« BuyとShopping;楽しい買い物してますか? | トップページ | お金は使うのが、むつかしい »

2009/04/10

ライフプランというドラマ(雑文)

最近、ビミョーに気になることがある。

街をぶらぶらすると、不機嫌な顔をした人がやけに多いのだ。
サラリーマンが不機嫌そうな顔をしているのは大昔からだけど、最近はおばちゃん達も冴えない表情をしているように見える。

夫婦で京都にやって来ました、リタイアしたところです。こんな風にしか見えない熟年カップルも、さほど嬉しそうじゃない、というか喧嘩してたりする。折角来たんだからもう少しはしゃいでいても良いんじゃない?なんていらぬ心配をしたりする。

今、一番笑顔の多い世代。たぶん、学生達。しかしこれがまた、しかめっ面・何か不安げな顔が増えている、ような気がする。

失業率が5%を越えた5,6年前の京都駅周辺、ここにはホームレスが結構いた。中にはグループを組んでいる人もいたりしたて、そして、なんかやけに楽しそうに喋ってた。
「俺あんなに楽しそうに喋ったことあったっけ」。
ひょっとしたら彼らの方が幸せなんじゃないか、そんなことを感じたな、なんてことを思い出した。


喜怒哀楽つまりは感情のアンテナを鋭敏にそして、ハイレベルで感じる感覚知覚。簡単に言えば、笑う時には心底笑って、泣く時には泣いて、美しい物を美しいと感じる気持ち。これを人間性とか教養とか言うんじゃないだろうか、本来は。

人間性も教養も金じゃ買えない。百貨店やスーパーに行っても売っていない。
金を払って物やサービスを手に入れるということが経済活動であって、それは生活する上で必要なこと。ただ目的は、物やサービスを手に入れることじゃなく、それを使って自分がどんなドラマを創り出すのか、という視点がもっと、要るんじゃないのかなんて思う。

住宅ローン組めますか? 後悔しませんか? 
損得だけで将来のドラマがなかったりする。話しを聞けば、過去の苦労話というドラマはあっても、将来の夢のドラマはとても希薄なのである。

-----

Sakura

春、桜満開。
夕方、コンビニに寄って、「一本だけ」と缶ビールを買ってベンチに座ってちびちび飲みながら、新しいスーツ、新しい鞄、期待と不安と希望がない交ぜになっているような、それでいてちょっと羨ましくさせるような、そんな表情を見ながら、彼らはどんなライフプランをもっているんだろうか、どんなドラマを作っていくんだろうか、、、そんなことをあてもなく考えていた。

|

« BuyとShopping;楽しい買い物してますか? | トップページ | お金は使うのが、むつかしい »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/44621576

この記事へのトラックバック一覧です: ライフプランというドラマ(雑文):

« BuyとShopping;楽しい買い物してますか? | トップページ | お金は使うのが、むつかしい »