« 給料が40代で上がらなくなる現象 | トップページ | 貯金しなさい! と、どう子供に教えるか »

2009/01/26

ニュース(朝日新聞1/23)から3題

たぶんネットでも出ているのでしょうが、今日は、紙の新聞の記事からの話題です。
一度に「おおーっ」と思う記事が出ると、なかなかブログにまとめにくいので、さらりと流します。
 「年金記録」「サラ金の過払い金」「退職市職員に賠償命令」の3題です。


== その1 ==  
 
 ●年金問題 いつ終わる?

 年金記録にミスが見つかって訂正が必要になったと受け付けた件数93万件、
 うち、未処理73万件。作業中のもの11万件。

   >>>おいおい、と言いたいところなのだが、実はこの状況、ねんきん記録便を
      発送する頃から、処理できないと予想されていた問題でもあります。
 
 記録訂正となって、実際口座に振り込まれるまで9ヶ月から1年。
 給料でも退職金でも普通の支払でも、入金に9ヶ月以上っておかしくない? (ミスだ!って判明してからの期間ですよ。)

 しかも、この間、新たに偽装問題(※)も出ているし、終わるのはいつになるやら。
 (※給料を過去に遡って引き下げている事案で、社保庁が関与していることが国会で
   明らかになり、調査中のはず。。。。どこまでやっているのか分からんのだけど)


== その2 == 
 
 ●過払い金返還請求の時効で最高裁の初判断

これは個人的に結構画期的だと思います。
先週、借金の時効10年と書いた記憶がありますが、グレーゾーン金利時代に消費者金融で払っていた利息、これがまず、グレーゾーンは違法なので返還しなさいという判決(グレーが黒になった判決)がだいぶ前に出ています。
でこの返還分の時効を主張していた消費者金融との裁判判断ですね。

というのは、返還分があるとしてもそれは10年分じゃないかという主張なのですが、判決は、10年前に取引が終了しているということであり、継続利用している場合はもっと遡れる。つまり、借りた日が基準なのでなく、一連の利用が完全に終わった時から10年、こんな判断です。

これ、現実、口座を解消して10年、ということなんじゃないかと思うのですが、これで困っている人は口座解消なんてしていないでしょうから、グレーゾーンほとんど全部返しなさいという判決なんだと思います。

最近、雑誌や電車の広告で、借金問題の解決の宣伝を司法書士さんや弁護士さんが
結構出しています。困っている方は相談してくださいね。

== その3 == 
 
●徴税ミス、市を退職した幹部職員3人らに損害賠償支払い判決

尼崎市で、異動や退職時に引き継ぎなどをしなかったせいで本来徴収できるはずだった税金が時効になってしまったのは職員が悪いから市に返せという裁判です。

高額滞納者の情報をオンラインに入れると滞納率がアップするのでそれを避けるために情報を入力しなかった。
徴税出来るはずだったのは1.7億。適正に処理していれば全額回収できたはず、という裁判所判決で、その15%が損害額としています。

まだ、地裁判決で、今後控訴されるのかどうか分かりませんけど、この裁判の内容そのものじゃなく、こういう不適正な事務処理に対して判決がでたということに意義を感じます。

  -----

つまり、その1で書いた、年金記録ミスが分かっているのになかなか貰えない。この支払が遅れたために出た損害も裁判で請求できるんじゃないかと思う訳。すでに誰かが裁判しているのかな、どこかのオンブズマン当たりがやっているのかな。

|

« 給料が40代で上がらなくなる現象 | トップページ | 貯金しなさい! と、どう子供に教えるか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/43838508

この記事へのトラックバック一覧です: ニュース(朝日新聞1/23)から3題:

« 給料が40代で上がらなくなる現象 | トップページ | 貯金しなさい! と、どう子供に教えるか »