« 相続の判子代・ハンコ代 | トップページ | 高額所得者の税率アップは、景気回復に繋がらない »

2009/08/25

最近設定のETF投信あれこれ

ETFってのは特定の株価指数に連動することを目的に運用される投資信託で普通の株式と同様に取引されるものです。まあ詳細は省くとして、最近設定の変わり種?ETFのご紹介。

◆FTSE日本グリーンチップ35 (1347)
  4/28〜 (1347東証)
 (日興アセット・マネジメント)
 ※環境関連事業分野(温室効果ガス削減、水資源問題、廃棄物処理、
  資源再利用など)毎に、ユニバースの銘柄を整理し、当該環境関連
  事業分野毎に代表的な35銘柄を対象に算出される指数。
  ホンダ、パナソニック、トヨタ、ソニー、京セラ、東芝、三菱重、
  三菱電機、シャープ、日立、大日印刷、三菱自、住友電、ガイシ
  旭化成、日立プラ、東レ、など

◆ABF汎アジア債券インデックス・ファンド
  6/19〜 (1349東証)
 (ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ)

◆MAXIS S&P三菱系企業群上場投信
  7/20〜 (1670東証)
 (三菱UFJ投信)

◆WTI原油価格連動型上場投信
  8/3〜 (1671大証)
 (シンプレクス・アセット・マネジメント)

--------

まあいろいろ証券会社というか運用会社さんもいろいろ魅力的な商品を考え出すものです。「商品」ですから常に新しいもの魅力的なモノを作らないと売れないわけですね。

最後の原油価格連動ETFなんてどうなんでしょう?先物取引はちょっと恐いけど、これなら手を出せる? まぁ商品関係は為替と同じく、実需の何倍何十倍もの取引がされている世界ではありますね。為替の世界が外貨預金からFXへと一般人にも身近になったように、商品の世界も身近になっていくのでしょうか、これはこれで恐いことかも知れません。

上のETF、どれも1万円程度〜数万円程度から取引可能です。

|

« 相続の判子代・ハンコ代 | トップページ | 高額所得者の税率アップは、景気回復に繋がらない »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/45899135

この記事へのトラックバック一覧です: 最近設定のETF投信あれこれ:

« 相続の判子代・ハンコ代 | トップページ | 高額所得者の税率アップは、景気回復に繋がらない »