« お金を得る5番目の方法 | トップページ | 退職金、どうやって企業はつくるのか »

2009/03/02

アバター替えました

仮想空間上でのお金の話題です。

アバターご存じですか? ブログとかコメントとかで発言者の識別用に人形というかマスコットというかそんなものが表示されたりするものが増えてますね。

Yahooのポイントが少々あったので、自分のアバターを着せ替え人形で替えてみました。


Avatar_2

眼鏡、スーツ、柴犬、髪型、顔、、、、こんなアイテムを数十円とかで買って着せ替えるわけです。(ほとんど無料のアイテムですけどね)

仮想空間上での自分のためにキャッシュを使う。もちろんその属するネット上でのポイントで、というのがほとんどなのですが、上のように数十円という実際のお金でも買えるわけです。

今セカンドライフとか、オンラインゲームとか、それから、アイテムの交換ビジネスとか、果ては、ネット上の土地の売買、なんてのも行われたりしているようです。

仮想のものに価値を見いだしている人々がいる。
もう訳わかんないですね。

でも実際コンピュータゲームでの広告ビジネスはあります。私が初めて聞いたのは、1990年頃だったと記憶しているのですが、確かファミコンの野球ゲームの中で出てくる広告。

 「バックネットに広告出しませんか?」
なんてね。


仮想空間内でのポイントという経済価値が、リアルの世界とどこかで繋がってしまう。こんな時、GDPとかどうなるんだろう、なんて思ったりします。ひょっとすると将来、ネット上でのGDPなんていう評価が必要になってくるかも知れません。


とりあえず、自分のアバターで試してみると、何か感じるか、なんて思ってみましたけど、やっぱりわけ分かりませんね。
本当の顔写真はプロフィールに載せました、「こんなアバターだけど実際はどんな奴なんだ」とか、「これを書いている奴はどんな顔してるだろうか」とか、興味のある人はどうぞ。。。見たからと言って、呪いがかかったり、プレゼントが貰えたり、しませんけど。

|

« お金を得る5番目の方法 | トップページ | 退職金、どうやって企業はつくるのか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/43956739

この記事へのトラックバック一覧です: アバター替えました:

« お金を得る5番目の方法 | トップページ | 退職金、どうやって企業はつくるのか »