« 国民年金納付率62.1%に下がる! の嘘 | トップページ | 雑誌記事、執筆中 »

2009/08/05

年金財政の収入編

公的年金、過去最大の赤字:厚生10兆、国民1兆円超−08年度決算
こんなニュースがネット上で一杯流れています。

【ニュース記事】
  厚生年金の赤字10兆円、国民年金は1兆円(読売新聞)
  <年金>厚生、国民ともに赤字幅が過去最悪に(毎日新聞)
  公的年金、過去最大の赤字=厚生10兆、国民1兆円超−08年度決算(時事通信)


どうして、ストック(貯金)とフロー(収入と支出)を分けて書かないっ!!


さて、元の発表資料から、フローのうち、収入面のみ取りあげたのが下のグラフです。

厚生年金36兆円+国民年金6兆円規模。これに投入されている一般会計からの税金は7兆円。
  保険料収入は約30兆円。
  積立金取り崩しは4兆円、
  積立金は現在124兆円。

  年収300万なのに420万の支払がありますよ、
  足りない分は補助金と貯金の取り崩しですよ、
  貯金1240万が、運用損で110万減りましたよ。

こういう感じの方がわかりやすいと思うのだが。

運用損の部分だけを取りあげて、、、、気分悪いニュースだな。

Nenkinzaisei

昨日も書きましたが、国民年金保険料の未納問題は、当然国民年金の保険料収入の部分に影響します。
影響全然無いとは言いませんが、ことさら大きな問題ではない。なのになぜマスコミはこんな偏った報道するのか。バカなのか、見えない圧力が働いているのか、それとも、他の力が働いているのか。

これから現役世代が払う保険料収入はあまり増えないのに、お年寄りが2倍増える方がよほど問題だろ、なんて思うのだが、、、、、やはり気分が悪い、ぞ!

|

« 国民年金納付率62.1%に下がる! の嘘 | トップページ | 雑誌記事、執筆中 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

夫婦二人家族の扶養されている主婦です。一つ前の話題で3号保険者はお得とおっしゃっているようなものですが、国民年金でいう二人分を払っています。所得によると思いますが、十分税金を払っていると思います。

今は、女性が子供を産んでも働ける環境をつくることが大切だと叫ばれますが、まずは子供が作りやすい環境を目指すことのほうが大切ではないでしょうか。社会人が帰宅時間が早くても十分に収入があることのほうが税金控除や還付より本当に必要なことなのではないでしょうか。

そして、女性の社会進出が謳われていますが、夫婦どちらかが働かなくても十分な収入で、ぎすぎすせずに、暮らしていける世の中にしていくほうが幸せなのではないでしょうか。稼ぎまくることがそんなに大事なのでしょうか?

夫婦共働きが金銭的には余裕でも時間の余裕がないと聞きます。実際に共働きの家の中はぐちゃぐちゃしていました。


先日の民主党マニフェストは子供手当てをメインとしていますが、一時の収入が増えるだけではないでしょうか。また、財源としようとしているところが間違っていると思います。

ローン減税を申請しますが、平成19、20年度入居者は、もう少し前の年の入居者よりさらには21年入居者と比べ減税効果は薄いのに、21年に特例を作られることもなかった。景気が悪かったのに、です。その年の入居者はそのようにしか減税されないものだとあきらめないといけないのでしょうか。バブル期ローンの方は実際収入が多いので何ら控除を受けなくても生活していけると感じています。

さらに上記のマニフェストなどが実現しようものなら、年間4万円増税されます。扶養控除がなくなればローン減税の効果が本当に薄くなります。10年15年と選択したものを変更することはできません。生活費が楽ではない不景気な仕事の庶民は生活が苦しくなるのが目に見えているのですが。タクタクサンのお考えでは、ローンは払えるようにが鉄則、でしたね。不景気になっても、払えるようにしているのに、です。


日本の向かおうとしている世の中が何か間違っていると思えてならないのですが、いかがでしょうか。

投稿: | 2009/08/05 10:59

>日本の向かおうとしている世の中が何か間違っていると思えてならないのですが、いかがでしょうか。
  ●民主主義の弱点は少数意見が排除されると言うこと、でしょうか。

 お年寄りより子供の方が少ないからお年寄りの意見の方が票になりやすい。
 専業主婦の方が少なくなってきたから、こんな増税案が出てくる。
 高速道路や車産業の声が大きいからフェリー業界が泣く。

  ●政治家は国民の鏡。
 ですから国民みんなが賢くならないといけないですね。これはGDPを上げるためにも必要です。自分だけが得するなんて考えではGDPは上がりません。年金だけで言えば、お年寄りが2倍に増えるから保険料を2倍払わなきゃと若い人が思うか、逆にお年寄りが半分で我慢しなきゃと思うか。学校教育で言えば、同じ受験生(ライバル)の努力を素直に喜べるかどうか、ってところじゃないかと。
 
----------
今回のマニフェストはどの党も失望です。政治家はもっと賢いと思っていました。

 ある会社でリコール製品が出た、かなりの費用がかかって赤字になる。
 こんな会社で給料を上げようと思ったら、信頼回復して売上げ伸ばし
 て利益を多く出さなきゃ給料を上げられません、なのに、
 「経理とか人事とかの間接部門の給料を下げて営業部隊の給料を上げよう」
 
 なんてトンチンカンなことを言っている状態だと思っています。

>まずは子供が作りやすい環境を目指すことのほうが大切ではないでしょうか。
私もそう思います。年収がどれだけ多くても、いつ首を切られるかわからない状況ではライフプランは作れません。まずは雇用の安定か、失業補償か求職中の補償が必要だと思います。派遣雇用の問題は取りあげた政党もありますが正社員の首切りは置き去りですね。
だいたい子供手当にしても、本当に苦しいのは高校以上なんですけどね。(高校の無料化はとりあえず賛成)

----------
 3号問題を悪く書いたのでお怒りのようですが・・・・・
年金保険料については払う分と貰う分の両方を考慮してくださいね。

 ●国民年金保険料は14660円、40年間払って 今の年金額80万円ほど。(夫婦別々)
 ●月給40万円の独身サラリーマンが払う、厚生年金保険料は31500円。
この方が、40年間勤めると(物価上昇とかにもよりますが)、年金160万くらい。

で、この独身のサラリーマンが結婚して専業主婦の奥さんを持つと保険料はいくらになるか、、、、「変わりません」。扶養があってもなくても保険料は変わりません、収入によってのみ保険料が決まります。しかし、専業主婦の奥さんは国民年金に入っていることになる。旦那さんは160万の年金+奥さんが65歳になれば基礎年金(国民年金)80万。

まあ、厚生年金は労使折半で会社も同額だけ負担していますけど。
年金と生活保護は「貰う」という点では同じ、なので、年金を無くしてしまって生活保障に一本化するなんて考えもあったりします。
 
 年収1000万円でもローンに追われている人と、年収300万で賃貸住まい、どっちが幸せかというと、私の実感としては年収300万でも意外と幸せそうな方は多いな、と思っています。また収入は少ないけど田舎に住んでのびのび暮らしている、こんな記事はよく見かけます。(←この方が幸せかどうかは知りませんが)
 年収300万×2(共働き)の人と、年収600万の人が同じ幸せ度かというとそんなことは全然ありませんね。
 ローンを楽しく払う人、ローンが苦しい人、ローンそのものがない人・・・・

 つまりは、「自分はどんなところに人生の幸せ・喜びを見つけるのか」、これじゃないでしょうか。これが私の言う「人生の質」です。

投稿: tak | 2009/08/05 13:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/45839833

この記事へのトラックバック一覧です: 年金財政の収入編:

« 国民年金納付率62.1%に下がる! の嘘 | トップページ | 雑誌記事、執筆中 »