« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月に作成された記事

2008/11/28

原油どこまで下がる ?

過去何度か原油高の記事を書きましたけど、このところ、ずーっと下がっています。

Gennyu


確か今年の正月に1バレル100ドル突破! なんて書きましたけどね、こうやってグラフを見ると、この1年なんだったのか?ってな感じです。100ドルが140ドル超えて今50ドル。
先物市場では数年先までずらずら買われていたのが不思議です。相場物の魔力ですね。

さて、反省。
今年の一月100ドル突破した時に、誰が50ドルに下がると思っていたでしょうか、たぶん「誰も」、じゃないでしょうか。
私自身は、100ドルは行き過ぎだろ、と思いつつ結局7月には145ドルになり、そして9月に100ドル割れ。
そして先週50ドルを一瞬割り込みました。

今回の備忘録。

  行き過ぎだろ、と思っても4割上がった。
  充分下がった、と思ってもさらに半分になった。

この備忘録は結構重要かも知れない。ははは・・・・

で、まだまだ下がるのか?
アメリカ次第ですね。まあ普通に考えると、40ドルくらいが底でしょう。
でももしかすると今のアメリカが大きな転換期になるかも知れません。
これまでの消費経済、すなわち、世界中の物を買いつけていた経済大国アメリカが今後大きな舵を切ることになるかも知れません。アメリカに多くの物を輸出していた中国・日本、そしてヨーロッパがアメリカの消費に見切りをつけ、別の例えば内需主導の経済に移行していけば、、、、となると原油はまだ下がります。

正直なところわかりません。

分からないので普通に考えると、オバマさんがそれなりの経済対策を打って、アメリカの経済もそれなりに立ち直ったとして、、、、、まあ少し時間が掛かりそうですね。

日本の経済対策ももうひとつはっきりしないのが歯がゆいです。
頑張れ、太郎ちゃん。どうも最近失言多すぎ、というか、うーん、、、、結局の所、経済対策する気あるの?ってことで歯がゆいですね、とても。

将来が不安だから財布の紐が固くなる。
医療年金制度が不安だから、貯金を取り崩せない年金生活者、
雇用や収入が不安だから、ローンを組めない給与生活者、

決して、貯金を取り崩せとか大きなローンを組みなさい、なんて言う気は毛頭ありませんし、消費が美徳、お金を自由に使える人が幸せ、なんて全然思っていませんが、

  「不安があるから、消費が拡大しない!」

こういう側面(つーか私にとっては真正面なのだが)があるってことを、経済対策を考える人には真剣に考えて貰いたいものです。不安増大の中で給付金配っても、貯金に回るだけでしょ。
経済対策で配るんなら、不安の少ない高所得者にこそ配るべき。でそんなことは許されないからね、だから、不安を減らすことに税金を使うべきだと思うのだけど。


「給付金配りますんで、みなさん、ホテルのバーで飲んでみてください。」
変な失言するくらいだったら、これくらいの方がおもしろよ、たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/26

最低賃金を上げる、方法がないか?

ワーキングプア問題。当人も大変なことであるが、社会的にも大変なことになると予想している。

一番の問題は、社会保障費が足りなくなるということ。少子高齢化でなければ心配しない。
税金(所得税)や年金保険料・健康保険料という収入源が減るからである。

次に変形雇用の問題。
現在の日本は、健康上とか介護とかの理由で、週三日しか働く事が出来ない状況の場合、バイトやパートという形態でしか働けないのが現状である。

 例えば、将来、子供夫婦に親が4人、このうち、2〜3人が介護状態、小さな子供がいる、なんていう世帯は今でもよく聞くが、これが一層増えるとしたらどうなるか。
 収入が多ければお金でヘルパーを雇うことも出来るが、現実には、誰かが時間と世話を提供する事になっていると思う。
もし、正社員並みの時給(年収500万÷2000時間=時給2500円)なら、生活体系が大きく変わるだろう。
週3日のバイトのみ生活、時給2500円ならこれでも月収20万こえて、ケアの必要な人が鋳たとしても、最低限の生活は可能になるように思う。

最低賃金を2500円とは言えないまでも、今のほぼ2倍の少なくとも1500円まで上げられないか、なんて思っていた。

-----------------------------
で、提案です。

社長の給料に規制を掛ける、という提案。

社長の給料を、従業員の平均賃金(総賃金÷従業員数)の○倍以下という規制を作るのである。
平均賃金が300万(非正規従業員分も含む)で、10倍以下なら社長の給料は最高3000万円。

これに引っかかるのはたぶん大企業の社長とほんの一部の中小企業の社長だと思う。バイトや派遣の割合を増やすと社長の給料は低くなるから、正社員化がすすむか、もしくは、非正規社員の賃金があがる。で引っかからない中小企業でも、大企業での時給が上がれば、みんなそちらに流れるから、おのずと全体の時給があがってくるはず。

所詮社長の利益も会社の利益も元は社会の中から得られたと考えるなら、社長の給料の社会的責任として、こういう規制もあって良いのじゃないかと思うのですが。。。。。(もちろん、すでに高率の所得税で責任を果たしているという反論意見もでると思いますけどね)

-----------------------------

この社長の給料の上限を平均賃金に連動させるというアイデア、私が考えたのではありません。
華氏911のマイケル・ムーアが、自身のHP(http://www.michaelmoore.com/)のMike's Letter の中で書いています、と、とあるブログ(http://kyasuhara.blog14.fc2.com/)で読みました。
これを参考に自分の考えを書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/24

ネットで保険に入った、やばいかも

もう忘れかけていたのですが、この春から保険を追加しました。
傷害保険です。

   傷害死亡・後遺障害 100万円
   個人賠償責任    5000万円
   救援者費用     100万円
            月々 
189円の保険料


この保険に入ろうと思ったのは、「個人賠償保険」が欲しかったから。
例えば、「水漏れしたときの階下の部屋の復旧費用」「よそ見して歩いていて老人とぶつかって相手が骨折」とかの補償がなかったからで、私が調べた限りで安かったのがこの会社。
yahooプレミアム会員専用で、引受は住友海上。

・傷害保険というと普通は入院特約もつける方が多いと思いますが、保険料が高くなるのと、普通の病気・ケガで出る入院特約に入っているので省いています。
・救援者費用というのは、「スキー中に霧にまかれコースを外れ遭難し、捜索活動(実費90万円)」が行われた、という時に出る保険です。

------

しかし、ネット保険、他人には、あまりお奨めしません。
なぜって、コンピュータがクラッシュしたらどうする!、なんて疑問が。
(もちろん、プリントアウトしてありますけど。)
私の場合保障内容を見るためには、yahooのIDも必要です。自分が入院したり死んでいたりして、請求者が自分じゃなくて家族が請求することになるかもしれないのにコンピュータに頼るのはとても危険です。

入ってビックリだったのが、なんら書類のやり取りがありません。印鑑を押すと言うこともありません。ネットでクリックして、口座から引かれていくだけ。約款も自分でコンピュータで見てくださいとなっています。

最近ネット保険の世界では、生命保険・医療保険でも流行りつつあります。人件費がかからない分保険料が安くなる。それでも、死亡保障なんて、自分以外の人が請求するわけだし、私の入った保険なんて普通の生命保険・医療保険・損保の保険では、少なくとも証券持っていけば相談できる窓口があるような保険会社の方が安心じゃないでしょうか?。それともやっぱり値段で選びますか?
出向くことも辛い人、歳を取ると歩くのが大変なんて言うお年寄り一杯います。担当者がちゃんと来てくれる、できれば、自分の担当者がはっきりしているところがいいんじゃないでしょうか。

「保険は入ったから安心」なんじゃなく「請求できて安心」、さらには、「ちゃんと支払ってくれるから安心」

保険は、安さで買う物じゃなく、安心で買う物、、、、なのであります。


今後保険業界は、安さ競争と安心競争の二方向に分化されると思います。
安いところは安いなりの理由がある、で、「なぜ安いのか」が素人にはわかりにくいという点では圧倒的に、業者側に有利になっている商品です。

-------

さて、私の保険、個人賠償請求をすることになれば、私がネットで請求します。
でも事故での死亡保険100万円。これは多分貰えません、現実、残された遺族は誰も請求できないでしょう。yahooIDとパスワードは私しか知らないですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/21

保険料の払い方、得するのは?

普通の民間生命保険の保険料の払い方、まとめて払うと安くなります。
いろんな払い方がありますが、安くなるのはこの順です。

(1)月払い
(2)半年払い
(3)年払
(4)全期前納
(5)一時払い

(4)と(5)の違いご存じですか? 保険料の勉強をしたことがある人はご存じですね。(1)〜(4)と、(5)で大きく扱いが、変わります。

---------------------------

まず、(1)。
月々の保険料ですね。これを「半年」や「一年」前払いすることで割引があるのが(2)と(3)。
そして、全部の期間前払いするのが(4)の全期前納です。
これは、保険料を保険会社に預かって置いて貰って、毎年、年払いしていくことなのですが、保険会社に預かって貰う利息相当分が安くなる仕組みです。

で、(5)これは一見(4)と同じで、まとめて最初に払うのですけれども、例えば十年満期の保険なら、十年分を最初に支払うというものです。保険をその時にポンと買っちゃう、というイメージです。
 養老保険なんかでは一時払いしかない保険、なんてのもありますね。

----------

(4)と(5)は何が違うかというと、

  ・(4)は預かって貰っているという点
     だから解約すれば残りの分はそのまま返ってきます。

  ・全期前納は、所得税の保険料控除が毎年使えます。
   一時払いは、最初の年しか、保険料控除が使えません

     年収650万くらい(税率20%)の人が、年間10万円の保険料を払って
     いるなら、税金が1万円戻ってくる。これが所得税の保険料控除です。
     これを毎年使えます。10年間なら10万円戻ってくることになりますね。
     これが、一時払いだと、「最初の年だけ1万円」、しか使えません。

来月は源泉徴収票の季節です。
生命保険料控除 一般で5万円、年金で5万円 合計10万円が最大ですので、これに満たない人はまだ節税できるということです。(うんにゃ、節税のために不要な保険に入る必要は全然無いですよ)

----------

保険は奥が深く、「万が一のため」だけじゃなく、「貯蓄&運用、それも超長期の貯蓄」としての保険、「所得税の節税対策」としての保険、「相続税の節税対策」としての保険。「金融破綻対策」としての保険(※銀行は1000万円まで、保険は9割までが保護される)。「学資保険のような学費準備や、第三者への遺贈金準備、会社存続(社長さんの会社対策)費用準備」のための保険。
いろいろな役割を持たせることが出来るのが保険です。

「万が一」、ひとつをとっても、死んだ時・病気の時・介護状態になった時・いろんな万が一があったりします。

そして、入れば入るほど、保険会社が儲かる、、、、、だから、自分が本当に必要な保険を無駄なくはいるのがうまい入り方です。
まずは、何のために入っているのか。保険の目的を良く考えた上で、本記事の「保険料の払い方」を決めることをお奨めします。

と、簡単に言いますが、自分の保険でもなかなか決められなかったんですよね〜。子供ももうできたし、家も買ったなんていう人なら結構的確に決められますけどそうでなきゃなかなか決められないものです。
迷った時は、入りたい時が入る時、で、思ってる額の半分の保険に取りあえず入って、残りは、保険に入ったつもりで半分貯金しておくってのが間違いないかも知れません。

それでも迷う人は、保険屋さんの知り合いは大勢いますので、ご相談ください。
日本の会社が良い・外資系が良い・比較できるところが良い・信頼できるところが良い、、、、

ベストなチョイスをさせていただきますよ♪。
(※私の本来のお仕事は、ライフプランですので、必要な保障を考える、という所までなのです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/19

奥さんの臨時収入、扶養をはずれる?

「専業主婦のAさんに臨時収入200万円がありました。
 旦那さんの扶養をはずれますか?」

-----

扶養の条件、税金上は103万円の壁とか141万円の壁とか、健康保険上は130万円の壁とかありますね。
年金生活のご夫婦なら、70万円とか120万円とか180万円の壁とかあります。
なんてややこしいんでしょう。
 (詳しくはこちら

臨時収入と一口に言っても、いろんなものがありますよね。で、本件は200万円の臨時収入、どれも壁を越えています。だから扶養をはずれます!、なんて単純なものじゃありません。そんなことになれば扶養に入ったり出たりする人が続出します。
いくつかの例を出しますね。

----

宝くじ、これかかりません。
親の遺産相続、これも扶養に入れる入れないには関わりありません。(相続税は除きますよ。)

オークションの販売収入。これはあくまでも儲けです。って領収書とってませんか、普通。日常生活の不要品をオークションに出したくらいでは通常購入価格よりも格安なはずなので税金はかかりません。(ただ営業目的があって売買している人は領収書とっておいてくださいね。)


契約社員で、営業パートしていて、大きな契約が取れたのでボーナスが200万円も出た、なんて時には微妙です。税金上は掛かります。健康保険上は掛かりません。

「身分はパートだけど、プロジェクトのサブリーダーとして、半年間200万円で働いてくれ」なんて時には、これは臨時収入じゃなく、半年間の雇用ですので、税金も保険上も扶養をはずれます。

親が子供の進学祝い(というか私立に合格して大変だろうと)200万くれた。
これも微妙です。税務所さんの意見を聞かないといけないところですが、まず大丈夫。
本来なら贈与税です。基礎控除110万を超えている分の税金が9万円、申告。でも一般的な慶弔のお祝い金にはよほどの金額、相続税対策と思えるような額でない限りマルサが踏み込んでくる、なんてことはありません。(たぶん) それに、親は扶養義務の範囲ですので、200万円をそのまま私立の入学金・寄付金に充てたなんて場合は全然問題ありません。

もう半年間、入院とかで、入院給付金で200万出た。こういう入院給付金は生活保障の意味合いがあるので所得にはならず、これも税金・健保の扶養問題は関係ありません。

地元で共同所有していたの山林とかため池の権利を売却したので200万
こういうのは昔々の財産なので売却益が出ます。「益」の分だけ税金がかかりますので、これが壁を越えていると所得税上の扶養ははずれることになります。


-------------

ま、いろんなパターンがあるわけで、テクニックで節約節税することも可能な時も多いのですが、それよりもライフプランが専門の私は、その後の資金準備にどうしても目が行ってしまいます。
住民税・健康保険です。

まあほとんどの方は、言われるままに払っていらっしゃるのでしょうけど、今の不景気な時代、やはり節約できる時は節約した方がよろしいんじゃないかと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/17

土地の価格が半分だと、その分、豊か?

先週、東証REIT指数を取りあげ、「売られすぎ」、なんて書きましたが、本当のところ、日本の土地の価格は高すぎるんじゃないか、一人あたりのGDP比較するときに、土地価格の国際価格差を無視していていいのだろうか、なんて思ってたりもします。

もし、土地の価格が半分だったら・・・・
生涯賃金が2億円とすれば、だいたい四分の一を住宅に当てています。
例えば住宅ローンを組んで家を買う場合、ローン金利や固定資産税やメンテ費用に結構かかりますよね。ローン3000万で維持費に2000万、合計で5000万円。多分これ以上になっています。

一人あたりのGDPの比較をする時に、一人あたり3万ドルのGDPだとしても、土地に高い費用のかかる国とそうでない国とで豊かさは違うんじゃないか、同一レベルで比較して良いのかなんて思うのです。

物価の安い国に行くとか田舎に行くとかすれば、現在でも、生涯キャッシュで数千万円くらいは軽く浮いてきますよね。


土地の価格は、個人の住宅だけの問題ではありません。用地買収費用、マンション・オフィス・倉庫の賃料、いろんな所に関係します。もし、土地の価格が半分になれば、それだけ豊かに暮らせるんじゃないか。
こんな風に思うわけです。


一人あたりのGDPと土地価格の及ぼす影響、、、私には荷が重すぎるテーマですね。
詳しい人がいれば是非、教えを乞いたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/14

医療保険どっち選ぶ?

「そろそろ旦那も定年、病気やケガが心配だし、そろそろ保険に入ろうかな」

ってな場合の相談。あなたならどっち選びますか?
今日の新聞広告から抜き出してみました。

  女性 60歳 の保険料で比較します。

       入院給付日額   保険料    保険期間(払込期間)
  ●A保険   5000円   月4390円  (終身)
  ●B保険   1万円     月5030円  (10年)

 
2倍の補償で保険料は少し上がるだけ、なんて思わないでくださいね。
確かに、今の補償だけ考えるとお得感があるのはBの方です。

問題は10年後です。Bの保険は、保険の更新となります。
じゃあその時の保険料は?

将来の物価上昇とか入院率がどれくらいか分かりませんが、現時点で70歳加入の保険料は、
   B保険の保険料、
     月々 9410円   (70歳から80歳まで)

-----

こんな記事、「簡単やん、10年の保険期間の話でしょ」、と思った方いらっしゃいますかね。こんな方には次の質問があります。
 「ちなみにお聞きしますが、死亡保険の保険期間どうされてますか?
  定年までの補償なんてのになっていませんか? 
  なぜ定年なのか、なんて考えたことありますか?」

更新型タイプは保険料が高くなってから払えなくて、保険やめるという方が増えてきています。
さらに、このB保険で言えば、更新しても最高年齢85歳まで。これ以上はいくらお金を積もうが入れない契約となっています。

補償がいつまで続くか、将来の保険料はいくらか。こういう大事な観点を見失ってはいけません。(生命保険も同じです、「いつまで補償」「保険料いくら」)

保険選びは、
  ●適切な補償額
  ●適切な期間
  ●適切な種類の保険
 
 この次に保険料が来ます。保険料は1番目じゃありません。お間違えなく。
 なお、A保険は終身なので、払い続けている限り、補償が続きます。

-----

(余談)
 保険営業していない私だから言いますが、退職金などで充分な貯蓄がある方は、医療保険なんか入らない方がいいです。とくに高齢になってから入ろうと思う方、その分貯金した方がいいですよ。たいてい元は取れません。だって元が取れるんだったら保険会社が破綻しますから。それに貯金は病気以外にも何にでも使えますし。月5千円だと、年間6万円、10年間では60万円ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/12

老後に働くと、年金が減る場合(在職老齢年金)

定年退職後の再雇用なんかの場合がほとんどですが、今の年金制度では、年金を貰いつつ、厚生年金を払うという立場の場合、年金支給額が減る仕組みがあります。在職老齢年金といいます。

で、「65歳未満か」「65歳以上か」で仕組みが違いますが、影響が大きいのは65歳未満の方。

定年退職・再雇用のMさんの例です。
図を見てください。貰う給料額で、年金額が減らされます。部分的な支給停止といいます。


Nenkincut


正確に言いますと、(貰う給料)+(年金額)の合計で決まります。
Mさんの場合、62歳までと63歳以後で年金額が変わりますので当然支給停止額も変わります。
月10万20万円、一年間にすると100万200万のお話しですから、少々、株式などの投資で儲けるより大きな額になるわけです。あと数年でもうすぐ貰う立場の人の観点でみれば、なんでこんな制度が簡単に法律で通ったのか不思議だったりするのですが、、、、(平成6年の改革だったかな?)

上の計算は65歳未満の場合です。65歳以上で働く場合はカットが大きく緩和されます。ただ、キャッシュが増えるのはもちろん働く方です。働くほど手にするお金は増えます。

--------------

もちろん仕事がいきがいで、まだまだしたいことがある、なんて方はそれで良いわけでして、
  何のために働くのか、
ということを考えていただくために、いつも

  「定年3年前の退職を考えましょうよ」

と言っているのであります。
特に「やりたいことがある人」はね、是非やり遂げていただきたいな、なんて思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/10

悪質なマンション勧誘(情報)

マンション、この2年ほど、売れ行き鈍っています。
しかしながら、勧誘時の苦情は増えているようです。

今回は、国民生活センターからの情報です。

----------

マンションの悪質な電話勧誘に関する相談が非常に多数寄せられており、年々増加。
  「断ると脅された」「長時間に渡り執拗に勧誘」
   「玄関に待ち伏せ」「損をすることはない」・・・
   「暴言を吐かれた」というのもあるらしい。

対処方法です。

(1)業者名、連絡先がわかる場合は、各都道府県の宅建業法の所管課、
   国土交通省もしくは国土交通省の地方整備局等の行政の担当課に申し出ること。
(2)契約してしまった場合、早めに最寄の消費生活センターに相談すること。
(3)暴力を振るわれたり、脅された場合は警察へ申し出ること。

元情報は こちら。(国民生活センター「マンションの悪質な勧誘販売が増加!」)

------

以前、賃貸マンションに住んでいた時、絨毯爆撃のような戸別訪問手法を経験したことがあります。
マンションの前に自動車・バンで5人くらいまとめて営業マンが乗りつけてきて、マンション中の呼び鈴を順番に押して、お話ししていくというもの。あちこちで呼び鈴の音が響くわけです。
賃貸マンションの家賃なんて相場が分かるから、「それより安い返済額で買えますよ〜40年ローンなら」なんて勧誘していくのですね。

40年ローンで買うと、返済終わる頃には築40年の古マンションです。価値は4分の一以下ですね。4000万のマンションが1000万(地価が上がらない場合)。マンションの契約というのは、1000万のモノを、利息を払って分割払いするってことですからご注意ください。しかも固定資産税もメンテ費用もかかってきますし。

んでも、家ってのは、生活の基礎となるところだと思います。その場所でどんな生活をはぐくんでいくのか、10年後20年後・・・40年後、どんな生活をしているのか、充分考えて計画して失敗しないようにしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/09

年賀状ソフトが送られてきた


去年買った、Mac用の年賀状ソフト「宛名職人」byアジェンダ、
一年遅れでバージョンアップソフトが郵送されてきました。忘れずに送ってきてくれたことに感動。

2007/12/28 年賀ソフト;アジェンダさんやってくれるね。

発売延期に継ぐ延期でついにほぼ一年遅れの発売でやっと送られてきたわけですが、いざインストールしようとすると、

「あなたのmacはバージョンが古すぎます、OSのバージョンを上げてください」

   お手上げっ! OS 10.3.9 はもうダメか。


ま、旧バージョンで困っているわけではないのだけどね。
(困っているのはSafariです、1.3.2では、グーグルマップを見ると落ちていくし、バージョンアップできません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/07

REIT:不動産が半額になったらどうする? 

バーゲンセール真っ盛りですね。
「3割off」「半額!」
てな感じですね。

ここはついでに、不動産も半額セール。
40坪土地付き一戸建て、4000万が、50%offの「2000万円!」。
家計応援セール実施中。

------

さて、戯れ言はさておき、東証REIT指数です。
株価は上がったり下がったり中々難しいですが、不動産価値はどうでしょう?
いくら不景気だからと言っても、貴方が住んでいる不動産価値が2年ほどで半分になったら嫌じゃないですか?

REIT指数、2005年5月のピークから先月末で三分の一以下です。まあREITがバブル状態だったと言うことを差し引いても、下げすぎじゃないでしょうか?

 REIT指数は、将来、不動産価値が半分になる、ことを示唆している。

こんなことをもし偉い人が言ったとしたら、暴動が起こりませんか?
なぜこんなに下げているか、REIT会社が破綻する可能性があるってことですね。しかしながら、指数から見ると、REITを運営している数多くの企業のうち、半数が破綻する、 なんていう風に見えます。そこまで悪いのでしょうか?


はっきり言って、売られすぎだと思います。

株価が2倍になるより、REIT指数が2倍になる方が可能性が高いような気がする。。。。。。
と思われる方は是非投資してみてください。


(※あらゆる投資にはリスクがあります。自己責任でお願いします。)


Reit-index

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/05

アイスランド国有銀行 債務不履行

少し遅れた先週のニュース、アイスランドの最大手カウプシング銀行が発行したサムライ債(円建て外債)500億円が滞り、27日デフォルト債務不履行になりました。
遠い国の話だと思っていたのが実は投信に組み込まれてもっている、こんなこともあります。

で、アイスランド。一人あたりのGDP上位国だったなぁという記憶がありまして自分のブログを検索すると、2005年で世界第3位。
(Ref. 日本は14位:一人あたりのGDP 2007/05/04)
 (アイルランドと間違えないこと)

一人あたりGDPでは、日本が3.5万ドル(約350万)に対して、5.5万ドル(約550万)。  ※2005年
こんな国がデフォルト?

なんて思ったのですが、wikipediaで調べてみると、人口31万人の国。
奈良市の人口36万人、大津市の33万人とほぼ同程度ですな。

アイスランド・クローネ 先日までの政策金利18%(先月は15%)です。高金利通貨でありました。
自国で借金するより、為替リスクを取っても円の低金利を望んだ債券がこのサムライ債。しかしながら、クローネの価値が半減して、2倍の借金になっちゃった。
こんな感じです。

------

円建てってことは、当然ながら日本で買っている人が多いわけで、日本の投信にも組み込まれているのがあります。
例えば、

  ・エス・ビー・日本債券ファンド(愛称:ベガ)
  ・ジャパン債券オープン
  ・大和住銀ライフプラン・バランス 30, 50, 70
  
こういうものに 0.5〜2.5%組み入れられているみたいです。(あくまでも一例です)
(まだ利払いが滞ったということで元本まで、ということにはなっていないようですが・・・)
遠い国の話が知らない間に自分の持っている投信に組み込まれている、こんな状況の人も結構いるんじゃないでしょうか、まさしく、今回のサブプライムローンが波及していく、そのまっただ中という訳ですね。

カウプシング銀行の2回債、3回債もデフォルトになるのだろうか。
つーか、円高、すすむのだろうか?

個人的には、適正な円ドルレートは103円前後と見ているのですけど・・・・この前一瞬90円台にタッチしましたが、そんなに日本円は強くないやろ。

-----

今回の世界金融不安で、IMFがいろんなところに資金援助(融資)していく予定になっています。
  アイスランド、パキスタン、ウクライナ

こう並べても、アイスランドは違和感ありますね(ほか2つは治安が悪い、つーか、戦争状態)


セレブな国が、一転、ホームレスな国になったような感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/03

元本確保型投信、つぎつぎ元本割れ


 「満期は5年。1000万円投資されると、翌年は100万、その後10万ずつ
  配当を出します。条件付きの
元本確保型です。」
 
こういう商品が一時期はやりました。例えば、

 2007年の東京海上日動 条件付元本確保型ファンド ( PDF資料 )

(東京海上さんゴメンナサイ、単に一例です。 大手のほとんどの証券会社・金融機関で同様なものがあります。)

元本確保なんだ! 初年度10%、翌年からは1%の利息、定期預金より良いなぁ、なんて思わないでください。
元本確保には「条件付き」という言葉がついています。
で、その条件はと言うと、

 「5年間のうちで一度も、日経平均が4割以上下げないこと」
 
だったりします。

募集時、17,000万だった日経平均、7000円台一瞬割り込みました。終値でも7162円。約6割の下落です。すなわち、  元本確保ではなくなりました!!

(今解約するとすれば)、10数パーセントの配当が出たけれども、一方、元本が半分になったってことです。

でも、

  「買った時の日経なんて知らないよ、定期預金のつもりだし。」

なんて人は、最後5年満期になった時に元本が減っていて、

  「あれれそんなはずじゃ・・・・」

と驚くことになったりします。

  「そんなの聞いてない」
  「ちゃんとご説明しております」


まあ満期償還までまだしばらくありますし、どれくらいの損失になるか、あるいは、反発していって、やっぱり良かった、になるかどうかは分かりませんが、とりあえず、元本確保機能はなくなりました。

高い利息の変わりに、高いリスクがある、リスクとリターンの関係です。
ただ、若干言いたいのは、やけに元本確保が目立っていて、逆に、リスクが目立たないような宣伝をしているなぁというところ。

同じ商品で時期の違う宣伝資料と見比べると違いがはっきり分かります。最近の資料
(金融庁の指導でもあったんだろうか?)

------

なお、一口に元本確保型と言っても、
 商品(コモディティ)でおこなう物、株や債券のオプション取引を使う物、
 それらを、円建てではなく、外貨建てでおこなう物、これらを複数組み合わせる物、いろいろあって、それぞれに特徴が異なりますので、ご注意ください。
 (やっぱり、1000万が500万になったら、嫌でしょう? しっかりリスクを確認してくださいね)
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »