« アバター替えました | トップページ | カード紛失、やっちゃいました »

2009/03/04

退職金、どうやって企業はつくるのか

最近、勤続数年での退職金は? なんて言う質問があります。
倒産したら退職金は? なんて言う質問もあります。
退職金はどこからやってくるのでしょう? 社長さんからのご褒美なんでしょうか?

それなりの規模のある会社だと、退職金規程というものを作っています。
勤続10年で 100万とか300万とか、退職金は勤続15年以上から、なんてのもあっていろいろです。
で、このお金はどこからやってくるのでしょうか?
定年退職2000万×10人だと2億円のお金、これを企業はどうやって作るのでしょう。

「退職金規程」がなぜあるのか? それは税金を避けて積み立てたいという会社の思惑とセットです。

どこの企業でも、勤続年数に関係しますから、常日頃積み立てるのが良い考え方ですね。給料の一部のようにして積み立てます。年間40万×25年で1000万円、利息を入れると1600万。なんて言う具合に積み立てられる社長さんは偉いのですが、ここで、注目したいのは税金(法人税・事業税)です。年間40万を積み立てようとすると、商売の儲けがきっかり40万だと税金で目減りするので、40万積み立てられません。法人諸税で4割なくなります。だから56万円の儲けが必要。

なので企業は少しでも税金のかからないように、40万を積み立てたい、って思うわけで、その時に出てくるのが例えば、保険です。長期平準保険。ハーフタックスで、簡単に言うと税金が半分になる。
(ま、他にもいろいろ・・・・)
退職金規程はこのあたりと絡んできます。
退職金規程に則って積み立てますから税金安くしてくださいね。っということなのです。

---------

あくまでも、企業が、どうするかって話しです。自分の積立金じゃありません。
社長さんが、退職金のために土地に投資して、将来、値上がりすれば売って現金にする、なんてのでも良いのです。
また、「うちは代々安定しているから、事業資金の中で融通できる」なんて思っていればそれまでです。代々安定していたけど最近は、、、、ってとき、退職金がありません、なんてことになるのですね。


先に挙げた保険なら、税金上の優遇がある分、企業は簡単には下ろせません。
昔、保険屋さんが
 「一般的な退職金規程はこれですよ、これなら、こんな風に積み立てられますよ」
なんて言って売り込んだのです。

ちなみに私の場合、退職金は会社からではなく、積み立てていた保険会社から直接支払われました。たぶん労基局に出した離職票と同じものを会社が回して支払うことになっている、なんていうルールになっているんじゃないかと思います。だって一旦会社に渡すと、流用される可能性がありますから。企業は税金上のメリットがあるが同時に労働債権の保護にもなっている、こんな見方もできると思います。

でもこんなパターンもあります。
退職金規程ではこれだけ払うことになっているのに、保険会社にはそれだけ積み立てられていない。いざ払うことになってもお金がそれだけ無い。これは何故かというと、金利が低いから。
昔は5%とかの金利が簡単についたので、これで計算して積立ちゃってる。でもここ20年ほど金利が低くて利息が付いていない、いわゆる俗に言う積立不足です。
保険会社の積立不足がよくニュースに出ますが、これは保険会社が補填しなきゃいけないお金。ここで言っている積立不足は、企業が補填しなきゃいけないお金。
だから、多くの企業で退職金の改定のための労使協議が行われました。

---------

退職金規程があるのに、払ってくれない、こんな場合は、裁判すれば勝てますよ、相手にそれだけの資産があるのなら。。。で大抵は半分待って、とか、半分は利息つけて来年払うとか、、、、で最終手段、従業員の了承を取って退職金規程を変更する。
 「会社倒産するよりましだろ」
なんて言われたら納得するしかないと思うのですが、まあ経営者が迂闊だったわけです。社長さんって、一生懸命日々の仕事の方が大事なので、「毎年40万積み立ててるんだからそれでOK」、と思った瞬間に頭から離れて、何年も前にした契約を覚えていなかったりするモンなんです。

しかも不都合なことに保険会社は、積立不足になってますよ、って分かっていても、年に2回ほど通知するだけで説明しないことも多い。なぜかというと、売り込んだのが自分の所だから、

 「なんで積立不足なんだ、ちゃんと退職金が準備できるって言ってた
  じゃないか。お前の所で責任取れよ」

なんて怒られるのが恐い。


自分の会社が、どんな風に退職金を積み立てているか、調べてみるのもよろしいんじゃないでしょうか?

|

« アバター替えました | トップページ | カード紛失、やっちゃいました »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/44109740

この記事へのトラックバック一覧です: 退職金、どうやって企業はつくるのか:

« アバター替えました | トップページ | カード紛失、やっちゃいました »