« ネットで保険に入った、やばいかも | トップページ | 原油どこまで下がる ? »

2008/11/26

最低賃金を上げる、方法がないか?

ワーキングプア問題。当人も大変なことであるが、社会的にも大変なことになると予想している。

一番の問題は、社会保障費が足りなくなるということ。少子高齢化でなければ心配しない。
税金(所得税)や年金保険料・健康保険料という収入源が減るからである。

次に変形雇用の問題。
現在の日本は、健康上とか介護とかの理由で、週三日しか働く事が出来ない状況の場合、バイトやパートという形態でしか働けないのが現状である。

 例えば、将来、子供夫婦に親が4人、このうち、2〜3人が介護状態、小さな子供がいる、なんていう世帯は今でもよく聞くが、これが一層増えるとしたらどうなるか。
 収入が多ければお金でヘルパーを雇うことも出来るが、現実には、誰かが時間と世話を提供する事になっていると思う。
もし、正社員並みの時給(年収500万÷2000時間=時給2500円)なら、生活体系が大きく変わるだろう。
週3日のバイトのみ生活、時給2500円ならこれでも月収20万こえて、ケアの必要な人が鋳たとしても、最低限の生活は可能になるように思う。

最低賃金を2500円とは言えないまでも、今のほぼ2倍の少なくとも1500円まで上げられないか、なんて思っていた。

-----------------------------
で、提案です。

社長の給料に規制を掛ける、という提案。

社長の給料を、従業員の平均賃金(総賃金÷従業員数)の○倍以下という規制を作るのである。
平均賃金が300万(非正規従業員分も含む)で、10倍以下なら社長の給料は最高3000万円。

これに引っかかるのはたぶん大企業の社長とほんの一部の中小企業の社長だと思う。バイトや派遣の割合を増やすと社長の給料は低くなるから、正社員化がすすむか、もしくは、非正規社員の賃金があがる。で引っかからない中小企業でも、大企業での時給が上がれば、みんなそちらに流れるから、おのずと全体の時給があがってくるはず。

所詮社長の利益も会社の利益も元は社会の中から得られたと考えるなら、社長の給料の社会的責任として、こういう規制もあって良いのじゃないかと思うのですが。。。。。(もちろん、すでに高率の所得税で責任を果たしているという反論意見もでると思いますけどね)

-----------------------------

この社長の給料の上限を平均賃金に連動させるというアイデア、私が考えたのではありません。
華氏911のマイケル・ムーアが、自身のHP(http://www.michaelmoore.com/)のMike's Letter の中で書いています、と、とあるブログ(http://kyasuhara.blog14.fc2.com/)で読みました。
これを参考に自分の考えを書いてみました。

|

« ネットで保険に入った、やばいかも | トップページ | 原油どこまで下がる ? »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/43218125

この記事へのトラックバック一覧です: 最低賃金を上げる、方法がないか?:

« ネットで保険に入った、やばいかも | トップページ | 原油どこまで下がる ? »