« 年金記録の改ざん問題、やっと1件 | トップページ | 造幣局はミントの香り »

2008/09/11

消費税1%は2兆円に相当、現在の社会保障費20兆円

なんども書いていますが、国家予算の一般会計、社会保障費は20兆円を超えています。(ちなみに社会保障費そのものは約100兆円)
社会保障費というのは、年金、健康保険、福祉などのお金。

  国家予算一般会計総額83兆円:
       国債費(過去の借金) 1/4
       社会保障費      1/4

 これで予算の半分使ってます。
   
一方、消費税は現在5%ですね。これで消費税10兆円くらい。
1%で2兆円相当です。

ということは、消費税すべてを社会保障に回しても半分しかまかなえないのが現在の国家予算です。そして、大事なのは高齢化がまだまだ進むと言うこと。今の1.5〜2倍になります。

社会保障を消費税でまかなうと、将来36兆円が必要で、消費税は18%
こんな計算は、中学校の算数くらいの計算ですかね。

--------

もっと他の観点がないのでしょうか?
  医療費にムダがないのか、薬漬け・検査漬け・医者のはしご
  国家予算にムダがないのか、、、、、
  そして、国家予算の一般会計だけじゃなく、特別会計とか公益法人にムダな支出がないのか。

こういう総論的な論点で政策論議を進めて欲しいものです。すべてにおいて、行政組織も内閣も野党内・与党内の組織も、すべてにおいて縦割り行政で培ってきた悪弊があるような気がします。

【追記】
ちなみにこちらもどうぞ。
一般会計だけじゃなく、本当の社会保障費としての話。

社会保障費100兆目前 (2010/01/13)

|

« 年金記録の改ざん問題、やっと1件 | トップページ | 造幣局はミントの香り »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/42431081

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税1%は2兆円に相当、現在の社会保障費20兆円:

« 年金記録の改ざん問題、やっと1件 | トップページ | 造幣局はミントの香り »