« 年金の手取り額;月4万円の税金と社会保険を忘れるな! | トップページ | お金を得る5番目の方法 »

2009/02/26

会社員に生命保険はいらない! (ローンが苦しい人、必見)

こんなこと書くと保険会社の人から怒られそうですね。私もいっぱい知り合いがいて、たま〜に奢って貰ったりするので、うかつな事はかけませんが、

 サラリーマンは 生命保険、入りすぎ!
 

------

皆さん生命保険入っていますか?
死亡保障はいくら必要ですか?

万が一に旦那様が亡くなったら、
   生活費 20万 の30年分  7200万!!

だから保険の営業さんはこんなこと言います。 
「皆さん5000万くらいは入っていますよ」
 
(私とお付き合いのある保険屋さんは、いきなりこんなこと絶対言いませんが。)
 
-----
 旦那さんが亡くなっても収入がすべて無くなる訳じゃないんですよ。

 まず遺族年金が出ます。会社員だと遺族厚生年金。子供の年齢とかにもよりますが、大体、月10万〜15万くらい。
 本人が自分の年金が受け取れる65歳になると、さらに増える人も多いのです。
 
 そして、支出側、これが大きく変わります。いわゆる未亡人とか母子家庭とか言われる立場の支出。

 ●住宅ローン、通常は、団体信用生命保険
   でちゃらになります。
 ●教育費の援助、児童福祉手当
   自治体の減免(健保・税金・保育料・授業料)。。。。。。
 
 月10〜15万の収入でも、いろんな特典のおかげで、実質20万相当になっちゃうのですね。

他にも死亡原因でいろいろあります。
 交通事故で相手が関係しているなら自賠責・任意保険出ますよね。
 業務上災害だと労災保険の給付もありますよね。
 
 必要な保障って、生活費全部じゃなくいのです。私立に行く場合の教育費+住居費+α あれば充分。子供がすでに大きくなっていれば、保障なんてなくてもなんとか生きていけます。いざとなれば実家に帰って住居費かからないなんて言う人もなんとかなります。
 
-----

 もちろん生命保険に入って、助かったという人も多いのでしょう。でも大抵は、ほとんど貯金になっていて、実際使った分は結構少ないのでは、なんて思います。
 逆に、保険金で豪遊なんていう方を良く聞きます。で使い切ったとたん困るかというと、そうでもなくて、自分は自分で働いて生活していっちゃう。
 

 ま、遺族年金の計算は人によって違いますし、支給期間に制限ある人もあります。それにもちろん、自営や日雇いなんかの厚生年金じゃない人は淋しくなりますので、それ考えて保険に入ってくださいね。


さて、保険の見直し!
ここで、じゃあ見直ししようと、スーパーの一角になる保険屋さんコーナーで相談をすると、「うちではこんなのがお奨めですよぉ」って、少し安い保険が出てくることになっています。
保険の売り込みをして欲しくない方は、私まで(こちら



※住宅ローンが苦しいという検索ランキングが上位に入ってきています、最近もの凄いのです。こんな方に少しは楽になって頂けるかな、と思いましてこの記事をアップしました。で、私の本音は私の有料相談につながればいいなぁなんても思っているのですが、でもこの記事で、
  「あっ入らなくていいんだ」
なんて思って頂くだけで結構です。だって必要のない保障を売り込んで死ななきゃ保険会社さんが丸儲け!これが生命保険。しかもうまく売り込んだ営業さんが評価されるって言うあこぎな商売だと思ってますから。みなさんは「自分が本当に必要な保険」だけに入ってくださいね。

|

« 年金の手取り額;月4万円の税金と社会保険を忘れるな! | トップページ | お金を得る5番目の方法 »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

FP-保険」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/44174652

この記事へのトラックバック一覧です: 会社員に生命保険はいらない! (ローンが苦しい人、必見):

« 年金の手取り額;月4万円の税金と社会保険を忘れるな! | トップページ | お金を得る5番目の方法 »