« 株価1万円台回復、今後は? | トップページ | 住宅ローンの6月危機問題(ボーナス払いの月っ!) »

2009/06/15

住民税10倍に

毎年この時期になると、住民税が上がったという話しを聞きます。
下に年金生活者の例を出していますが、私のクライアントには、「来年から上がりますので準備しておいてください」、「こういう控除で節税していきましょうか」なんて言う話しをさせて頂いています。
ちなみに私、今、住民税0です。少ない収入はすべて控除と経費で消えますので。。。。。株のもうけも、去年から一杯損しちゃってるので儲けがありません(株の損失3年間繰越控除)

----

住民税は所得の10%です。サラリーマンの方は給与所得控除という大きな控除があるため、それ以外で使える控除というと医療費控除とか扶養控除とか生命保険控除くらいしかありませんね。サラリーマンの方は住民税は給料天引きの方がほとんどなので、冒頭の質問「住民税が上がった」と言われるのはほとんどの場合年金生活者の方々です。(サラリーマンでも年金生活者の場合もまあ同じような感じなんですけどね。)

64歳の年金生活者が部分年金で120万を貰っていて控除が115万あれば、

 所得5万円  これの10%で住民税5000円
 
65歳になって年金が増えて、200万になって、控除が150万だと

 所得50万円 で住民税5万

こんな計算になっています。住民税が10倍になるわけですね。
しかも健康保険料がどかんと上がったりするのです。

どうやって税金を準備するか、そして、安くするか。
5年前、10年前から考えている人とそうでない人では、心の余裕も現実のキャッシュの量も全然違ってきます。

一つ二つ例を挙げると、企業年金や個人年金を一括で貰うか年金で貰うか、これだけでもトータルで税金数十万かわることも多いのです。健康保険どうするか、介護保険の給付はある・ない? こんなところでも変わってきます。

心の余裕、お金の余裕、、、、どんな世代でも重要ですが特に収入が年金のみの方にとっては、人生の充実さを感じる上では大きな要素になっている、と思いますね。

「来年からは税金と健康保険料が上がりますので、この分は貯金を分けておいて、
 貴方の場合だと、300万円くらいですね。奥さんが年金貰ってから10年までの
 安心ライフプランをシミュレーションしましょうね。その間に国債なんかで利子を
 殖やしても良いですし。いくつかプランお見せします。」

ってこんな具合。

|

« 株価1万円台回復、今後は? | トップページ | 住宅ローンの6月危機問題(ボーナス払いの月っ!) »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/45284364

この記事へのトラックバック一覧です: 住民税10倍に:

« 株価1万円台回復、今後は? | トップページ | 住宅ローンの6月危機問題(ボーナス払いの月っ!) »