« 謹賀新年、今年もどうぞ宜しくお願いします | トップページ | 公務員の退職金、5年間で200万減少(平成18年度) »

2009/01/05

一人あたりのGDP、日本19位に下がる(1980〜2007年推移)

今回も恒例の統計調査報告、内閣府(経済社会総合研究所)国民経済計算確報より(2008年12月公表)

OECD諸国の一人当たり国内総生産
1980年〜2007年の順位と額
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/h19-kaku/percapita.pdf

年々下がってます、日本の順位。昨年より一位下がって19位です。
まあ円高になっていますので次回は若干順位が変わるかもしれませんね。
20年分を抜粋した国でグラフ化しました。

Gdpperperson

- - - - -

GDPが上がらなきゃ給料は上がらない。昔は順調に伸びていたから給料が上がっていった。

さて、どうやって日本を強くするかを考えたとき、日本が世界に誇れるものというと、、、、やはり技術力、それも環境技術。排ガス関係、エネルギー高効率化関係、耐震関係くらいかなぁなんて思うのですがこのような分野で世界をリードできれば日本も順風満帆。
こういった分野を思い切って絞って財政援助、そして、長期視野でバイオ関係に財政出動。

そして、もう一個。親の資金力にかかわらずに優秀な学生が勉学できる資金確保。たとえば中高からの授業料免除とか(私立公立に関わらず、1番の人は国から学費免除、2番の人は経済界から、3番の人は自治体から免除とか)ね。

こんな仕組みを作らなきゃ、GDPは落ちていく一方なんて思うのですが。。。

|

« 謹賀新年、今年もどうぞ宜しくお願いします | トップページ | 公務員の退職金、5年間で200万減少(平成18年度) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/43533400

この記事へのトラックバック一覧です: 一人あたりのGDP、日本19位に下がる(1980〜2007年推移):

« 謹賀新年、今年もどうぞ宜しくお願いします | トップページ | 公務員の退職金、5年間で200万減少(平成18年度) »