« お金を輸出? 今の日本 | トップページ | ニュース多すぎ、追いつかない »

2008/10/15

銀行;世界中で資本注入中

G7を受け、各国で銀行への公的資金・資本注入がされています。

アメリカ25兆円、ドイツ60兆円、イギリスは4銀行へ6兆円、、、、
フランスも追随です。

サブプライム問題、振り返ると、

   土地価格の下落→低所得者の破綻→景気悪化→
   銀行の焦げ付き→金融不安→流動性の悪化→
   さらに金融不安→さらに流動性悪化→・・・

という流れでした。

先週の株価下落は、景気悪化分を超えた金融システム不安による悪化です。
今回の資本注入で、この金融システム不安分はかなり緩和されました。
しかし、景気悪化に対する対策はまだ何もありません。というか、政府銀行が出来ることは急変を緩和することであり、本来の景気対策は政府経済政策のお仕事です。

まだまだ景気後退(リセッション)に対するものはなにもありません。

Subprime


今回、遠い目で見ると、ヨーロッパ各国が自国の銀行を守るという点でお金を出していますが、結局の所、アメリカを助けることになっているような気がします。もちろん、アメリカが倒れるとみんな倒れるからという理由なのですが、国際協調という仕組みの中で、みんなでアメリカを助けなきゃ、という仕組みになっちゃった。で、特筆したいのはまだ日本はお金出してないってこと。
過去日本の経済危機では、ハゲタカファンドが日本にお金を出しましたけどね、かなり今回は違いますね。

これからアメリカが日本に「金出せ、国際協調だろっ!」って言ってくるのか来ないのか、つまりは、アメリカの国債を買うことになるんだろうか、なんて思ったりするのです。

--------

金融システム不安が後退しただけで、景気は悪化途上です。
今後、体力が減少した金融機関の中小企業への融資がだんだんと厳しくなる。
そうなると景気はさらに悪化する。

さて、日本がどんな経済対策をしていくのか、アメリカ・ヨーロッパがどんな経済運営をしていくのか、ちょっと楽しみになってきました。

-------

先週、銀行の窓口で投信を買いました。こわごわの再投資。
最近はネット証券を多用しているので、この銀行の口座はもう5年くらい放ってある口座なのですが、想定以上に下がったので(ほんの少しだけ)買い! (だってネット証券の口座は損失一杯で塩漬け状態だから動かせる資金がない)

何の投信かというと、ヨーロッパ主要国の国債を集めたグローバル債券投信。
こちらがCFPだとわかったので担当者の方が、質問してきました。

「今週は、だいぶ下げたので、225インデックスがよく売れているんですけど、このグローバル債券関係も結構出ているんですよ。なんで225とかじゃなく債券なんですか?」

タダでそんなこと教えられません。だってあんたはそれが商売でしょ。

「株は恐いし債券系は値動き少ないから」

なんて適当に答えましたが、リセッションに入るんだから債券でしょ、普通。こんなにユーロ安になったんだし。

みんな値動き少ないから債券敬遠するんですよねぇ。まあ、今は、株も債券も為替に影響されて同じように動きますけどね。

株式市場の乱高下は今月いっぱいまでが山場(谷場)だと思います。市場が落ち着いたそのあと、景気後退が顕著なら株式系投信は割合を下げて個別買いか何か考えたいと思っています。


今回、株でヒヤヒヤした人、一つだけ言っておきましょう。

 情報誌は、「まだまだ下がる」「まだまだ上がる」「今が底」「今がピーク」、この4つしか書いてありません。それか、何も書いていないかのどちらかです。
 そして、
   人の言うことは信じるな!

投資は自己責任でね。

|

« お金を輸出? 今の日本 | トップページ | ニュース多すぎ、追いつかない »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/42791630

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行;世界中で資本注入中:

« お金を輸出? 今の日本 | トップページ | ニュース多すぎ、追いつかない »