« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月に作成された記事

2009/05/29

株価と政権

株価のグラフを描いていて、ふと政権を入れてみた。
そしたら自由党なんていう懐かしい名前が出てきたりした。

小沢さんの影が出てくると株価が下がるという法則(^_^;)

嘘ですよっ、嘘っ!

与党に政権担当能力が無くなりそうになると、株価が下がると言えそうですね。

 

Kabuka_seiken
    (ちょっと縦軸がずれてるようですが気にしないでください)

  小泉さん時代って株価あがったやん!

郵政民営化も派遣法も、めちゃくちゃやったと騒いでいる人がいますけど、良かったことと悪かったこと、きちんとまとめてくれないものでしょうかね。
「ゆうちょ」と「かんぽ」を分けたことが良かったのかどうかとか、これからどうするのか、ってこととか。以前に戻すことが本当に良いのかどうかってところもね。

私自身は、この十数年、次世代産業を育成しなかったことの罪が大きいと思うんですけど。。。
派遣法を拡大するならきちんとスキルを育てられる派遣業者を育成する、っことを大事だったと思うし、もしロボットとかバイオとか世界をひっぱれる産業が育っていたら、派遣切り大量失業者なんてことにもならなかったと思うのですが。。。。。

さて次なる懸案はというといろいろ思い浮かびますが、まずは農業という産業でしょう。
いつまでも安い食材が外国から日本にやってくるわけがない、そのうちしっぺ返しがやってくる、なんて思っています。
だって今農業所得だけで家族が養えている所って非常に少ないでしょ。昔からやってるし、じいちゃん・ばあちゃんになっても仕方がないのでやっている、か、それとも外国人労働でささえているか。

普通に一生懸命、農業すればきちんと家族が養える所得が出来る構造にしないと。

これは、今の「自分の所」の小さな田畑でみんな同じように「農業機械」を持って、そんでもって、「卸業者」なんて言う流通制度が大半を占めていて、、、、なんていう非効率なやり方すればコストがかかるばっかりなので、もっと大胆な改革をした上で、きちんと家族が養える所得が出来る構造という意味であります。

職を失った人が農業労働に回ればいいなんていう簡単な話しでもありませんし、所得保障や補助金を出せばいいというものでもありません。
どうも将来像が見えません。

そんでもって、農家のセーフティネット。
派遣のセーフティネットを拡充することも急務ですけど、農家のセーフティネットを拡充することも急務でしょう。まぁ、農業も漁業も第一次産業については私はほとんど素人ですけどね、社会保障についてはそれなりにいえます。生活保護を受けるためには田畑を売らなきゃいけない、自動車とかの資産ももってちゃダメなんていう生活保護制度では、農家にとっては無いも同然だと思う。

さて次の選挙、鳩山さんも好きじゃないし、かといって、与党もダメかななんて思うと、、、、tak党 なんて書いて投票しちゃおうか。

産業が育成されなきゃ株価も上がらないじゃん♪



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/27

会社合併で退職金制度がなくなったAさん

Aさんからの話し。(※多少脚色しています)


  Aさんはある会社に勤めていました。その業界では非常に歴史のある会社です。
  この会社と別の会社が合併することになりました。
  名目は対等合併、実際は吸収合併というやつです。
  相手の会社には退職金制度がありません。

  当時、Aさんは40歳の課長で、そのころの水準では退職金の推定額は3000万円。
 
  しかし会社は組合に、積立金を一時金として還元するから
  退職制度は今後なしにしたい、と申し入れ、組合は受けました。
 
  一時金の額は数百万円。みんはな臨時ボーナスだと喜んでいますが、
  同時に、将来の不安もつきません。

-----------------------

歴史のある会社の退職制度は、予定利率を5%くらいに設定しているところが多くて積立不足が問題視されていました。会社としては会社合併を機会に退職給付債務問題を一掃して、将来の不安材料を無くしてしまおう、ということなのでしょうが、個人の生活を見ますと、間違いなくキャッシュが無くなります。

私からすると、何にもない方がプランは立てやすいのですが、でも退職金が無くなった事実には代わりありません。

実は、多くの企業が退職債務問題では、支給を減らしています。0にします、と言うと組合の反発が強いので、やんわりと
  「今辞める人よりは減るけど、できるだけ頑張りますから」
なんて言っている事が多い。

その昔の金利6%7%時代には会社が年間12万円を積み立てれば勤続40年では2000万円くらいの退職金が用意できました。これが(積立額は同じで)金利2%だと720万円です。1%(今の国債金利)だと590万円です。

20年後の退職金は、今貰っている人の、半分とか3分の一とか、こういう企業が出てきてもおかしくないとおもっています。退職金の原資が100%確定拠出年金でそれをすべて元本保証である定期預金に預けている人の退職金は間違いなくそうなります。確定拠出で投資してさらに減らす人もいる。
会社が出す積立額は同じなのに、利率が小さくなれば、実際受け取る額は1/3になる。これを理解して確定拠出制度に同意した組合員はどれくらいいるのだろうか、なんて思います。

そう言う意味では、Aさんのように

 「退職金いくらかなぁ」

なんていう不安定要素がなくなり、『意識して自分で準備する時間が出来た』、とも言えますし、それによってより明確なライフプランが作成できて上手くお金を準備して使うことができるな、なんて思います。

「いくらかわからないけど、あるだけで生活するよ」という人より、中身の濃い人生になるんじゃないか、と期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

住宅ローンの自己破産、5万円が12万円になる株を持っていたならば…

昔、自己破産というと、借金、それも多重債務の方が多いと思っていたのですが、最近、

住宅ローンが原因の自己破産、増えている
ような気がします。

   住宅ローンが払えない → 督促が来ているけど消費者金融で借りても
   返せないのがわかっている。 → 親からも借りたけどもうダメ → 
   自己破産しちゃおう

住宅ローンの保証料は、借りる期間によりますがだいたい0.4%くらいですよね。単純に言って250人に一人が破綻する、なんていう制度設計になっているのです。これ以上の人が破綻すると保証会社が倒産します。

------------

株式投資で儲ける方法をお教えしましょう。半年で2倍は例えばこれっ!
ボーリングとかカラオケとかでお馴染みの(ひょっとして関西だけ?)のラウンドワン。

5万円を元手に売って買って売って買って売って、12万円!!
50万円が元手だったら120万円!

Roundone

嘘ですよ~、こんなにうまくいくことなんてまずありません。チャートを見て後から書くなんて誰でもできます。
上の図のように、いつもうまくいくなら私は今頃大金持ちです。

ただ1回くらいの波をつかまえることはできるでしょう、そして、失敗することもあるでしょう。   株式投資の うま味♪ と 怖さorz 低金利時代の今の社会では、基礎知識として必要じゃないのかなぁ、なんて思います。

------------

パーソナルマネーを考える時にはいつもストックとフローをみます。

フローは良いですね、毎月の収入と支出のこと。
ストック、貯金のことですが他にもあります。不動産とかですね。不動産価値とその借金(よく借金を忘れている人がいます)

 ( 貯金 + 不動産価値 − 借金 )

これがマイナスだと債務超過!

フローは毎月のことですので理解している人が多いと思いますが、ストックは意識していない人多いんじゃないでしょうか? でもこれを意識していないと、自己破産予備軍となる可能性があります。
株やFXする時にもストックに占める割合とか、を考えることはとても重要です。

「住宅ローンが払えない」こんな時は、状況が悪化する前にご相談下さい、ストックがあるならなんとかできる可能性は高いと思います。

※私、金融商品販売法(旧投資顧問業法)による金融庁の登録を受けていないので、個別銘柄のアドバイス、「あれ買え~これ買え~これいいよ~」は言えませんのであしからず。。。投資資金を集めない限りひっかからないと思っていたのですが、どうも投資助言だけでも摘発例があるようなので、、、、資本金500万で法人化できるようになるまでお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/25

節約の基本、体型を変えない!

去年くらいからでしょうか、スキニージーンズが流行ってきているらしいと聞きました。
平成元年生まれの学生が丁度産声を上げた頃(つまり単純に20年くらい前ということね)やたらとタイトなジーンズが流行ってました。
確か、1〜2本どこかにしまってあるはず、なんて思い出して、wranglerの901シリーズだったかなぁedwinの1305シリーズだったかなぁなんて古い記憶を探索しつつ、古いジーンズを引っ張り出してきました。

  履けるっ!
     んでも肉、はみ出ててるし、、、。


太ったり痩せたり、体型が変わると間違いなく出費が増えます、流行云々にかかわらず。
へたすりゃ年間10万20万変わっちゃいませんか。20年間では200万。。。。とこれは書きすぎかも知れませんけど、でも出費が増えます、確実です。

------------

ダメージ加工のジーンズ、いつ頃から出来たかなぁ。

 「お前のそのGパン、ヒザ破れてるで。もうアカンのちゃう。
  普通そこまで履かへんで」

学生時代に、ボロクソに私に言い放った友人がいました。そんな彼もたぶん今は映像関係のビデオかテレビの仕事をしているはずです。

ヘソ出してパンツ見せて、ボロボロに破れたジーンズを履くようになったのはいつからなんでしょうか、少なくとも20年前にはなかったなぁなんて思います。
2000年頃の高校生(現在年齢30歳前の世代)くらいからでしょうか。

------------

 体の健康、心の健康、お金の健康。

どれも幸せのためには大事なのですが、お金の健康が一番前にくることはありません。
体と心が健康であってこそのお金です。

節約の基本、体型を変えない! なんて書きましたけど、それで健康を害してはいけませんし、病気や薬の影響で太ったり痩せたりすることもありますので、まずは、健康にご留意くださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/22

地価上昇0のときのローンの組み方、「頭金35%」

すごいグラフ作っちゃいました。こんなグラフ今まで見たことがありません。takオリジナル。(>私が知らないだけかも知れませんけど)

で、グラフの結果分かったことは、住宅を買おうと思ったら、頭金35%、これに諸費用他をいれると購入価格の50%は現金で用意しましょうってこと。\(◎o◎)/
 

3000万の不動産を買う場合の、
「不動産価値のグラフ、地価上昇2%と0%の時のグラフ」です。
これに「頭金0で35年住宅ローンを組んだ時(金利3%)のローン残高」を重ね合わせました。

不動産価値は土地と住宅に分けられます。で建物の方はどんどん古くなって価値が下がります。新古価格でさえ価値が下がりますしね。
 
Jyuutakuroan


昔のローンだと、15年くらいまでは債務超過(=ローンの方が大きい)状態が続きますがそれを我慢すると資産価値が上昇してきました。土地価格2%はわりと控えめな数字ではありますが、まあ、平成に入ってからはどんどん下がっているので、昭和時代のローンだと思ってください。

今は土地は随分下がりましたが、昨年少し上昇し、今年また下がってきています。
一応、0%で計算しました。

これだと頭金なしの全額ローンだと、25年間債務超過が続きます。

これを避けるには、、、、計算しました。
頭金35%用意しましょう。

住宅購入の際には、諸費用や引っ越し代や家具・インテリア代なんてのも必要なので、
例えば、3000万の家を買うのなら

  頭金 35%  1050万
  諸費用10%  300万
  その他5%   150万   合計 1500万円の現金
               (ローン額は1950万円)

つまり購入価格の半分は現金で用意しましょうね。なんて事になります。


------

実は、ローンをほとんど組まずに家を建てる方は結構いらっしゃいます。
むしろ、全額ローンの方が聞かないです。

親と一緒に2世帯で住んでいたけど、家が古くなったので引っ越ししたり、建て替えたりとか。でこれが夫婦共働きで50歳くらいだと、ローンほとんどなしだったりします。

もちろん、共働きでなくともしっかり資金準備されている方とか、親と資金を出し合って共有名義とか、親から資金を貰ったりとか。
転勤族で家賃が今までかからずしっかり資金準備できた、なんて方もいらっしゃいます。退職金とあわせてローン組まずに一気に田舎に戻って建てちゃうとか。

35年ローンが一番多いのでこれで計算しましたけど、これだけ頭金を用意するともっと短期に返済できて利息は節約できますね。もう少し詳しい計算が必要かも知れません。

(個人的には多少利息がかさむことには目をつぶって、返済額を少なくしておいて、その分、教育費とか親の介護費とか臨時費用の貯蓄に回すというのも決して悪くないと思いますが・・・。)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/20

どれくらい貯蓄している?(調査結果)

平均の貯蓄額1700万、なんて書くと、「みんな毎年そんなに貯金しているの?」なんて誤解する人が、、、、いませんか?いませんね。

いまどれだけの貯蓄があるかより、毎月(毎年)どれくらい貯蓄しているか、こちらの方が興味がある、なんて方も多いみたいでして、「収入の中からどれくらい貯蓄しているか」の2008年の調査結果です。

日銀の下部組織である、金融広報中央委員会のアンケート調査、「家計の金融行動に関する世論調査」からです。
http://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/yoron2008fut/hist.html


Chochiku


  一番多いのは、貯蓄しなかった
   2番目は、10%〜20%。

横グラフにすると「ふたこぶラクダ」になります。
貯金しない人が一番多いんだ〜、なんて思わないでくださいね。

子供の勉強時間調査とよく似ています。
勉強を全然しない高校生と3時間以上勉強する高校生でふたこぶ出来るのと同じですね。

勝ち組・負け組あまり好きな言葉ではありませんが、いまあらゆる生活様式で、これが表れているように思います。
、、、、、なので、勝ち組のための貯蓄の目安は15%。
年収300万なら年間45万円、年収500万なら年間75万円、年収700万なら年間105万円の貯蓄です。


まあね、自分の人生のライフイベントがいろいろ控えている人(家も車も教育費もって言う方とか)はもっと資金準備した方が良いと思うし、かなりのイベント終わっちゃったよ、なんて人(子供が大学生卒業間近で家のローンももうすぐ終わりなんて言う方とか)は、老後にあわせてそれなりに準備すればいいし。

あまり数字だけで上のグラフにとらわれない方が良いと思います。それよか、自分のライフイベントをどう充実させるか、を考える方が幸せな人生を送るためには重要だと思います。

------

「みんなどれくらい貯金しているんでしょうか?」

この質問、不思議なことに、セミナーでは時々きかれたりします。
が、個別相談では聞きません。 おもしろいでしょ。
個別相談では、「人は人、私は私、私の人生をどうする?」ってことなので、他人がいくら貯金しているかなんて質問にならないんですね。

個別相談の最初の面接って面白いですよ。
 今、貯蓄100万、これくらいの住宅ローンを組むと、、、、、
 
「定年直前でも住宅ローンだけで2000万の借金残ってますよ。退職金で返せます?」

「そうですね〜〜〜〜」

ローン組むことばかりに熱中して将来がちょっと危うい人、結構います。
「完済年齢80歳以下という条件」で、今年中になら30年ローンが組める、組むしか今しかない、なんて考えるようですね、ある50歳の方です。
まぁ、住宅購入という一大イベントを前に気持ちはわからないでもないのですけどね、もう少し人生うまく考えましょうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費回復の兆し、株価あがるか?

月曜日に内閣府より消費動向4月分の発表がありました。

このところ消費回復の兆しが見えます。底は抜け出たと見て良いでしょうか?


Shouhisyataido

年初は、派遣村とか雇い止めとかのニュースがわんさか出ていましたが、春闘が終わり、その後、高速道路1000円とか定額給付金とかのニュースで少しずつ回復している、というのが一般的な見方のようです。


本日GDP発表ですが、これは統計の遅れからまだ若干悪いかもしれません。が、鉱工業指数も6ヶ月ぶりに上向いた(5月発表3月分)なんて言うニュースも出ています。日経平均株価もそれを先取りするかのように、3月の底、7000円台から9000円台にまで上昇してます。

リーマンショックの昨年秋以降、アメリカVIX指数もやっと30を割りました。

まだまだ予断は許しませんが、100年に一度の危機は、実は20年に一度の危機くらい、だったのではないか、と後から言えるようだと良いなぁ、なんて思っています。

-----

まだまだ株は魔物だ! なんて言う方が多いようですが、
「年金受給額見込額」なんてものが社保庁からやってきて見てみると
「えっこんなに少ないの?」

なんて思う方がこれから続出してくると思います。
そうなると自分で自分の年金・貯蓄を作っていかないといけないわけで、資産の一定割合(私のお薦めは1〜2割)を株式や投資信託にして殖やすことを考えないといけない時代だと思っています。

住宅ローンで手持ち資金を不動産に変えることよりもきっと重要になる! と思ってますよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

エンゲル係数、上昇中かも

私、最近よく食べます。
実は2月からスポーツクラブに通っています。かれこれ3ヶ月なんとか続いています。週に2〜3回汗を流すようにしているのですが、何が変わったかというと、よく喰うようになりました。
突然に、そう、午後の3時半から4時にかけて、猛烈な空腹があれよあれよと襲ってきまして「俺病気じゃないか」と思うくらいに空腹中枢が最大限にまで刺激され倒れそうになります。
でめったに買わなかったお菓子なんかを常備するようになって、いろんな発見がありました。
どんな発見かというと・・・

今まではスーパーのお菓子コーナーなんて無縁だったのですが、昔よく食べたお菓子が今でも結構あったりとか(おにぎりせんべいとかカールとか)。
「なんでチョコレート菓子がこんなに出ているんだ」と思えばバレンタインデーの週であったりとか。
よく見ると菓子売り場というのは、売り場面積うちで結構な部分を占めているという事に気づいたりとか。
空豆せんべいの小丸フライが実は歩いていける距離のところで製造されているということを知ったりとか、、、、、

話しがずれました、エンゲル係数の話しです。

-----------------

エンゲル係数とは、収入に占める食費の割合です。
中学か高校の社会(公民)で習うと思うのですが今でも教えているんでしょうか。
元々は生活水準を示す指標です。

  エンゲル係数が50%前後なら、ぎりぎり生活できるレベル(昭和25年)
  30%未満ならゆとりがあるレベル、(昭和70年 大阪万博の年)

今の日本でのエンゲル係数は、23%です。(※1)
ちなみに、物を買う機会が多い30代で20%、高齢者で25%です。

※1(総務省家計調査 家計簿からみたファミリーライフ)より

------------
 
  月収30万円なら、食費6〜8万円ってところでしょうか。
  多いですか? 少ないですか? 
 
 あくまで平均ですので、家族の多い世帯・少ない世帯で全然違うでしょうし、中学・高校生の子供なんか、二人分くらい軽く食べるうえに、いつも「腹減った〜」なんて叫んでますしね。米と野菜が実家からやってくる、なんてのもよくお聞きます。
 いまだに食品偽装がありますから、ひょっとしたら「安全のために安い物は買わないのよ、ホホホ」、なんて方もいるのかもしれませんね。

 だからエンゲル係数23%という数字にはあまり意味がありません。
 食費の節約では圧倒的に外食をやめること、これにつきます、って私が書くほどのことでもないですね。
 
 でもいらっしゃるんですよ
 
  「週末の夜は外食することになっていて、主人も楽しみにしているんです、
   この支出は無くせません」 って方が。
 
 食費の内半分以上が外食費で、家計を圧迫しているのならよく考えた方が良いと思います。外食費が固定費になっている方は要チェックです。結構、「たこ焼きパーティ」とか、「華麗な奥様の午後の紅茶タイム」、なんかでも盛り上がれたりしますからね(※関西人だけじゃないですよね。自宅でたこ焼き作るのは)

 お菓子売り場だけでもいろんな発見がありますから、皆さんもいろんな発見してください。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/13

エコポイント、一部対象決まる

昨日のニュース、政府経済対策のエコポイント制度の一部が発表されました。
1点=1円でキャッシュバック、と言いたいところなのですが、、、、、、
1点=1円ってなんか怪しいですよね。どうやって申請してどうやって使うのかはまだ未定だそうですし、もし実質使えない紙切れだったら、、、、、使えなかったら詐欺じゃん!(せめてクレジットカードとかのポイントに移行してくれないかなぁ)


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   テレビサイズ   エコポイント数(点)
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    46型以上     36,000点
   40、42型     23,000点
    37型       17,000点
  32,26型      12,000点
   26型未満       7,000点
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 
 これからメーカーが「うちのこの製品を対象にして良い?」と審査して貰って通ったやつについて対象製品が決まって、そんでもって、これから出来るどこかの事務局に書類を送って、そのあと、エコポイントがもらえるらしい。(ホントにもらえるのか?)

 とりあえず、5/15日以降の領収書や保証書、家電リサイクル券なんかを保存しておけ!という事らしいですが、こんなに全然決まっていない中で走らせて良いのか?みたいな制度ですね。ハイ
 
 
大丈夫か?日本は。

------------

ところでこのエコポイント、この制度が無くなった時(今の予定は来年3月)の反動なんて、メーカーはすでに検討し始めているんでしょうか? エコカーはいいとして、家電は結構反動がありそうなんて思ってしまう元メーカー出身の私です。

景気が回復しないので、引き続き延長をとか、さらに拡充とか、やっぱりやめたとか、、、、無節操な政策が続くとしたら嫌だなぁ。素直に喜んで良い制度なのか胡散臭い制度なのか、そんでもって、GDPを上げることになる制度なのか、少しだけ疑問があったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/11

年金の積立金が2031年に底をつく

GW中のニュースでした。ついに具体的にこういうニュースが流れるようになってきましたね。

★「年金は31年度に破綻」マイナス1%成長で、厚労省試算
          2009年5月1日(読売新聞ニュース)

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090501-OYT1T01015.htm

 厚生労働省は1日、実質経済成長率が今後長期にわたってマイナス1%
 前後で推移すれば、公的年金は積立金が枯渇して制度が破綻(はたん)
 するという試算結果をまとめた。

 試算では、物価上昇率、名目賃金上昇率、積立金の名目運用利回りが、
 今後それぞれ過去10年間の実績値の平均(マイナス0・2%、マイナス
 0・7%、1・5%)のまま推移し、実質経済成長率がマイナス1・2%の
 状態が続くと想定。このケースでは積立金が2031年度に底をつき、
 年金給付の財源が足りなくなることがわかった。

かなりの方から「年金いつまでちゃんと貰えるかわからないよね」なんて聞きますが、本音は、何とかなるんじゃない?なんて思ってる方が多いのだと思います。現実味がないわけですね。
10年15年前だと、

  「給料が減ることなんか思いもしなかった」
  「会社が倒産なんて自分には関係ないと思っていた」

これが今は、全然不思議じゃない時代。だから年金も同じ道をたどるとすると、あと10年すればもっと現実味を帯びてくる、そんな風に思っています。

----

なんで積立金がなくなるのか?基本に戻りましょう。

入ってくるより出ていく方が多いからです。単純です。
貯金が無くなっていくのと同じですね。

  収入>支出にすれば、積立金はなくなりません。

 ◆現役世代が払う保険料(税金でも良い)を2倍くらいにするか
 ◆年金水準を半分にするか

支出の方が増える原因はというと、書くまでもないことですが、

少子化+非正規の増大 ==> 年金保険料収入は減っている。
大量退職+今までの年金水準で支給 ==> 支出は増えている。

----

でいつも問題になるのは無駄遣いの件。

  50万円の給料の旦那に、100円200円の無駄遣いを怒っている奥さん

の状態ですね。

年金支出は一般会計で毎年10兆円。年金制度での支出は毎年50兆円くらいです。
毎年ですよ毎年!
で、マスコミは100億200億の無駄遣いをことさら騒ぎたてているのが日本のテレビ。

マスコミももっともっと真実を報道して貰いたいものです。
無駄遣いの件はガンガン指摘して是正して欲しいものですが、それと同時に真の財政状況も報道しなきゃいかんでしょ。

ところで民主党の一部議員さんには本質をついた質問・追求している方がいます(民主党の亜流勢力?)、こういう議員さんが増えて欲しいものです。(残念ながら私の選挙区ではないし、亜流なので比例にも入れられない、、、、、ので、次回もやっぱり自民党に投票かな。)

----

 繰り返しますけど、年金制度は、収入<支出であればそのうち破綻しますけど、
 収入>=支出なら破綻しません。そんな制度にすれば「年金制度は破綻しない」

 つまり、年金制度は破綻しなくて、破綻していくのは個人の家計、ということです。

 無防備な家庭は、今度対処が必要となってくるでしょう。ですので、私は自分のリスクとリターンをしっかり把握して自分で運用していくという観点が必要になってくると思っています。

安全な運用からハイリスクの運用までいろんな運用がありますが、ほとんどの方はリスクとリターンの意味が十分わかる前に、、、、つまり自分の「ライフプラン」を考えずにリスクを適当に理解して、そして運用に手を出しているように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/08

苦しい家計は、固定費を見直さないとねっ!

給料カットのAさん、リストラされたBさん、養育費を払って貰えないCさん。
ローンが払えない、税金が払えない、払えないとどうなるの、的な声が聞こえてきています。


それはさておき、苦しい時の家計向上。

下の図は月収34万、ボーナスを考慮すると年収で500万ちょいの方の家計の例です。

Kakei


節約の基本は固定費削減です。
変動費は苦労の割に、成果が報われなくて、幸せ感が実感できません、苦しいだけ。


でもって、赤くチェック印をつけた項目、これが特に重要なポイントですね。
駐車場が安い方が良い、なんて私に言われなくても当然のことですよね。でも、ローンとか、保険とか、税金とか、、、、、簡単にどれだけ減らせられるかわからないからFPが登場してくるわけなのです。

 「借り換えしたら月2万、返済減らせるんですね」
 「この保険、来年更新で2万増えるけど・・・」
 「この学資保険だと、満期時に贈与税20万くらいかかりますよ」

 
借換でローンを減らせる人、無駄な保険を減らせる人、節税しながら保険に入る人、、、、

10年目に保険料が増える更新型保険だって、子供が中学生のときに加入したのなら、更新時には教育費が無くなっているので、家計的には大丈夫。保険料アップの更新と教育費とが重なるから苦しくなるわけで、、、、で教育ローン組んで、余計無駄な利息を払ってしまっているという・・・・・悪循環ですね。

ライフプラン的には他の資金準備(代表は教育費・車・税金)をしながらしっかり家計を考えていくとムダ・ムリ・ムラのない上手い人生財政計画、再生計画が作れます。
ご相談は早めにどうぞ。
私はいつも、「家族の気持ちがバラバラにならないこと」、これを重点に考えます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/07

GW楽しみましたか?

正しいお金の使い方
       1.思い出になることに使う
       2.自信になることに使う
       3.周りから認められることに使う

       
私が作りましたっ! 幸せになるためのお金の使い方ですよ〜♪

「毎月1万円を貯金に、1万円を投信で貯蓄して、株価が上がっていたら投信を解約。
 下がっていたら貯金の方を解約。これで最低12万円の旅行予算が作れますよ。」
 
こうアドバイスしていたクライアントのAさんは、予定通り旅行されたみたいです。

皆さんのGWはいかがでしたでしょうか?

一人で遊んだ人、家族と遊んだ人、趣味に打ち込んだ人、勉強した人、休みに関係なく働いていた人、いろいろいらっしゃると思います。


-----
 
さて私のGWはというと特にこれというものはなく、実家に帰って、ホームセンターに行って、実家のメンテでした。築20年ともなるとはしごに登ってなにやらしなければならない用事がたんまり出てくるものですね。ガレージを綺麗にしたり、すだれつけたりとか。

でもって、毎日意味もなくたらふくに喰ったり、いつもは食べないおやつの時間なんかが定例化してしまったりとか、心なしか体重が増えたような気がします。
最終日の親孝行で、肉じゃが料理、作ってさしあげました、ほとんど喰ったのは私ですが。。。

今日からお仕事、頑張っていきましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/04

老後を豊かに暮らしたい人の保険の入り方

年金不安が益々増加する中、老後のために貯金しておく、個人で年金保険に入っておく、こんな方も大勢いらっしゃいます。今回は年金保険ではない、他のテクニックを使う方法のご紹介でして、

「(プチ)豊かな老後」を目指した生命保険の入り方のご紹介。

入院保障(日額7500円)は一生涯で、保険料の払込みは65歳まで。
死亡保障は500万です。この「入院は一生涯」と「500万」がキーワード。
入院保障は一生で、死亡保障を100万ずつ取り崩すというものです。

Teigenhoken

500万円というとあまり大きな保障じゃありませんね。いわゆる葬式代っていうやつです。
65歳での葬式と、80歳での葬式ってやっぱり違うと思うんですよね。もちろん、70歳過ぎてから交際が広がる人もいらっしゃいますし、80歳でも現役バリバリなんて方もいらっしゃるので一概に言えませんけど、高齢になるほど身近な人との葬式になるのだったら、じゃあその分生きている間に使っちゃう方が良いんじゃない?なんて思ったりするわけでして、ならこんな保険もアリなんじゃないかという訳です。

男性44歳で(←私の年齢です)保険料は、65歳まで月々29700円を固定で支払って、総額750万円です。\(◎o◎)/
でもね、500万円は絶対誰かが受け取れるんですね。実質負担は250万円。三分の二(66%)が戻ってくるという保険です。
で、入院日額7500円を一生保障(限度有り)。

ま、これ お得? 損?・・・をどう考えるかですね
実質負担250万円の元を取ろうとすると、11ヶ月入院しないと元が取れません。でも終身の医療保険、こんな額じゃ入れないですね。だいたい掛け捨ての医療保険は何もなければ文字通り「捨てている保険」
じゃあどれくらい自分が入院しそうか? これはなかなか分かりません。

 私の親父は、入院3週間ほどでした。
 お袋は、これまでに、心臓病で4回、足の骨折・ヘルペス・その他で、すでに、2年分くらい入院してまして、また今度入院するようです。
 随分前に亡くなった祖母は、2年半くらい入院してました。
 祖父は2ヶ月。
 
 二ヶ月くらいの入院を何回かしている、という方は決して少なくありませんね。

--------------

 保険は、「安心を買うもの」。コストに見合う安心があるかどうか。養育費の手が離れていれば若い時ほどの保障は必要ない。でも、50歳すぎると保険料(コスト)はかなり高いので、私は、

 「その分保険に入ったと思って貯金しておけばどうですか?」
 
 なんて言ってます。
 50歳過ぎてはいる保険は、相続対策(次男とかへ)とか、税金対策に重きをおくべきと思っています。(みなさん、「今すぐお電話を!」で資料請求されているようですが・・・年齢が上がったら保険にはいるなっていう意味じゃなく、コストが高いっていう意味です)
 
--------------
 
葬式代500万円を5年ごとに100万ずつ減らす。これどう考えるか?
100万くらいはハシタ金だ! なんて言う人は関係ないですね。
これを生活費に使ったほうが良いなと思う人、車の買い換えに使いたいなと思う人、こんな人にはこんな保険もお勧めです。


 
 
 
※お祝い金;保険会社によっては、「無事故お祝い金」なんていう名前で、入院とか何にも無ければ払います、なんて云うのがありますけど、これは、必ず受け取れるというものではありませんので要注意です。あまりおすすめできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/01

国の借金どうする? 給付金貰って喜んでいる場合じゃないかも

先日、09年度の補正予算が国会に提出されました。
昨年度から景気対策だとバンバン借金して経済対策しています。
これが良いとか悪いとかはとりあえず言いませんが、当初30兆の国債発行が、40兆とか、財投まで入れると60兆とか言われています。

Kokusai

財政投融資分までいれて60兆円と言うと、日本の人口1億人で割ると、一人60万円分の借金増加。
定額給付金1万2万貰って、かわりに60万の借金作ってる。
こういう見方ができると思います。

将来への借金だから、子供達のためになるような学校建設とか将来必要なインフラ整備に使おう、なんて言っていた意見はだんだんとゆがめられて今は声が小さくなってきました。

と言うわけで、将来が不安な庶民の出来る対策はと言うと、

  (1)折角予算が付いたんだから、エコカーに買い換えよう
     住宅が買いやすいらしいから買っちゃおう。
     
  (2)経済対策で上がる株式や投信を買って資産運用しちゃおう。

ま、補正予算の審議はこれからです。自民・民主いきなり国会解散がないとも言えません。いずれにしても秋までには任期満了で解散しますから、選挙関連の株もねらい目かも。


ところで、長期国債金利は、12月の1.2%から、1.45%まで上がってきています。国債がジャブジャブになって、価値(国債価格)が下がると、金利は相対的に上がるという仕組みになってます。
 変動金利の借金をしている人は、たぶん上がってきますので、注目しておきましょう。
 ボーナスは下がる、返済額は上がる、残業手当もなくなった。家計に無防備だと大変なことになります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »