« 株価1万円水準、円ドル88円台。 | トップページ | 大切なものを守るという投資 »

2009/09/29

音楽への投資

音楽の話題、私にとっての鬼門です。インディーズはもとより、普通の学生・主婦なら誰でも知っているようなグループでさえ全然分かりません。
 女性4人が歌って踊っていればみんなSPE○Dだ、と思ってしまうくらいに疎いのです、男性3人ならw-i○dsだし、4人ならLe○d、5人ならA○ASHI?ってな具合。顔を見ても全然区別がつかないし、そもそも区別をつける気がありません。


これが、投資信託だったら、10個くらいのチラシを一度に見ても区別がつくのにね、興味のあるなしというのは不思議なものです(^_^;)

---------------------------

世の中には、インディーズ時代にはファンだけど、売れてくればサヨウナラという、新人発掘を趣味としている方々も中にはいらっしゃるようで、そんな方にお勧めなのが音楽への投資、音楽ファンドです。

ミュージックセキュリティという会社が、お金を集めてそれでCDを作って、売れれば配当金を出すという仕組みを作っています。何組かのアーチストは成功したみたい。

  http://www.musicsecurities.com/

「芸術は腹の足しにはならず、されど、これを失へば獣(けもの)となる」

音楽も芸術の一つですけれども、3歳くらいの子どもが一杯いるところで、和太鼓の生演奏を体験させてみると、絶対に何人かの子ども達は踊り始めます。体全体を使って音楽を聴いている、空気の振動の中に実をゆだねて聞いているって感じです。でもって、私は、古代の民族音楽の原典を垣間見た気がしました(大げさですが)。

25年ほど前に直径2mの和太鼓10張りほどの演奏を聴いたことがあります。体が響きます。これ程の演奏は一度きりですが、知り合いが好きだったもので、和太鼓演奏自体は何度か聴かせて頂きました。音程が無くても音楽なんだななんて思ったものです。すごいです和太鼓。

大体どんな人でも、ジャンルの違いこそあれ何らかの「好きな曲」ってものがあるんじゃないかと思います。

聴くだけでなく、自分で唄う(カラオケ)、練習して演奏する、踊る、集める、
いろんな楽しみ方があって、そう言う一つの楽しみ方として、投資する、ってのもあるのかな、なんて思います。


上のミュージックセキュリティなのですが、音楽以外のファンドがありますので、これについてはまた明日。

|

« 株価1万円水準、円ドル88円台。 | トップページ | 大切なものを守るという投資 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/46180993

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽への投資:

« 株価1万円水準、円ドル88円台。 | トップページ | 大切なものを守るという投資 »