« 国家公務員月給0.22%引き下げ;今年のGDPに比例するか | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

2009/08/14

若者は豊かさを享受しているか;冷蔵庫を買えば嬉しかった時代

いつもの如く、年金問題と繋げてしまうことを最初に書いておきます。


戦後の復興、高度経済成長時代。この時代は、「冷蔵庫、洗濯機、テレビ」が電化製品三種の神器と言われていました。
この後、自動車(マイカー)や住宅(マイホーム)を買うことが一つのステータスであり、本質的には今でも変わっていないと思います。

平成も始まって21年。当然ながら平成生まれの成人が現れている日本ですが、彼ら彼女らが豊かさを実感しているかというと、生まれたときにすでにほとんどのモノはあった時代であったりします。
 冷蔵庫も洗濯機もテレビも、、、、テレビなんかは自分専用を持っていたりしますね。

昔、小さな子供が親と一緒にテレビを見ることで、「ちょっと大人になった気分」なんていう感覚がないのはある意味可哀想であったりします。
電話を掛けるということ、電話が掛かってくると言うこと、、、家族みんなで食事をしようとしたその時に電話のベル(もちろん黒電話)が鳴って、いつもとは違うよそ行きの1オクターブ高い声で『もしもし○○ですけど』と電話を取った、あの緊張感を知らないというのは、人生の0.5%ほど損をしているような気がしてなりません。

自分の家の前の道が舗装されたとか、自分の住まいが4畳半一間・長屋・アパートからどんどん大きくなる生活を知らない。

ましてや、冷蔵庫を買ったからと言って嬉しいわけではない。

------------

過去を知っている人間にとっては、現在の日本は豊かと実感できるでしょう。しかし、平成生まれは、豊かさが削られることがあっても豊かになったと感じることがない。
こういう点では、表題の、豊かさを享受していない、と言っても良いのではないかな、なんて思います。

 「学校の友達の半分以上がアルバイトで自立できない、家から出られない」

こんな状況だけを見ていると、豊かさが実感できない、はず。

------------

 年金をはじめ、社会保障費用を今の水準に保つためには、税収を上げなければなりません。それを若い人の負担を増やすというのであれば、
 
 「今の豊かさは、戦後復興のおかげ」

 と思う人が増えないと、増税できません。
 豊かさを実感できていなければ、

  「高度経済成長なんて知らないし、現に就職難じゃん。年金一杯
   もらってずるいよ 俺たちの税金と一緒じゃん。年金なんか半分に
   下げちゃえ。俺は年金なんてあてにしないし」

 なんていう意見が増えてくるでしょう
 (2チャンネル見ると、現にこういう感じの意見もあります)

 「戦争は不幸」だったけど、その後、「高度経済成長という楽しみ」があった、これでプラスマイナス0だとすると、戦争を知らない「経済成長という楽しみ」の世代は非常に得をしていることになる、なんていう考えが出てこないとも限らない。
 
 これをややこしい説明は抜きにして、「消費税」を社会保障に回せば平等で良いやん、なんて強引にまとめようとしているような気がしている。高税率に高福祉を目指すのか低税率に低福祉を目指すのかそうでないのか。キーワードは高齢化。

 もし消費税が10%あがれば、年間200万の買い物をしている人は「20万の増税」。
 消費税が増えるのか、年金額が減るのか、健康保険が高くなるのかどれかわかりませんが、近いうちに可処分所得が平均20万円減る、これはほぼ確実だと思います。すでに年金を貰っている人は、徐々に手取りが減ってきていることを実感されていると思います。
あとは、誰かに偏るのか、現役の負担が増えるのか、年金生活者の負担が増えるのか、それとも他の負担が増えるのか、、、。

----------

大学卒業したばかりの子供を持つ親御さんの話。

  「あんな安い給料でそれも3年後どうなっているかわからないのに
   賃貸借りるより『家』から通いなさいって言ってるんです」

こういう家庭は多いと思いますが、今かなりの方が、
 親の一戸建て生活から、いきなりローンを組んで一戸建て。

  一戸建て → 一戸建て それか マンション

 昔の
  4畳半一間→長屋→アパート→団地→マンション→一戸建て

という幸せの過程を選択していない、とも言えますね。
車の購入でもそうです。

 いきなり高級車、あるいは有名ブランド、中古なら割と簡単に手に入る
 
それに手が届くという豊かさを知らないまま、残業カットで
  中古ベンツ → 軽自動車
なんてなると、やけにビンボーになった気がする人がいたりする。
昔は自動車が買えると言うだけで幸せたっだのに。
-------

 毎月、年金20万、または、給料20万 、これが 18万 になったらどうですか?

   20万 → 18万

 やけにビンボーになって気がしますか?  年金貰えるだけで幸せ? 

手取りが減っても豊かさを実感できるのがライフプラン。
昔は何も考えなくても冷蔵庫を買えた時代だった、と言っておきましょう。


※明日は8/15 この日は何の日?、最近では答えられない人が増えているそうです。戦争でなくなった方のご冥福と、戦後処理の終わっていない方々のご多幸をお祈りします。
 うちのお袋も爆心地から4km地点で吹き飛んだ人なので現在の基準なら被爆者になったのかも、と思う今日この頃です。

|

« 国家公務員月給0.22%引き下げ;今年のGDPに比例するか | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/45898337

この記事へのトラックバック一覧です: 若者は豊かさを享受しているか;冷蔵庫を買えば嬉しかった時代:

« 国家公務員月給0.22%引き下げ;今年のGDPに比例するか | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »