« 老後に働くと、年金が減る場合(在職老齢年金) | トップページ | 土地の価格が半分だと、その分、豊か? »

2008/11/14

医療保険どっち選ぶ?

「そろそろ旦那も定年、病気やケガが心配だし、そろそろ保険に入ろうかな」

ってな場合の相談。あなたならどっち選びますか?
今日の新聞広告から抜き出してみました。

  女性 60歳 の保険料で比較します。

       入院給付日額   保険料    保険期間(払込期間)
  ●A保険   5000円   月4390円  (終身)
  ●B保険   1万円     月5030円  (10年)

 
2倍の補償で保険料は少し上がるだけ、なんて思わないでくださいね。
確かに、今の補償だけ考えるとお得感があるのはBの方です。

問題は10年後です。Bの保険は、保険の更新となります。
じゃあその時の保険料は?

将来の物価上昇とか入院率がどれくらいか分かりませんが、現時点で70歳加入の保険料は、
   B保険の保険料、
     月々 9410円   (70歳から80歳まで)

-----

こんな記事、「簡単やん、10年の保険期間の話でしょ」、と思った方いらっしゃいますかね。こんな方には次の質問があります。
 「ちなみにお聞きしますが、死亡保険の保険期間どうされてますか?
  定年までの補償なんてのになっていませんか? 
  なぜ定年なのか、なんて考えたことありますか?」

更新型タイプは保険料が高くなってから払えなくて、保険やめるという方が増えてきています。
さらに、このB保険で言えば、更新しても最高年齢85歳まで。これ以上はいくらお金を積もうが入れない契約となっています。

補償がいつまで続くか、将来の保険料はいくらか。こういう大事な観点を見失ってはいけません。(生命保険も同じです、「いつまで補償」「保険料いくら」)

保険選びは、
  ●適切な補償額
  ●適切な期間
  ●適切な種類の保険
 
 この次に保険料が来ます。保険料は1番目じゃありません。お間違えなく。
 なお、A保険は終身なので、払い続けている限り、補償が続きます。

-----

(余談)
 保険営業していない私だから言いますが、退職金などで充分な貯蓄がある方は、医療保険なんか入らない方がいいです。とくに高齢になってから入ろうと思う方、その分貯金した方がいいですよ。たいてい元は取れません。だって元が取れるんだったら保険会社が破綻しますから。それに貯金は病気以外にも何にでも使えますし。月5千円だと、年間6万円、10年間では60万円ですからね。

|

« 老後に働くと、年金が減る場合(在職老齢年金) | トップページ | 土地の価格が半分だと、その分、豊か? »

FP-保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/43032319

この記事へのトラックバック一覧です: 医療保険どっち選ぶ?:

« 老後に働くと、年金が減る場合(在職老齢年金) | トップページ | 土地の価格が半分だと、その分、豊か? »