« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月に作成された記事

2009/08/28

特別分配金とは何? 全然特別じゃありませんっ!

投資信託を買って分配金が出る。

で、特別分配金が出ました、なんて言う報告が来て、何これ? なんて思う方が結構いらっしゃるようで、私の姉からも質問を受けてしまいました。

これ、全然特別じゃありません。
何が特別かっていうと、税金がかからない分配金ということで、元本割れしているってことを表しているだけです。

100万円投信を買って、1万円の分配が出た。これに本来なら10%の税金がかかって、入金されるのは9000円、となるのですが、元本割れ、すなわち、元の投信の価値が90万に下がっていて、それで、1万の配当金だと儲けは全然無いというか損してますね。これに対しては税金を掛けずにおきましょうという国税庁の優しい配慮?なのです。

-----

うちの姉はもっと質問してきました。

 基準価格って毎日新聞で出ているけど、あれってどういうこと?
 
 
投信を買う時の基準価格ですね、これは毎日変動します。
1万口あたり、1000円の配当が出た。でもこの1万口を安く買った人もいれば高く買った人もいるのですね。
ま、分かりやすいのは不動産賃貸を思い浮かべると理解しやすいのではないかと思うのですが、不動産を1000万で買いました。家賃(分配金)は毎月10万入ります。
でも、不動産の価値は上がったり下がったり、安く買った人の方が利回りとしては上になる、みたいなものです。

その日の不動産価値が基準価格に相当して、家賃が分配金に相当するわけです。
家賃収入の場合は、不動産が下落しようが何しようが黒字なら所得税がかかりますが、投信の分配金で元本割れしている場合は「特別に」税金を掛けないでおこう、ということで特別分配金。

ま、不動産を例にしましたが、株式でも同じですね、ある会社の株価は上がったり下がったりで、配当金が毎年いくらか出る。株式の場合も、配当金は配当所得で株価が半分に下がっていても所得税はしっかりかかります。

-------

毎月分配の欠点は、得している時にはしっかり税金が取られて、損している時と通算できないということが挙げられます。年一回の分配金なら上がったり下がったりして最終的に1年間で、という計算ですから、税金分はちょっとデメリット。それに毎月分配型の方が手間が掛かる分配当が若干少ない。

毎月の分配をしっかり使いたい人、当てにしたい人は毎月分配型。
利殖を考えて分配金が出ても再投資するような方は年一回とか二回の分配型の方をお奨めします。

旦那が亡くなって、生命保険3000万をどうしよう、毎月取り崩そう、なんて方には、3000万の一部(1000万とか)はこういう分配型にして生活費にまわす、っていうのもアリじゃないかと思います。(※同じ毎月分配型でもリスクの大きいものから小さいモノまでいろいろありますけど、永遠に相場が下がり続けるなんて考えにくいですから、わりと保つんじゃないかと。)

とは言え、二年前に買った方は資産価値半分くらいになっている人も多いんじゃないかと思います。投資のリスクを分散するには銘柄分散と時間分散。それも年オーダーで分散させるような計画をすれば、かなりリスクを下げることが出来ると思います。(※リスクを下げるということはリターンも下がるということを意味しますよ♪)

【法人会計の場合】・・・・大勢のブログ閲覧者がいらっしゃるようなので追記

受取配当等の益金不算入の規定の対象ではありません!

  借方    /   貸方
現預金 1万円   投資有価証券 1万円

法人税取られた上に、最後評価損を計上するみたいな経理ですね。いろいろなテクニックはありそうですが、詳しくは税理士さんへどうぞ(FPは税理士法上、税務できませんから…)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/08/27

高額所得者の税率アップは、景気回復に繋がらない

・高額所得者、例えば年収5000万の人の所得税を1000万上げて、
  これを年金10万×100人に配るのと、
・高額所得者がそのまま使う

のとどっちが景気回復に貢献するか?

でもって、所得税1000万円上がった分が、変な物に使われたら意味がない。
国による中間搾取ですな。
現状では、搾取がある、という点(つまり税金の使い方がいまいち)では高額所得者の方が使い方が上手いと思う。

だとするならば、高額所得者の税率アップを表明している政党がありますが、これはGDPが下がりますな。

------

批判あびそうだな、このおいらの意見は。
(小さな政府か大きな政府かってな問題につながるのか?)

富の再分配をもっと直接的にやる仕組みを作らねば、格差解消(世代間で格差が固定する問題)にはなんねーぞ、なんて思った。
上げた所得税をそのまま教育費無料化の財源にします!、とか言う方が良いんじゃないのか?

単純に、お金足りませんから増税します、なら誰でも言えるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/25

最近設定のETF投信あれこれ

ETFってのは特定の株価指数に連動することを目的に運用される投資信託で普通の株式と同様に取引されるものです。まあ詳細は省くとして、最近設定の変わり種?ETFのご紹介。

◆FTSE日本グリーンチップ35 (1347)
  4/28〜 (1347東証)
 (日興アセット・マネジメント)
 ※環境関連事業分野(温室効果ガス削減、水資源問題、廃棄物処理、
  資源再利用など)毎に、ユニバースの銘柄を整理し、当該環境関連
  事業分野毎に代表的な35銘柄を対象に算出される指数。
  ホンダ、パナソニック、トヨタ、ソニー、京セラ、東芝、三菱重、
  三菱電機、シャープ、日立、大日印刷、三菱自、住友電、ガイシ
  旭化成、日立プラ、東レ、など

◆ABF汎アジア債券インデックス・ファンド
  6/19〜 (1349東証)
 (ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ)

◆MAXIS S&P三菱系企業群上場投信
  7/20〜 (1670東証)
 (三菱UFJ投信)

◆WTI原油価格連動型上場投信
  8/3〜 (1671大証)
 (シンプレクス・アセット・マネジメント)

--------

まあいろいろ証券会社というか運用会社さんもいろいろ魅力的な商品を考え出すものです。「商品」ですから常に新しいもの魅力的なモノを作らないと売れないわけですね。

最後の原油価格連動ETFなんてどうなんでしょう?先物取引はちょっと恐いけど、これなら手を出せる? まぁ商品関係は為替と同じく、実需の何倍何十倍もの取引がされている世界ではありますね。為替の世界が外貨預金からFXへと一般人にも身近になったように、商品の世界も身近になっていくのでしょうか、これはこれで恐いことかも知れません。

上のETF、どれも1万円程度〜数万円程度から取引可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/24

相続の判子代・ハンコ代

どうも「10万」とか「50万」とかの相場額を知りたい方が多いようなのですけどね、全然違います。
どれだけの財産の相続かってのが問題となります。
「1億もらう権利がある時に、10万円で妥協しますか?」ってな話。
要するに、どれくらいで納得してくれるかという話であって、最高額は権利分まで。

こんな風にもめたらどうしましょうか?
------

Aさんが亡くなりました。奥さんはすでに他界して、相続するのは長男と次男。
長男はAさんと同居していました、そして、長男と次男は仲が悪い。

相続財産は貯金はほとんどなくて、財産は、Aさん名義の土地と家と畑だけ。
不動産の価値は2000万くらい。


Aさんは遺言で、全財産を長男に譲ると書いていましたが、ご存じのように現行法では遺留分という次男の相続分があります。
遺産分割協議がうまく進められなければ、銀行口座は解約できず、土地も死んだAさんの名義のままか、長男・次男の共有名義になりますね。
次男さんは、判子代くれれば、銀行口座も不動産も兄貴の名義にして良いよ、なんて言ってます。がその額でもめています。

分割協議はまとまっていないのですが、次男さん、お金に困って、この共有名義の不動産を担保にお金を借りました。そして払えなくなりました。
債権者が、お金を返すか不動産の共有部分を買い取れと言ってきています。


さあ、判子代いくらですか?
あとから変なことでもめるのなら、スパッと500万(不動産価値の半分×遺留分1/2)払うのもありだったりするわけです。(※)

---------------------------

上の話しは私が作った話です。
ま、こんな事例もあるということでハンコ代考えてください。

ハンコ代に相場なんてありません。それに相続財産以外に生前の部分って当人同士しかわかりません(当人どうしでも分からないことが多いです)から、円満に解決する額で決めて下さい。

昔の家督相続の考えを主張する人、現行の兄弟は平等という考えを主張する人、いろいろな思いや考えが交錯するのが相続です。今まで面倒を見てきたとかお墓どうするかとか。
もちろん、裁判すれば現行の法律なのですが、遺産分割で兄弟仲が悪くなるほど禍根を残すことはありません。

目先の財産じゃなく、一歩引く時は一歩引く、こんな姿勢も必要じゃないかと思います。正直、あれこれ言っている人って、人間的にどうかな、なんて思ったりします。少なくとも子供とか赤の他人には見せたくないな、なんてね。

 「100万でハンコ捺すよ」
 「お前には世話になっているし、200万と言いたいところだけど、
  お前、家の頭金もらっただろ、だから150万で。」

まあ、兄弟の関係にもよると思いますけど、今後の付き合い考えるとこういう感じも悪くないと思ったりするのです。


もっとも大抵の人は、相続なんていきなりやってきて、どうしようどうしようどうしよう、なんて思う人の方が多いんだと思います。
相続税のこととか、債務のこと(相続放棄は3ヶ月以内)とかありますので、相続で困ったらすぐに誰かに相談することをお勧めします。

(※500万の現金が用意できないとかありますけど、、、
 これはこれで分割払いするとか借地契約にするとか、
 生前に親から贈与を受けておくとか、ま、事前に行う対処はいくつかあります)


ちなみに行方不明の相続人がいる時は、遺産分割協議ができませんからこれも要注意。
失踪宣告するとか不在者財産管理を裁判所に申し立てておくとかこういうことが必要です。放っておくと、相続人が子・孫まで増えてだんだん手がつけられなくなります。

相続は、お金の問題であると同時に、気持ちの問題であると思っています。一般にはお金に目が行きがちですが、例えば、「そこに住んでいる」事自体が見えない財産であったりするわけです。
相続はお金では取り返しがつかない問題を生じることが結構ある、だから私は気持ちの方を優先させようと思っています。(ご相談されたい方がいらっしゃたならば、いつでもどうぞ、結構、相続事案には強いですから。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/21

20万でもインサイダー取引

金融庁のインサイダー告発、昔は200万円以上の利益の時なのかなぁなんて思っていた事もあるのですが、最近は、少額でもきちんと仕事されているようです。

◆2009年8月4日 日産ディーゼル株のインサイダー取引事件
  同社元専務(61)、約20万円の利益を不正に得た。課徴金20万円
 
◆2009年7月31日 カブドットコムの元社員、百数十万円の利益
 1回目のTOB情報を、社内システムの共有フォルダーから、2回目のTOB情報を全社員にメールから。会社側にも業務改善命令
 
◆2009年6月25日伊藤忠商事の元男性社員、100万円余りの利益を得ていた。課徴金141万円


記憶の片隅ですが、奥さん名義の香港だか上海だかの口座からの取引なんてのも告発されていたように思います。内部告発なんてのもあるのかななんて想像したりもしますが、ま、悪いことはしないでおきましょう。
取引を監視している人(SEC)も今では数百人いるらしいです。

国内株の取引確か20万越えたら調書(税務署へですが)が出ますし、特定口座なら一発です。

暴落情報(例えば倒産情報)を事前に知って、少ない損害で売り抜けたというインサイダーの告発はまだ見たことがありません。儲けた時だけみたいです。
これも不公平じゃないのか、なんて思いますけどね。

-----

裏取引で儲けるなんて、水戸黄門の「お前も悪じゃのう大黒屋」の世界じゃないか。
で最後は助さん格さんにやっつけられるという勧善懲悪のストーリーが成り立たなくなってきた今の時代。
「努力しても報われないと思う大学生が半分」ってのは由々しき問題で(その1その2)あったりしますが、

まあ現実であったりします。( (>_<) )

倫理、プライド、誇り、自尊心、道徳、自己評価、どんな言葉でも良いけど、こういうものを高めるための「自分への投資」、これは株への投資よりも大事だと思うぞ。
何故かというと、他人から教わるものでもなく自ら確立するもので、「何にもなくなった時に最後に残る」のがこれだから。

一人暮らしのお年寄りなんかを見ると、どれだけ自ら確立できたかで、全然、生活の質が違うし、もっている資産の多さには関係ない。しっかり自分を確立できている人は、セールスマン・販売員がやってきても自分に頭を下げたのか、自分の持っているお金や土地に頭を下げたのか瞬時に分かるものなのですが、結構、これに気づかず

「あいつが来た、こいつも来た、あれ買ったこれ買った」

なんて喜んでいる可哀想な人が、、、、ま、いたりします。

私が少し尊敬している御老体(失礼!)は、体(健康と体力)にはちょっと難が出てきたけど、いまでもあれやこれやと勉強しているうえに、好奇心旺盛。あの元気は一体どこから出てくるのだ。

------

iPhoneお持ちの方は待ち受け画面を印籠にして、騒がしい周りに対して、「静まれ静まれ」とやってみてはいかがかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/20

マンションの水漏れ被害、相手から賠償が貰えるとは限らない

マンションの水漏れ事故、ときおりあるようです。
自分が被害者!というのは確実なのに、じゃあ責任は?保険は?と考えた時に少しやっかいであったりします。さてどんな保険から補償して貰えるでしょうか?

●自分で加入した火災保険からの補償

●上の階からの水漏れなら、
  加害者の賠償責任保険

●共有部分からの水漏れなら、
 管理組合(建物の所有者が加入している)施設賠償責任保険

●欠陥による水漏れなら、
 施工ミスやメーカーの不良品などでは、施工主やメーカーに賠償責任が生じます。
 このため、メーカーはPL保険に入っていたりします。


ただしね、賠償責任って、本当に責任があるのかどうか調査が面倒なのです。ましてやメーカーが倒産しているとか、管理組合で保険に入っていないなんて言う場合はとても面倒。
 なので、自分で保険加入しておくと、事故の事実で簡単に保険が出る。(※)

------------

よく、「こっちには責任がないから裁判だっ!」なんて騒ぐ人とか
   「これは法律上、相手の責任だろ」なんて言う人とか
いらっしゃいますが、
相手からお金を貰うって大変なことなんです。特に相手に資力がない場合はなおさら。こちらに余裕資金があって時間とお金を掛けて争う気ならこんな対応も構いませんが、いざ自分が水漏れで困っている、なんていうときにじゃあどうするの、、、、、

だから損害保険。
これに限らず住宅の損害っていろいろありますから、
火災保険は住宅総合型など、ある程度の補償が含まれているものが良いと思いますよ。
また、損害保険は他の保険と重複しては支払われません。

損害保険は原則、実損補償(保険で儲かることはない、というより時価なので思ったほど補償されない事が多いもの)ですから、保険料の高い安いは、単純に補償範囲が多いかどうかです。例えば、窓ガラスを割られた、出る保険と出ない保険がある、こんな風に思ってもらって差し支えないと思います。補償範囲を見比べてあとは保険料と自分の財布のご相談で選べばいい。

地震保険は新築とローンの残っている人以外はあまりお奨めしていませんけど、住宅総合は入った方がいいものだと思っています。

(事実だけで簡単に出ると書きましたけど、事故って個々の状況がありますから
 場合場合による、と一応書いておきます)

------

最近、大雨災害が各地で出ていますが、これも水災の一つですね。
普通の火災保険は出ません、住宅総合とかなら出ます、が、要注意な点をひとつ。

床上浸水だと浸かった床面積の割合とか使った深さとかで補償金の額が変わってきますが、畳が浮いたくらいの床上浸水くらいだと、50万とか100万円の補償金が多いと思います。家が流されて初めて1000万とか2000万とか出る。
台風でガレージの屋根が飛んだ、修理に22万円。でも保険請求しようと約款を見てみると、免責20万円で残り2万しか請求できない、こんなことも多いです。
ま一度、ご自身の火災保険を確かめてみることをお奨めします。

あと自動車が大雨で水没はどうなるか?

自分の車に対する「車両保険は出ます」。(ま車両保険にもいくつかあるけど)
流された自動車による被害については「対人対物保険は出ません」、台風、こう水、または高潮によって生じた損害は免責です。
これはご存じですね。
(台風の中、運転していて水没してエンジンが止まったけど惰性で走っている間に事故った、こんな場合がどうなるかまでは知りませんのであしからずm(_ _)m )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/15

残暑お見舞い申し上げます

梅雨明けが遅くって、梅雨明けしても大雨続き、立秋もとっくに過んだ今となっては・・・・
 
  残暑お見舞い 申し上げます
 

     Hanabi_ani01

  皆様の一日いちにちが、大切で貴重な価値ある一日 となりますことをお祈り致しております、、、、

 このところ日経平均株価は年初来高値更新です。うれしいです。
でもこんな見方も出来ます。
株や為替の価値は、自分の力で上げたり下げたり出来ません。一方で、
「自分の一日」は自分次第で価値が変えられますし、
人生の価値が下がるほど、損なことはありません。

何がお得な人生か?って言うと、

   「今日のご飯は旨い!」

 と感じられる、ことであったりします。

再度、皆様の一日いちにちが、大切で貴重な価値ある一日となりますことを願って、残暑お見舞いにさせていただきます。
 
P.S. このブログも三日間ほどお盆休みとなります、たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/14

若者は豊かさを享受しているか;冷蔵庫を買えば嬉しかった時代

いつもの如く、年金問題と繋げてしまうことを最初に書いておきます。


戦後の復興、高度経済成長時代。この時代は、「冷蔵庫、洗濯機、テレビ」が電化製品三種の神器と言われていました。
この後、自動車(マイカー)や住宅(マイホーム)を買うことが一つのステータスであり、本質的には今でも変わっていないと思います。

平成も始まって21年。当然ながら平成生まれの成人が現れている日本ですが、彼ら彼女らが豊かさを実感しているかというと、生まれたときにすでにほとんどのモノはあった時代であったりします。
 冷蔵庫も洗濯機もテレビも、、、、テレビなんかは自分専用を持っていたりしますね。

昔、小さな子供が親と一緒にテレビを見ることで、「ちょっと大人になった気分」なんていう感覚がないのはある意味可哀想であったりします。
電話を掛けるということ、電話が掛かってくると言うこと、、、家族みんなで食事をしようとしたその時に電話のベル(もちろん黒電話)が鳴って、いつもとは違うよそ行きの1オクターブ高い声で『もしもし○○ですけど』と電話を取った、あの緊張感を知らないというのは、人生の0.5%ほど損をしているような気がしてなりません。

自分の家の前の道が舗装されたとか、自分の住まいが4畳半一間・長屋・アパートからどんどん大きくなる生活を知らない。

ましてや、冷蔵庫を買ったからと言って嬉しいわけではない。

------------

過去を知っている人間にとっては、現在の日本は豊かと実感できるでしょう。しかし、平成生まれは、豊かさが削られることがあっても豊かになったと感じることがない。
こういう点では、表題の、豊かさを享受していない、と言っても良いのではないかな、なんて思います。

 「学校の友達の半分以上がアルバイトで自立できない、家から出られない」

こんな状況だけを見ていると、豊かさが実感できない、はず。

------------

 年金をはじめ、社会保障費用を今の水準に保つためには、税収を上げなければなりません。それを若い人の負担を増やすというのであれば、
 
 「今の豊かさは、戦後復興のおかげ」

 と思う人が増えないと、増税できません。
 豊かさを実感できていなければ、

  「高度経済成長なんて知らないし、現に就職難じゃん。年金一杯
   もらってずるいよ 俺たちの税金と一緒じゃん。年金なんか半分に
   下げちゃえ。俺は年金なんてあてにしないし」

 なんていう意見が増えてくるでしょう
 (2チャンネル見ると、現にこういう感じの意見もあります)

 「戦争は不幸」だったけど、その後、「高度経済成長という楽しみ」があった、これでプラスマイナス0だとすると、戦争を知らない「経済成長という楽しみ」の世代は非常に得をしていることになる、なんていう考えが出てこないとも限らない。
 
 これをややこしい説明は抜きにして、「消費税」を社会保障に回せば平等で良いやん、なんて強引にまとめようとしているような気がしている。高税率に高福祉を目指すのか低税率に低福祉を目指すのかそうでないのか。キーワードは高齢化。

 もし消費税が10%あがれば、年間200万の買い物をしている人は「20万の増税」。
 消費税が増えるのか、年金額が減るのか、健康保険が高くなるのかどれかわかりませんが、近いうちに可処分所得が平均20万円減る、これはほぼ確実だと思います。すでに年金を貰っている人は、徐々に手取りが減ってきていることを実感されていると思います。
あとは、誰かに偏るのか、現役の負担が増えるのか、年金生活者の負担が増えるのか、それとも他の負担が増えるのか、、、。

----------

大学卒業したばかりの子供を持つ親御さんの話。

  「あんな安い給料でそれも3年後どうなっているかわからないのに
   賃貸借りるより『家』から通いなさいって言ってるんです」

こういう家庭は多いと思いますが、今かなりの方が、
 親の一戸建て生活から、いきなりローンを組んで一戸建て。

  一戸建て → 一戸建て それか マンション

 昔の
  4畳半一間→長屋→アパート→団地→マンション→一戸建て

という幸せの過程を選択していない、とも言えますね。
車の購入でもそうです。

 いきなり高級車、あるいは有名ブランド、中古なら割と簡単に手に入る
 
それに手が届くという豊かさを知らないまま、残業カットで
  中古ベンツ → 軽自動車
なんてなると、やけにビンボーになった気がする人がいたりする。
昔は自動車が買えると言うだけで幸せたっだのに。
-------

 毎月、年金20万、または、給料20万 、これが 18万 になったらどうですか?

   20万 → 18万

 やけにビンボーになって気がしますか?  年金貰えるだけで幸せ? 

手取りが減っても豊かさを実感できるのがライフプラン。
昔は何も考えなくても冷蔵庫を買えた時代だった、と言っておきましょう。


※明日は8/15 この日は何の日?、最近では答えられない人が増えているそうです。戦争でなくなった方のご冥福と、戦後処理の終わっていない方々のご多幸をお祈りします。
 うちのお袋も爆心地から4km地点で吹き飛んだ人なので現在の基準なら被爆者になったのかも、と思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/13

国家公務員月給0.22%引き下げ;今年のGDPに比例するか

asahi.comのニュースから(2009/8/11)

国家公務員月給0.22%引き下げ

年間ボーナスも 0.35ヶ月分引き下げ、と人事院勧告というニュース。


  一般行政職 平均で年15.4万円(2.4%)減額。
    25歳 独身係員     年間294万円から6万減
    45歳 中央省庁の課長  年間1230万円から30万減

なんて出ています。

--------

今年の春に私が書いた記事
● だから〜、GDPが増えないと給料は上がらないって (2009/04/15)
この中で、

 #さて、GDPが上がらない中、上がることを前提にしていた年金制度が
 #今後どうなるか、ってのと、公務員(国家100万人・地方300万人@行政
 #改革推進本部事務局資料)の給料がどうなるか、非常に興味のある
 #ところです。

と書いたのですが、このうち、公務員給料が2.4%減。もうすぐGDPの次の四半期分の発表がありますけど、景気持ち直しているようですがその前の落ち込み激しかったですから、年間通すと今年のGDPもこれくらいになるんでしょうか。


で、年金制度の方、これはほとんど手つかずですね。

「世代別の受益と負担」について、内閣府の調査レポートNo.217が最近公表されました。この中では、

現在のままだと、現役世代の給料の30%を社会保障に回さねばならない時代(およそ今の2倍)がやってくる、

となっています。(私は単純に現役ひとりあたりの年金受給者数で、『今後2倍になるよ〜』なんて書いていましたけど、これを詳細にシミュレーションしているレポートのようです。)

これをするのか、年金生活者からも徴税できるように消費税プラス15%にするか、はたまた、年金額を下げるか。
現役世代の負担が増えるのか、年金給付が下がるのか、消費税が上がるのか、どれになるでしょうか。
たぶん今後20年間こういう時代が続くと思っています。(ちょっとずつ負担が増えて、給付が減って、消費税が1%ずつ上がっていくみたいな。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/12

自動車のエコ政策;猿以下か

自動車のエコ政策;猿以下か


内閣府から国政モニターの報告が送られきた。

●高速道路1000円はETCの無い私にとっては不公平だし、
  渋滞も起こって環境に良いとは思えない。
●たった2ヶ月早く車を買ったために、減税3万円の恩恵がない。
 
●私は車がない。私の方がエコだと思うのだが、
  何か補填されるべきだ。

いつもいろいろな意見があるものだなぁなんて思いつつ読んでいるのですが、今回のこの政策は多分これ以外にも
 自動車関係や高速道路関係の方にとっては追い風だろうし、
 逆の立場、電鉄・フェリーとその沿線関係の方には、とんでもない政策
だと感じてられる方もいるんじゃないかと思います。

私自身は、プラスとマイナスあわせてプラスなら、どんどんすればいいと思っているのですが、じゃあ果たしてプラスなのか、マイナスの部分はどう? 他の政策ならもっとプラスだったんじゃないかこういう視点での政策評価って、どうすれば実現できるのでしょうね。

-----

選挙前だから、いろんな所が過去のマニフェストの採点表・成績表なんてものをバタバタと出していますが、きちんと第三者の目で確認していくシステム、こういったものが必要なんじゃないか、なんて思います。

政権交代が示唆される中、今まで以上にドラスティックに政策も変わる可能性が高いですから、「やって終わり」じゃなくきちんと評価するシステムが欲しい!

 「反省だけなら猿でもできる」
    ・・・・猿以下になっちゃうよ。 日本人はもっと賢いはず。

民主党は、「政策・法案成立時に官僚の名前入れてそれを人事評価に使う」、なんて言ってますが、人事評価でご褒美上げたり罰したりそんな個々人のことは国民にとっては重要じゃなく、政策が良かったかのか悪かったのか、それでもって、その悪かった点を次の政策に生かす。こういう視点を民主党(でもどこでもいいけど)が出してくれていたら良かったのにな、なんて思います。

小泉政権の政策評価・総括、これをしなきゃと国会議員の中でも言っている人がいますが、なぜしないのか、、、、、「国民自体が毎回、『得した損した』で終わっているからさ〜」ってところでしょうか。

やはり、『第三者の目』で評価できるシステム作り、それなりに予算と権限をもたせて、独立に評価する。こういう公益法人なら作ってもいいと思うぞ。つーか公益法人って本来そういう政策を補完するものじゃないのかっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/11

非正規は労働者の1/3

古いニュースで申し訳ありません、ちょっと驚きがあったもので…

労働者のうちの非正規雇用は1/3を越えた、なんて言うニュースが随分前にあって、
「労働者の1/3は非正規ですから」
なんていろいろな記事でも見かけるのですが、グラフにしたことがありませんでした。

総務省の労働力調査のデータを見ると、2009年の最新データで、

  正規4450万人、非正規2700万人
 
 
Roudouryoku
 
 
私てっきり、団塊世代の大量退職とかリストラで無くなった労働力を非正規で賄っていると思っていたんです。でもグラフで見るとここ10年ほどずっと

  『正規雇用は増えている』

んです。

ちょっと驚きました。

共働き率が増えているということなのでしょうか、それとも年金を貰いつつ、(たぶん)安い給料でも常用雇用で働き口を探している人が大勢いるということなのでしょうか。

 ---------------------------

先週のニュースで失業率が取りあげられていました。
0.2ポイント悪化の5.4%。過去最悪の5.5%(2003年)に近づいた!。

これ以外に、政府の雇用調整助成金、すなわち、休業(短時間勤務)したら労基上6割の賃金を支給しなきゃ行けないが、その2/3を助成するという助成金、これ以外のさまざまな給付を受けて、なんとか雇用を守っている企業がかなりあるらしい。

鉱工業生産指数などを見る限りは底打ち感がありますが、これは主に製造業。小売や百貨店売上高なんてめちゃめちゃで景気回復はほど遠い感じ。サービス業は苦戦中。
これに最低賃金が上げられればサービス業はもっと苦戦する
(※個人的には、最低賃金は上げるべき、と思っている私です。いまのところ)

以外なのが不動産業がいまひとつ伸びていない。今年度の住宅ローン減税とか贈与税の特例とかが効いていないという結果ですね。

なんか話題がずれてきましたが、きちんとグラフで見ておかないといけないな、と反省した本日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/10

相続放棄すると、遺族年金は受け取れないか?

会社員のAさん家族は、10年前に住宅金融公庫からお金を借りて、家を購入し住んでいました。

ところがAさんが持病の悪化で亡くなってしまいました。
Aさんは持病があったために団体信用生命保険にも加入できず、また他の生命保険も入っていませんでした。

のこされたAさんの奥さんと子供は、相続放棄をして家を手放し、実家に帰るつもりです。

そこで遺族年金が相続放棄でどうなるか心配されておられます。

------------

まあこんな場合に限らず、相続放棄と年金の関係は、
 「借金漬けの旦那が亡くなりどうしよう、遺族年金を貰うと相続放棄できないのか」
逆もありえますね
 「奥さんが借金漬けで奥さんの方の遺族年金を相続放棄してももらえるか」

こんな疑問を持つ方は時折いらっしゃるようです。

覚えておいてください。
遺族年金は相続放棄しても受け取れます。
相続財産ではありません。だから相続放棄とも関係なし。

当然ながら、自分の年金の場合は旦那には全く関係ないので相続放棄とも無関係。

(個人で掛けていた10年確定年金とかはどうなるかちょっとわかりません。たぶんこちらは無理でしょう。相続財産評価に出ていますから。)
(相続放棄と年金の話しって、FPの授業であったかなぁ? 記憶にないのだけど、いったいどこで勉強したんだ、とふと疑問がわいてしまった>独り言)

-----------

別項にした方がいいのかもしれませんが、年金を差し押さえられるかという話し。

借金が返せない!、「年金を差し押さえられたら困る」

実はこれは微妙です。
法律上は年金は差し押さえられません。
が、振り込みされた銀行口座は(年金かそうでないかはわからないので)差押えできます。
年金収入以上の預金が無ければ、債権者が口座の差し押さえを申し立てると同時に、債務者が裁判所に「これは年金だけの口座ですので差押えを認めないでください」、と申し立てれば裁判所は認めません。ただ、通常、預金口座はいろいろな項目がごっちゃになっていますので、裁判所も判断が難しい。
ある面、「差押えしたい人と差し押さえられたくない人のスピード競争」になったりします。

もちろん、このあたりは弁護士さんの範疇です。FPでは役不足。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/07

車を欲しがらない若者たち;乗用車の市場動向調査

随分前のニュースです。(社)日本自動車工業会の調査結果(4月発表)の「2008年乗用車市場動向調査」。
http://release.jama.or.jp/sys/news/detail.pl?item_id=1369

なんと20年前のデータとの比較が出ていました。こういう定点観測的な調査報告は個人的に嬉しくなってしまいます(何が嬉しいの?ときかれても困るのですけど)

現在の大学生世代と、私が大学生世代だった頃(現40〜50代)の興味のあるものランキングです。
 
Wakamono
 
確かに、私の世代と全然違いますね。
化粧品・エステより自動車が下。うーみゅ。

私の世代では存在しなかった携帯電話と思われる「通信機器」が4位ランクインはわかるし、私の世代の「携帯音楽プレーヤ」はカセットテープのWal●manで、今とは微妙に違うのだなぁと思うし、ゲームが9位にランクインも何となく分かる。

でも昔の大学生のスポーツ用品(15位)って何だ? 確か流行ったのはフリスビーだけど、これが15位だとは思えないし、何なのだ?!

確かに、今の若い人達、車欲しがっていませんし、私の好きな二輪車なんかランク落ちしてますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/06

雑誌記事、執筆中

ある財団法人さんから雑誌記事の連載の依頼があった。

一般販売されていない(たぶん)雑誌なので、買ってね、と宣伝できないのが残念、、、、。

でも、このブログ・HPを見て依頼に至る、と言うのがとても嬉しかったりする。非常に珍しいパターンだ。

先月末頃からメールでやり取りした後、東京からわざわざ打合せに来てくださった。一応双方の意向を万全に交換できたつもり。

まずは、正確な内容にするための材料集めから取りかかることにしよう、っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/05

年金財政の収入編

公的年金、過去最大の赤字:厚生10兆、国民1兆円超−08年度決算
こんなニュースがネット上で一杯流れています。

【ニュース記事】
  厚生年金の赤字10兆円、国民年金は1兆円(読売新聞)
  <年金>厚生、国民ともに赤字幅が過去最悪に(毎日新聞)
  公的年金、過去最大の赤字=厚生10兆、国民1兆円超−08年度決算(時事通信)


どうして、ストック(貯金)とフロー(収入と支出)を分けて書かないっ!!


さて、元の発表資料から、フローのうち、収入面のみ取りあげたのが下のグラフです。

厚生年金36兆円+国民年金6兆円規模。これに投入されている一般会計からの税金は7兆円。
  保険料収入は約30兆円。
  積立金取り崩しは4兆円、
  積立金は現在124兆円。

  年収300万なのに420万の支払がありますよ、
  足りない分は補助金と貯金の取り崩しですよ、
  貯金1240万が、運用損で110万減りましたよ。

こういう感じの方がわかりやすいと思うのだが。

運用損の部分だけを取りあげて、、、、気分悪いニュースだな。

Nenkinzaisei

昨日も書きましたが、国民年金保険料の未納問題は、当然国民年金の保険料収入の部分に影響します。
影響全然無いとは言いませんが、ことさら大きな問題ではない。なのになぜマスコミはこんな偏った報道するのか。バカなのか、見えない圧力が働いているのか、それとも、他の力が働いているのか。

これから現役世代が払う保険料収入はあまり増えないのに、お年寄りが2倍増える方がよほど問題だろ、なんて思うのだが、、、、、やはり気分が悪い、ぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/04

国民年金納付率62.1%に下がる! の嘘

先週末、国民年金の納付率が3年連続で下がっているなんていうニュースがありました。

62.1% !!

これ見ると、4割は払ってないの?なんていう風に思いますし、ニュースの中でも「だから受け取る年金額が下がる」みたいなことを言ってましたがね、、、、、、、嘘です、とまでは言いませんが、些細な問題に近い。


Nenkinhihokensya

上の分布を見てください。年金被保険者全体の棒グラフです。

未納者の部分って大きくはありません。

未納者は払ってないから貰えない。 一方、

3号被保険者(サラリーマンの扶養の奥さん)は届出だけで、払わずに貰える。払わないから貰えない人と払わないのに貰える人、3号問題の方が大きいし、人数的にも影響が大きいと思うのだけどね。

こういう3号被保険者問題、、、過去の経緯がありますので、専業主婦の奥さんは得ちんだ!なんては言いませんが共働きや独身者が増えてきている中、不公平感が高まっているのは事実でしょう。
さらに財政の話しを言えば、平均寿命が延びる方が年金財政的には厳しいと思います。

------

次に未納者の中身です。

  低所得者・・・単純に「払いたくないという人」と「払いたくても払えない人」
  中所得者・・・払った方が税金が安くなる。(ので大半は払っている)
で、高所得者。

何てったって将来に不安があるのが自営業です。
フリーターなんてもっと不安です。 こういう話しと一緒にしないで欲しいのが・・・
・・・・・一部の超高所得者、この中には、

「年間80万無いんだろ、そんなんならいらねーや、返ってくるかどうか
 分からないなら払わない方がまし」

こういう方々がいるのは事実でしょう。
この層に対する法的措置などはやってしかるべきですが、そうではない低所得者層、その中でも、「払いたくても払えない層」こちらについてどうするのかの話しがあってしかるべき、だと思っているのですが。。。。

(高齢フリーターとか、職が無くてバイトで生活している人とか・・・しかもそれによって、企業は利益をあげているということになりますし。。。短時間でお小遣いが欲しいという人々と、それによって生活している人をそろそろ切り分けて考えませんか? )

------

な〜んかこの未納率のニュースを見るたびに、

  払えるのに払っていない! という風にもっていくニュースとか、
  将来年金が減るよ! って脅すニュースとか、
  年金制度は破綻するぞ! ってもっていこうとするニュースとか
  社保庁はやっぱりダメっ! て言おうとしているニュースとか

いつも毎回、本質を捉えない、後味の悪い気持ちをしているニュースなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »