« 遺産相続: こんな相談は受けたくないなぁ | トップページ | 税金って何? »

2008/12/03

定年退職ライフプランの考え方

下の例のAさんとBさん、どちらともにつまりは「生活設計をいつからするか」、ってな問題です。これに、健康保険や税金を推定してライフプランを作ります。

国民健康保険料 10万か60万か、失業保険数十万を受け取るのか受け取らないのか、いろんな選択肢が存在するわけで、、、、

-----------------------

【Aさん】

定年退職 60歳のAさん、できればもうしばらく働いていたい。

 失業保険を貰っている間は、年金は貰えない。
 しかも年金は63歳までは満額じゃない。
 だから63歳まで短時間勤務(高齢者雇用継続)で働く。

 63歳になって退職する。
  このときの失業保険の算定は直近の給料が低いのでやたら低い。
  だからそのまま年金を貰う。

つまり失業保険は掛け捨て
長く働けばその分の厚生年金は少しは増えますが、短時間勤務の給料は
多くはないので大きく年金が増える訳じゃない。しかも40年以上払った基礎年金部分には影響しない。つまり40年を超えた分の基礎年金部分は掛け捨て。

かたや
【Bさん】

やりたいことを早めにやっておきたいというBさんです。

59.5歳で辞めて、失業保険はしっかり貰って、60歳から年金をもらう。
ただし、63歳までは満額じゃない、これはAさんと一緒なので、それなりの生活設計が必要。もちろん、退職金算定にも関係する。

あとは、時間とお金と自分のやりたいこと、しなければいけないこと、これらをどんな風に天秤にかけるか、という点になりますね。
これがはっきり出来る人ほど人生が充実する、そんな気がします。

|

« 遺産相続: こんな相談は受けたくないなぁ | トップページ | 税金って何? »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/43257955

この記事へのトラックバック一覧です: 定年退職ライフプランの考え方:

« 遺産相続: こんな相談は受けたくないなぁ | トップページ | 税金って何? »