« 年賀状ソフトが送られてきた | トップページ | 老後に働くと、年金が減る場合(在職老齢年金) »

2008/11/10

悪質なマンション勧誘(情報)

マンション、この2年ほど、売れ行き鈍っています。
しかしながら、勧誘時の苦情は増えているようです。

今回は、国民生活センターからの情報です。

----------

マンションの悪質な電話勧誘に関する相談が非常に多数寄せられており、年々増加。
  「断ると脅された」「長時間に渡り執拗に勧誘」
   「玄関に待ち伏せ」「損をすることはない」・・・
   「暴言を吐かれた」というのもあるらしい。

対処方法です。

(1)業者名、連絡先がわかる場合は、各都道府県の宅建業法の所管課、
   国土交通省もしくは国土交通省の地方整備局等の行政の担当課に申し出ること。
(2)契約してしまった場合、早めに最寄の消費生活センターに相談すること。
(3)暴力を振るわれたり、脅された場合は警察へ申し出ること。

元情報は こちら。(国民生活センター「マンションの悪質な勧誘販売が増加!」)

------

以前、賃貸マンションに住んでいた時、絨毯爆撃のような戸別訪問手法を経験したことがあります。
マンションの前に自動車・バンで5人くらいまとめて営業マンが乗りつけてきて、マンション中の呼び鈴を順番に押して、お話ししていくというもの。あちこちで呼び鈴の音が響くわけです。
賃貸マンションの家賃なんて相場が分かるから、「それより安い返済額で買えますよ〜40年ローンなら」なんて勧誘していくのですね。

40年ローンで買うと、返済終わる頃には築40年の古マンションです。価値は4分の一以下ですね。4000万のマンションが1000万(地価が上がらない場合)。マンションの契約というのは、1000万のモノを、利息を払って分割払いするってことですからご注意ください。しかも固定資産税もメンテ費用もかかってきますし。

んでも、家ってのは、生活の基礎となるところだと思います。その場所でどんな生活をはぐくんでいくのか、10年後20年後・・・40年後、どんな生活をしているのか、充分考えて計画して失敗しないようにしてくださいね。

|

« 年賀状ソフトが送られてきた | トップページ | 老後に働くと、年金が減る場合(在職老齢年金) »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/43030553

この記事へのトラックバック一覧です: 悪質なマンション勧誘(情報):

« 年賀状ソフトが送られてきた | トップページ | 老後に働くと、年金が減る場合(在職老齢年金) »