« 100歳以上4万人突破 | トップページ | 保険の選び方(30歳の1年と50歳の1年は違う) »

2009/09/16

保釈金がすぐに用意できない時

とある芸能人が覚醒剤を使って、その保釈金が300万円とか500万円とか、意外と少ないんだなぁなんて思ったりしていたところに、まだ用意できないのか保釈されていない、なんていうニュースが流れて、、、、、つい教えたくなります。

社団法人 日本保釈支援協会

   500万円まで最大2ヶ月立て替えてくれます。
   500万の場合で12.5万円+手数料3000円。
     (当該ホームページより)

まあこんな記事を書いても

  「これは良いこと聞いちゃった♪ 今度使おう」

という方は少ないと思いますが、話しのネタにでもどうぞ。

------

そうそう、保釈金は公判に出るための人質(金質)ですから、最後大抵返ってきます。中にはうまく海外逃亡する人なんかがいるみたいですけど。
預かり金みたいなものです、保釈金は。

|

« 100歳以上4万人突破 | トップページ | 保険の選び方(30歳の1年と50歳の1年は違う) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/46220662

この記事へのトラックバック一覧です: 保釈金がすぐに用意できない時:

« 100歳以上4万人突破 | トップページ | 保険の選び方(30歳の1年と50歳の1年は違う) »