きがあるのかどうかもちょっと興味津々、なのであります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/09

百貨店、一人負け(商業販売統計)

年末商戦始まりました〜〜〜。
もう来年のカレンダーも手帳も売られていました。おせちの予約も始まりました。年賀状の受付も始まってます。、、、早すぎです。


スーパー、コンビニ、百貨店の売上高。
少し前にコンビニが百貨店の売上高が抜いた、なんて言うニュースがありましたが年間通したグラフがこれ。
(経済産業省の商業販売統計から)

Shougyou


当然、今年の分はまだ出ていないので、私が推計しました。単純に1〜6月分を2.05倍した数字です。(2倍ではないのは、例年歳末は0.3ヶ月分ほど売上げが上がるから)

百貨店、一人負け、の状態が続いています。
10年前には10兆円の売上げが、7兆円。7割になっているということはかなり大変な状況ですね。駅前の超一等地にあるのにどうしてなんでしょう。
そう言えば、私の姉と親父が勤めたことのあるそごう百貨店心斎橋店も無くなってしまいました。

昔を振り返りますと、
昭和50年代からしばらくは、取りあえずちょっとした買い物なら百貨店でしたし、大抵のモノは揃っていました。今は自家用車も増えたし、百貨店では扱っていない商品もネットでお買い物できますしそれにすぐに宅配便で運ばれてくるようになりました。単純に、駅前の百貨店で買い物する必要が無くなってきた、と言えそうですねぇ。

土地の利用効率(投資利回り)から考えると、今、駅前にあるからこそ効率が上がる商売ってなんだろうか? 駅前にないといけない商売ってなんだろうか? なんて考えるとなかなかアイデアが浮かびませんね。

小林一三さん(※)が生きていたら何を考えるかなぁなんてちょっと真似してみましたが、なーんにも思い浮かびません。

将来を考えると、個人的には、介護用品総合ショップとかペット総合店を作って、かつ、地域のネットワークの拠点にならなければ、商品群だけではAmazonとか楽天ショップに負けるような気がしているのですけれども。

※小林一三:大正時代にはじめて大阪梅田にターミナルデパートを作った人。阪急電鉄直営阪急百貨店。そして今や梅田周辺は阪急の土地ばかりなり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/08

年金加入の期間と老後の年金額

FP試験2級くらいの問題でしょうか?

(1)老齢年金は、25年以上加入しなければ受給資格がない。
(2)共済年金10年、厚生年金10年、国民年金10年であれば、受給資格がある
(3)厚生年金加入の会社員の妻である専業主婦(第3号被保険者)は加入期間に通算される。


年金の受給資格は25年以上。上の(1)〜(3)はどれも正解です。

でね、、、、、

 「25年以上加入していれば、あとは入らなくても良んですか?」

なんて言う質問があったりするのです。
25年入ったから、あとは入らない方が得! なんて誤解している人、います。

受給資格と、受給額の計算式は全然別。原則払うほど貰う分も大きいようになっています。

一言で言うと、国民年金(基礎年金)の方は、払っている期間。
       厚生年金・共済年金の方は、払った額。

物価上昇の換算があるので、単純に払った額ではないのですが、ま、簡単に言うとこんな感じです。だから18歳から働いていたり70歳まで働いている人は、厚生年金は多いし、60歳になったけど、受給額を増やすために払い続ける人もいます。

基礎年金は期間によると書きました。基本40年間がMAXなので、70歳まで働いた人は実はちょっと損になります。ということは団塊世代の再雇用の人はみんなちょっとずつ損している人が多い。払った分のうちの基礎年金部分は反映されないのですから。でもま、報酬比例部分には反映されますので損というのは言い過ぎかもしれません。(経過的加算とかもありますしね)

それにですね、単純に損しているとも言えないのが難しいところで、例えば奥さんの第3号加入が引き続きあるとか、健康保険が国保ではなく会社の保険だとか、もちろん障害者になった時とかも扱いが違いますから、メリットもかなり大きいと云えます。

時は金なり!
早く退職すればそれだけ時間が増えるわけで、お金は、使える時に使っておこう、別に子どもに残す必要はないと考える方が結構多いように思うのですが、その割には自分の時間を自分のために使っておこうと考えるが少ないのは何故だろうな、なんて思っています。私だったら再雇用で給料下がってまで働きたくないな、それより時間の方が欲しいよ、なんて思ってしまうのですが・・・・

いや、給料が半分になっても楽しく働ける人はいいんですよ。給料が半分になった・仕事は変わらない、とぼやきそうな人、ぼやいている人は良く考えた方がいいんじゃないのかな、と思います。

------

まあね個人的には、国の再雇用の制度、給料を大きく下げれば再雇用給付を出しますよと、まるで大きく下げてくださいな、と誘導するような国の制度がよくできたもんだと思うのですけどね。
 一方で、今のこの不景気で、この再雇用も守りづらくなっているところが増えています。なんだかんだと理由をつけて再雇用を拒否する企業、再雇用者が自発的に辞めるような処遇をする企業が増えています。

戦後60年間の資本主義経済の発展は、損か得かを常に考えてしまう時代だった、極端に言えば、常に「今買えば損か得か」これを考えていた時代だと思います。現に、「年金はいつから貰うのが得ですか」という質問はかなりあります。損得だけで考えれば長生きするほど総受給額が増えます、例え、寝たきりでも。重度障害者になれば障害年金が貰えます、これを得だ!って、普通は思わないでしょ。

「損か得か」を考えるのではなく、自分は「どんな生き方・働き方」をしたいか。
でももうそんな時代は終わり〜〜なのだと思ってます。

がむしゃらな仕事生活から、再雇用で半歩下がってどう生きるか働くか、完全リタイアしてどう生きていくか。こういうスケジュールをはっきりさせれば、リタイア時の年金収入もはっきりしてきて、無駄な税金や社会保険料を払わないで済むし、貯金が足りるか足りないか(というよりどれだけ使ってもいいか)がもわかってきます。、、、、、いろんなプランが作れるようになってくるのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/07

近所のご主人の死、、、むなしぃ

 「○○のお兄ちゃん亡くなったんよ」
 「先月、買い物したやん。家まで届けてくれたやん。
  この前も犬の散歩の時、見かけて挨拶したよ」

知り合いというか、実家の近所から直線距離で100mのとあるお店のご主人が亡くなった。いつもニコニコ、真面目で誠実で、お店で扱っている商品のことはとても親切に教えてくれて、、、、心筋梗塞だったらしい。

まだ60歳になってない、55歳くらい?。私より10歳ほど上。私が小学生だった35年前にはすでにお店に出ていらしたので、私にとっては近所のお兄ちゃん的印象だったし、うちの親もいまだに○○の兄ちゃんと呼んでいた。つい先月もお買い物したのに、、、その時は元気だったのに。

なんかあっけないなぁ、と思うと同時に、あのお店なくなるのかな娘さんは外に出ておられるし奥さんだけじゃ無理だと思うし、なくなったら不便になるなぁ、高齢のお母様は入院中(しかも結構難しい病気)のはずだけどうなるんだろ、在庫とかどうするんだろ、準確定申告奥さんがするのかな大変だろうな、とかいろいろ考えてしまいました。


万が一に備えるって、私の仕事の場合だと生命保険だけど、そんなお金では解決できないことが一杯あるんだよなぁ、なんて思ったのでした。

なんかホントに、あっけなくてちょっとむなしさが残って、やるせない、そんな気持ちです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/06

会話するという楽しさ;教養は金で買えない

少なくとも私が尊敬したくなる人、羨ましいなと思う人、「こんな人になりたいなぁ」という人は、いろいろな話題を知っているし知っているだけじゃなく、会話が楽しめる。

 「ああこの人とは1〜2時間しゃべっていても飽きないし勉強にもなるし、
  自分の充実感もなぜかしら、できてしまうなあ。」

自分自身こういう会話の出来る人になりたいなぁなんて思ったりする。自分も相手もお互いに充実感のできる会話というのは簡単ではない。ただ言えるのはみなさん物知りだということ。

自分でも努力をしようとは思っているのだけど、教養はお金では買えないし、一朝一夕に身に付くというモノでもない。昔、大学時代の同級生というか一緒にルームシェアしていたが同居人が突如、詩を口ずさんでいたことがある。

  まだ上げそめし前髪の
  林檎のもとにみえしとき
  前にさしたる花櫛の
  花ある君と思いけり
  白きやさしき手をのべて・・・

藤村だ!(後から知ったのだけど)、よくこんなものがソラで云えるななんて思っていた。

Uta

お袋は突如として万葉集を語る時がある、それも解説付きでだ。

  茜(あかね)さす
  紫野行き標野(しめの)行き
  野守(のもり)は見ずや
  君が袖振る
    額田王(ぬかたのおおきみ)

「彼が向こうから手を振ってるのぉ、誰かが見てるかもしれないじゃない、恥ずかしいわぁ」という意味だそうだ。


そう言えば親父の葬式の時に、お坊さんが持ってきた白木の位牌の戒名「紫光院本誉祥雲居士」を見て、うちの姉は、枕草子を口ずさんでいた。なんで漢字ばかりの戒名からこんな言葉が出るのか不思議だった。

  春はあけぼの
  やうやうしろくなりゆく山際
  少しあかりて
  紫だちたる雲の細くたなびきたる

昔、ハイキングに行って、立原道造を云っていたやつもいる。

  咲いてゐるのは みやこぐさ と
  指に摘んで 光にすかして教えてくれた
  右は越後へ行く北の道
  左は木曾へ行く中仙道

------------

普通の人って、暗記(ソラ)で詩の一つや二つ、云えるのだろうか?

私はと言うと、

  水へいリーベ、ぼくのふね・・・・周期律表ぢゃダメっ!

  いい国つくろう鎌倉幕府・・・ 年号でもダメだ!

だめダメだなぁこりゃ。orz

------

教養という言葉が大げさなら、文化でもいい。
心の培養。
cultureという単語には「培養」という意味があるのも意味深である。

お金を使って心を培養させる、このテーマを少し温めてみたくなってきた、ぞ。そして、相手も自分も充実感のできる会話術を磨いていきたいな、なんて思ってきたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/05

家計が苦しい時、ライフプランで目標を作ると・・・

 不況なのですね、家計が苦しいという声をよくお聞きします。
 苦しいからと、あれもカットこれもカットでは息が詰まってしまいそうですが、だからと言ってお金が増えるわけではありません。なので皆さん息が詰まる訳ですね。
 息が詰まるくらいならまだマシです。
 
  「あなたの稼ぎが減ったからよ!」
  「そんなこと言ったってねー」
  「塾の特別合宿と模試は行かせたいんだから」
  「僕、行かなくても良いよ」
  「こらっ、そんな事言ってたらみんなから遅れちゃうでしょ」
  「俺の小遣いやっぱり減らす?」
  「もちろんっ!」
  「でももうすぐ忘年会はあるから」
  「あなた、来年受験なのよっ」
  「付き合い断ってたらもっと給料下がるかもしれないぞ」
  「じゃあ2次会3次会なんて行かないでよ、私だって・・・」

節約節約で家庭不和になって喧嘩ばかりなんてことになると大変なことになるかも知れません。

 こんな時こそ、将来の展望が大事。目標が決まれば家族で協力できるというもの。
 あと○年で教育費が終わる、ローンが終わる、貯金100万使っても大丈夫とか。
 ここでライフプランの登場です。

   住宅ローン・教育費・生活費・・・
 
 ライフプランを作るメリットの一つに、家族の意見がはっきりしてまとまるという点もあります。極端な例だと教育に無関心な父親が、教育費について考えるようになるとかね、万が一死んだらどうなるんだろうとかね。家族の名前が入っていて年齢が入っていて、こんな感じ〜、なんて出来ていると例えそれが自分の思っているモノと全然違っても、ガゼン、興味が出てくるものなのです。 
 
 
   「3年後には次男さんの受験ですから、これは取り崩しちゃダメですね。
    そのかわり、これを取り崩しましょうか。
    もし、両方私立へ進学されると、少なくとも車手放さないと無理ですよ
    でも手放してもいいのなら、今から手放せばその分生活楽になりますし
    その分を次男さんの準備費用に積み立てられますし。
    ローンの固定期間が終わりますね、借り換えとかもお考えなのですか?
    今の金利だと借り換えるとこうなりますね…」

 自分の目標・家族の目標、 ライフプランがあれば軌道修正も簡単です。
 いろんな目標を一つずつクリアするためのライフプラン。

 目標がないのに、頑張るって、(試合でも試験でも生活でも)、大変なのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/02

賃貸マンションの見学


「無事完成しましたね」
「いろいろ、すったもんだしたんですよ」

去年いらっしゃったお客様の賃貸マンションが完成したと聞いて、見学させて貰いました。新しいマンションの工法とか今時の建築材料とかとてもためになるしコーフンします。

------------

 親御さんからの土地を相続して、一部売却して相続税の取得費加算プラスガレージ併用で建築費の消費税還付、しっかり節税です。私へのご相談内容はローン絡み主体だったのですがまだ更地の状態から、実際に建物が出来るまでとなると1年以上かかっています。
この1年で何が変わったかというと、ご存じの住宅不振や材料高騰&下落。ローンの金利も随分下がっちゃってます。風致地区に引っかかっているとか工事ミス判明とか、悪いこともあったけどそのかわり良いこともあった、という感じでしょうか。
入居募集を掛けて全室すぐ埋まっているそうです。


「間取りちょっとずつ違うんですね。」

対面キッチンの間取り、広いバルコニーの間取りいろいろです。
そうなんです、同じマンションでも上だと見晴らしが良いし下だと庭がある、とか一部屋ごとに条件が違う。これは不動産すべてに言えることなんです。「同じものは絶対無い!」。

不動産選びでそうですね。そう言えば私の中古マンション購入では、一年近く仲介業者さん付き合ってくれました。

「見ているうちに考えもまとまってきますから、気になさらないでください」

賃貸に限らず、マンション購入とか戸建て購入とかでも、まずは予算からはいる人は多いと思います。これはある意味当然なのですが、どうしても金額にズレが出てきます。
数千万の買い物だと、端数の10万20万がだんだん分からなくなってくるからなのですが、10万20万って大きいんですよね。100万ぐらいずれてしまう、良くあることなんですけど、あとから100万円を作り出すファイナンシャルプランって結構しんどかったりしますから。
金額のズレは冷静に、冷静に考えて頂きたいなぁと、いつも思ったりしています。

------------


 「ところで、青色申告開始の届けされました? 赤字が繰り越せますよ
  たぶん初年度は赤字になると思いますけど」
   
 「えっ何ですかそれ」
 
 「事業開始2ヶ月以内。税務署で紙一枚出すだけですから。あっ税務は
  税理士さんね、FPでは税理士法に引っかかっちゃいますから。初年度は
  減価償却の計算とかがあるから頼んだ方が良いと思いますけど。お金
  かかりますけどね」


賃貸経営も、細かいズレを無視するか丁寧に対処するかで収益が大きく変わってくる、と思っています。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/01

勤続年数別の平均年収(平成20年);国税庁

先日、国税庁の民間給与実態調査速報が発表されました。
ネットや新聞のニュース記事では、

平成20年の平均給与、前年比7万6000円ダウンで下げ幅は過去最大。

というものが多かったようですが、FP的には、一時的な増減も大切ですがもっと大きな流れ・トレンドもかなり重要ということで、10年前と比較してみました。

平均値というのは時々嘘をつきまして、10年前と比べると、非正規雇用が増えているとか女性の労働人口が増えているという状況があります。なので、同じ国税庁の民間給与実態調査から、勤続年数別の年収比較(男性のみ)をやってみました。結果のグラフがこれ。


Kyuyokinzokunennsuu


思った通りなのですが、中高年の減少幅が大きいですね。年間50万〜100万円ちかくの減少です。
すべての勤続年数で10年前よりマイナス。
意外だったのが、若年者でさえマイナスであったこと。これは20代の非正規雇用が増えている影響でしょうか?

ただグラフをじっと眺めていると、まだまだ年功序列の給料体系だなぁという印象が否めません。私が聞く限り年功序列はどんどん崩れていっているのでこれもかなり意外な結果でありました。

-------

中高年の給料減少、これは時としてライフプランに重大な影響をもたらしそうです。それはすなわち第一に、教育費です。晩婚化してますので、この年齢層に教育費が重なる人がとても多いのです。

10年前と比べて年間50万〜100万円の減少というのは、大学4年間として、200万〜400万円に相当しますから、かなり厳しいものがあります。つまり、ちょっと上の先輩と同じ暮らしをしようとすると大変だ!と言うことですね。

400万円分を20年くらいで貯めようと思うと年間20万円、これを子供が生まれた時から余分に貯蓄しておかないと賄えない、なんてことになりますね。

新政権の高校教育費無料化、とても望まれます。
(ところでこの無料化って、私立の方はどうなるのでしょうか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »