« 特別分配金とは何? 全然特別じゃありませんっ! | トップページ | 中1を中3が6万円で売春;子どものお金の使い方 »

2009/09/01

民主圧勝、既得権はなくなるか?

民主党圧勝です。
政策があまり政策が評価されず反対意見が結構あるにもかかわらず、民主党圧勝です。
与党の政策がもっと評価されなかったと言うことでしょうか?

期待されたと言うよりも、
 「こっちの方ががマシかも」、
 という感覚の方が多いんじゃないでしょうかねぇ、たぶん。
 決して支持された訳じゃない、と思う。
 これからお手並み拝見という感じでしょうか。

それにしても、与党の重鎮がぽろぽろ落選しました。
ある意味、民主主義が正常に働いているということですね。
この落ちた方々も10年前だと、まさか、私が落選するなんて思ったことなかったでしょう。そういう意味では「既得権」が無くなった、とも言えるのかな、と思います。

今後、既得権(と言っては言い過ぎかも知れませんが)、が無くなっていく分野として私が重要視しているのは、医師と公務員です。
すでに医師の世界は厳しくなっています(年収3000万が2000万、、、これを厳しいというかは別として・・・)。役職のない普通の勤務医だとさらに半分以下、半分以下です。

健康保健制度という守られた世界(←守るべきか、そうでないか、どう守るのかは別の議論にするとして…)では患者をそれなりに診ていれば経営が成り立った時代でした。がすでに、もの凄く経営手腕が問われる時代になってしまっています。
昨年偶然に聞いた話で、お二人の歯科医が破産寸前に陥りました。高い家賃とリース料でスタッフも雇うとなると大変な出費なのです。

公務員、かなり民間とずれが出てきています。特に50代以上の公務員層。
相変わらず、30代までは低い賃金に抑えて、それを我慢すれば50代以上で元が取れるような年功序列体系です。これは民間では崩れてきていますから早晩崩れていくでしょう。
身分保障もどうなるかわかりません。「身分保障があるから安心して公務に捧げられる」と言った官僚もいたようですが、「給料はその職務と責任によって決まる」という考え、ひいては、同一労働同一賃金(非正規・正規労働)の話題に発展すると思っています。

不当な解雇はダメという労働条件と最低賃金だけが残る。とするならば、窓際族になれば最低賃金の給料になる、時給800円。(月200時間労働で、月収16万円。)

ちなみに、年収600万で年間労働2000時間なら時給3000円ですね。

だから今のうちに同一労働同一賃金の話しを基本に平均時給を上げていかないと生活が成り立たない人が続出する。
(だって今、会社員も公務員もみんな給料カットされてるでしょ、給料が減ることはない、なんてのも10年前までは既得権だったわけですよ。どこまで下がるか歯止め作っておかないと)

---------

 失業率5.7%と過去最悪の結果が先週発表されました。
 いくら最低賃金を上げても、雇用がなければやはり生活が成り立ちません。
 失業給付や生活保護という形で補うのがいいのか、それとも、雇用を創出(新規およびワークシェア)する形にするのがいいのか。
 
2001年の不況の頃に流行った本
「チーズはどこに消えた(スペンサージョンソン作)
と「バターはどこへ溶けた?」(ディーン・リップルウッド作)
と「チーズはここにあった!」(Victory Twenty-one作)

を読みかえそうと思っているところです。(確か本棚にあったはず。。。。)

|

« 特別分配金とは何? 全然特別じゃありませんっ! | トップページ | 中1を中3が6万円で売春;子どものお金の使い方 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/46084154

この記事へのトラックバック一覧です: 民主圧勝、既得権はなくなるか?:

« 特別分配金とは何? 全然特別じゃありませんっ! | トップページ | 中1を中3が6万円で売春;子どものお金の使い方 »