« 為替差損で税金を安くできる人 | トップページ | 厚生年金・共済年金、どれくらい貰っているか? »

2008/12/17

雇用対策ができるか否か

連日雇用悪化、派遣切り、雇い止め、正社員も削減、なんてニュースがわんさか出ています。

完全失業率の最新のデータは10月分の3.7%。9月の4.0%に比べると、0.3%改善。
なんて結果が出ているのですが、これは、「アキラメ」で求人をしなかった人が相当数いるなんていう推測もされています。

そこで、もう一つの雇用データ、有効求人倍率を合わせてグラフにしてみました。


Koyoutoukei


このところ低迷しています。
これは10月分のデータなので、今後もっと悪化するのは必至です。

------

ニュースでは、仕事と同時に住居も失う派遣労働者のニュースが流れています。
と同時に、住民税も失う地方自治体、なんていうニュースも流れていました。

例えば、

  大分県に数年派遣される。→大分県で住民税を払う
 →雇い止め → 住居変更 →住民税がなくなる。
 
お金は天下の回りモノ。つまり雇用対策が税収アップに繋がる。

派遣の次は、正社員。リストラか倒産。これで一気に失業率が悪化。
で、それを見越して、みんな、財布の紐を引き締めて、産業はさらに悪化。
やはりリストラか倒産。。。。。。悪魔のうずまきに入っていくかもしれません。


---------------

政治が悪いという人がいます。

私もそう思います。ただ、政治は世論の鏡でもあります。
国民のレベルが低いから、政治家のレベルが低い。
低いレベルで投票するから、低いレベルのまま。

 「お前ただのおっさんやろ。隣のおっさんの方が賢いぞ」

なんていう政治家が大勢います。
つまり、政治を良くしようとすると、国民一人一人のレベルを上げないといけません。

賛同される方は是非、「投票に行く!」
 だけじゃなく、自分と、自分の子供・友人・・・・・見る目を養うための素養を高めるための行動をしてください。「投票に行きましょう」だけならレベルは低いままです。

---------------

ボロボロになりつつあるセーフティネットを拡充しないと、日本は本当にボロボロになるよ、たぶん。
昨年までは日本の経済は外需に大きく依存していましたがこれが期待できそうにない。そうしたらこれから、
  「内需主導に! 」
たぶんこういう話が出てくるでしょう。

その政策の第一歩はセーフティネットの拡充だと思うのですが。。。。。。住宅関連の浮揚策とか医療介護関係の充実とかも大事ですけどね、まず第一はセーフティネット。

そして、セーフティネットの次に、次世代産業の育成。
ここ数年で問題なのは新規産業が出来ていないこと。新規産業が育てば雇用も出来るし、そしてお金も動く。。。。。金は天下の回りモノ。

安心して働けてお金が使えて経済が回って税収が上がって、年金介護医療も充実する。
これが私のストーリーです。
これが出来ない間は公務員叩きが激しくなるでしょう。みんな無駄遣いしているから暮らしが悪くなっている、と思ってますから。(でも私は、これが出来ないので、公務員の身分保障(天下り部分も含めて)が実質的になくなり、公務員のリストラが始まると思っています。というか、そうならないとセーフティネットが拡充されないでしょう、たぶん)

|

« 為替差損で税金を安くできる人 | トップページ | 厚生年金・共済年金、どれくらい貰っているか? »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/43432818

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用対策ができるか否か:

« 為替差損で税金を安くできる人 | トップページ | 厚生年金・共済年金、どれくらい貰っているか? »