« 予想以上の11000アクセス(先月のアクセス数) | トップページ | 為替と株価の関係 »

2009/07/15

お孫さんへのプレゼント;学資保険の正しい入り方

お孫さんへプレゼントとして学資保険に入る方がいらっしゃいます。
割と有利な貯蓄になるからです。
支払額と受取額を比較すると、戻り率112%。

総額350万払って42万の利息がつく、みたいな貯蓄重視の学資保険が人気です。

で、ここで盲点。
贈与税です。祖父祖母が保険料を払って、お孫さんが満期金を受け取れば、
満期金には贈与税がかかります。

非課税枠110万ですから、もし350万の満期金なら240万オーバーで26万円の贈与税
こんなに贈与税がかかるのなら、何のために有利な学資保険を選んだのかわからなくなりますね。

こんなときは、どうしましょう?

満期金の額を下げるか、一旦、子供にお金を渡して、子供の名前で孫の学資保険に入るといいですね。
毎年110万の非課税枠を継続経年で使うわけです。

 ポイント
  ○贈与税非課税枠の110万以下の満期金(複数回でも可)
に抑える
  ○1回の満期金が110万を越えるのなら、一旦、子供に贈与(複数年)して
    その上で、子供→孫の契約にする

   ※一度に子供に渡すとその時点で贈与税になりますのでご注意下さい
    贈与税非課税枠は「毎年110万」これがポイントです。

====

基本的に日本の税金って言うやつは、儲けた人は払え!っていう形になっています。
で、儲けた人は自分で申告しろ! しなきゃ加算税つけるぞ!っていう形式です、

贈与税は、1000万円を超えてくると、40%とか50%とかの税率になるので要注意です。

|

« 予想以上の11000アクセス(先月のアクセス数) | トップページ | 為替と株価の関係 »

FP-保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/45562788

この記事へのトラックバック一覧です: お孫さんへのプレゼント;学資保険の正しい入り方:

« 予想以上の11000アクセス(先月のアクセス数) | トップページ | 為替と株価の関係 »