« だから〜、GDPが増えないと給料は上がらないって | トップページ | 離婚届けを事前に無効にする方法 »

2009/04/16

超高齢社会の日本。年金額はこれから下がる

年齢別人口のグラフです。
年金を貰う人の人口が急増中です。

Jinkou


払う人は減っているのに貰う人が猛烈に増えている。
と、どうなるか、一人あたりの年金額は次第に減っていく。
派遣なんかの非正規雇用で、払う人も想像以上に減っている。

それを食い止めるために、現役の人が払う年金保険料が上がります。
それでも足りないので、埋蔵金を使って穴埋めします。決まっているのは今年と来年分の穴埋め。

こんなことが、いつまで持つか?  すでに国家予算の1/4が社会保障費です。

もの凄い増税をして、年金制度を維持するか、それとも、年金を半分にするとか、貯金の多い人は年金支給をやめるとか、そんな大改革が行われるでしょう、きっと。

この前の大改革、支給年齢5年引き上げで、3000万のキャッシュが無くなったと試算している人がいます。
単純に年金支給5年繰下げで1500万円くらいです。これに税金と健保等の負担なんかをいれると1500万円無くなった。

------

景気が急速に悪化しています。
給料が下がる可能性が大きくなってきました。
そう言う時に年金はそのまま支給します、ということになるでしょうか?


------

実は年収の高かった人の方が老後が苦しいという結果があります。落差が激しいから。

  「来月から、今後ずーっと、収入が3割減っても、全然大丈夫だよ〜。もちろん、生活水準下がるけど」

こういう方は、多分大丈夫です。

年収2000万でも、住宅ローンと教育費でキチキチという人より、
年収400万でも、車もないし、持ち家もないけど、どうせ将来実家に帰るし、なんていう人の方が豊かだったりします。

年金100万でも、お金掛けずに、豊かに暮らしている人もおられます。
年金300万でも生活費が大きく膨らんでいる人は、貯金をどんどん取り崩しています。


自分のライフプランを考えると言うことは、本当に自分の必要なものを考える、自分の幸せを求めてプランを作る、限られた予算で自分の人生を追求する、絶対したいこと・出来ればしたいこと・出来たらラッキーということなんかの順番付けをする、、ことなんだと思っています。

贅沢=無駄遣いにはきりがありませんからね。

|

« だから〜、GDPが増えないと給料は上がらないって | トップページ | 離婚届けを事前に無効にする方法 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/43510470

この記事へのトラックバック一覧です: 超高齢社会の日本。年金額はこれから下がる:

« だから〜、GDPが増えないと給料は上がらないって | トップページ | 離婚届けを事前に無効にする方法 »