« 医療保険どっち選ぶ? | トップページ | 奥さんの臨時収入、扶養をはずれる? »

2008/11/17

土地の価格が半分だと、その分、豊か?

先週、東証REIT指数を取りあげ、「売られすぎ」、なんて書きましたが、本当のところ、日本の土地の価格は高すぎるんじゃないか、一人あたりのGDP比較するときに、土地価格の国際価格差を無視していていいのだろうか、なんて思ってたりもします。

もし、土地の価格が半分だったら・・・・
生涯賃金が2億円とすれば、だいたい四分の一を住宅に当てています。
例えば住宅ローンを組んで家を買う場合、ローン金利や固定資産税やメンテ費用に結構かかりますよね。ローン3000万で維持費に2000万、合計で5000万円。多分これ以上になっています。

一人あたりのGDPの比較をする時に、一人あたり3万ドルのGDPだとしても、土地に高い費用のかかる国とそうでない国とで豊かさは違うんじゃないか、同一レベルで比較して良いのかなんて思うのです。

物価の安い国に行くとか田舎に行くとかすれば、現在でも、生涯キャッシュで数千万円くらいは軽く浮いてきますよね。


土地の価格は、個人の住宅だけの問題ではありません。用地買収費用、マンション・オフィス・倉庫の賃料、いろんな所に関係します。もし、土地の価格が半分になれば、それだけ豊かに暮らせるんじゃないか。
こんな風に思うわけです。


一人あたりのGDPと土地価格の及ぼす影響、、、私には荷が重すぎるテーマですね。
詳しい人がいれば是非、教えを乞いたいです。


|

« 医療保険どっち選ぶ? | トップページ | 奥さんの臨時収入、扶養をはずれる? »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/43036295

この記事へのトラックバック一覧です: 土地の価格が半分だと、その分、豊か?:

« 医療保険どっち選ぶ? | トップページ | 奥さんの臨時収入、扶養をはずれる? »