« GWは博物館? | トップページ | 老後を豊かに暮らしたい人の保険の入り方 »

2009/05/01

国の借金どうする? 給付金貰って喜んでいる場合じゃないかも

先日、09年度の補正予算が国会に提出されました。
昨年度から景気対策だとバンバン借金して経済対策しています。
これが良いとか悪いとかはとりあえず言いませんが、当初30兆の国債発行が、40兆とか、財投まで入れると60兆とか言われています。

Kokusai

財政投融資分までいれて60兆円と言うと、日本の人口1億人で割ると、一人60万円分の借金増加。
定額給付金1万2万貰って、かわりに60万の借金作ってる。
こういう見方ができると思います。

将来への借金だから、子供達のためになるような学校建設とか将来必要なインフラ整備に使おう、なんて言っていた意見はだんだんとゆがめられて今は声が小さくなってきました。

と言うわけで、将来が不安な庶民の出来る対策はと言うと、

  (1)折角予算が付いたんだから、エコカーに買い換えよう
     住宅が買いやすいらしいから買っちゃおう。
     
  (2)経済対策で上がる株式や投信を買って資産運用しちゃおう。

ま、補正予算の審議はこれからです。自民・民主いきなり国会解散がないとも言えません。いずれにしても秋までには任期満了で解散しますから、選挙関連の株もねらい目かも。


ところで、長期国債金利は、12月の1.2%から、1.45%まで上がってきています。国債がジャブジャブになって、価値(国債価格)が下がると、金利は相対的に上がるという仕組みになってます。
 変動金利の借金をしている人は、たぶん上がってきますので、注目しておきましょう。
 ボーナスは下がる、返済額は上がる、残業手当もなくなった。家計に無防備だと大変なことになります。

|

« GWは博物館? | トップページ | 老後を豊かに暮らしたい人の保険の入り方 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

お前は蒋介石か! 自民党が46基金(4・3兆円)を疎開させる
http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/dfee2315cc929c8e3cab61c0e395ef4f
これにより2009年度第1次補正予算案が、経済対策ではなく、自民党議員の政権転落&失業後の雇用対策であることが明白になりました。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090501AT3S0102701052009.html
政府が追加経済対策を計上した2009年度補正予算案で、総額4兆3000億円に上る46種類もの「基金」をつくることが明らかになった。地方自治体などにお金をプールし、複数年度の支出を確保する狙いだ。ただ予算が過剰に積まれたり、お金の使い道が不透明になるなど財政規律を損ねる懸念がある。
民主党の細野豪志衆院議員の質問主意書に回答するため、1日に閣議決定した答弁書で判明した。

投稿: にんか | 2009/05/05 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/44820018

この記事へのトラックバック一覧です: 国の借金どうする? 給付金貰って喜んでいる場合じゃないかも:

« GWは博物館? | トップページ | 老後を豊かに暮らしたい人の保険の入り方 »