« 住民税10倍に | トップページ | 年齢別の貯蓄残高(平成20年総務省家計調査) »

2009/06/16

住宅ローンの6月危機問題(ボーナス払いの月っ!)

誰がこんなネーミング考えるんでしょ、6月危機!。住宅業界というか銀行業界というべきでしょうか、6月も半ばですが、今月住宅ローン破綻する人が相当いると予想されています。

今月はボーナス月だからです。
ボーナスで支払いが出来ない人が増加すると・・・・

貯金があってなんとかして、しのげる人は給料減がボディブローのように効いてきます。
そして、すでにボディブローが効きすぎて倒れかかった人が、破綻すると・・・・

一応書いておきます。

滞納する前に銀行と相談してください。

貸し主は銀行ですから、これを差し置く訳にはいきません。
そして、滞納記録があるのとないのとでは対応が違います。
絶対に滞納する前に銀行と相談してください。

それから、たぶん、ですが、返済方法変更前には信用情報の調査をすると思うので、カードローンを一杯申し込んだりしちゃダメですよ。

-------------------

「期間延長を頼んだけど、借用期間一杯で断られた」
なんてのも聞きますが、銀行としてもなるべくなら穏便に済ませたい訳です。
でも、任意売却しかないな、なんていう時は人気物件なら銀行自ら情報を流して買い手を探すこともあります。
フラット35(旧金融公庫)なら、返済方法の変更や猶予なんていうメニューもあります。

まずは借りた銀行に滞納する前に相談するっ!

なんとか今回はしのげるけど、将来が心配という方、ライフプランのキャッシュフロー表を作ることを強くお奨めします。
作ると、

  「月2万の節約では、子供さんの進学と車の買い換えは無理ですね」
  「奥さんが働くとかで、月3万の収入アップが出来れば・・・」
  「あっこのローンなら借り換えした方がいいですね」

なんてのがわかってきます。
ご相談は 「ファイナンシャルプランナーに相談.com」までどうぞ < こちら >
 
【関連記事】
 ●住宅ローンが払えないとどうなるか (2009/02/11)

|

« 住民税10倍に | トップページ | 年齢別の貯蓄残高(平成20年総務省家計調査) »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/45301544

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅ローンの6月危機問題(ボーナス払いの月っ!):

« 住民税10倍に | トップページ | 年齢別の貯蓄残高(平成20年総務省家計調査) »