« かなり大損の投資信託:「日興エボリューション」 | トップページ | 団体信用生命保険の受取人;住宅ローン »

2008/09/25

「投信で損しているんですけど…」


  「投信で損しているんですけど…」

  
最近こういう声を良く聞きます、非常に良く聞きます。

★ポイント1:『リスクがあるからリターンがある。』
   これ、皆さん一応理解されてます。
★ポイント2:『じゃあ何のために投信を買いましたか?』
   →お金の目的を忘れている人が多い。
 
 ◆運用期間はいつまでですか?  これで質問の答えが変わってきます。
 
------

私の持っている投信の一つで、「中期投資の良い例」をお見せします。。

 Grobal


2005年7月に設定された大和住銀のグローバル好配当
「好配当」というのが流行った頃の投信ですね。

私が買ったのは2回。設定直後の2005年8月そして、翌年5月、1割ほど下がった時に増量投資しました。そして、さらに翌年(2007年)4月、時価で40%程、購入額では6割を現金に換えました。
その後はご存じの通り、サブプライム問題で下がる一方です。基準価格で4割以上下がっていますね。
しかしですね、分配金込みで見るとピーク時からは2割減くらいです。当然私はまだまだプラス圏。もちろん全部解約しておけば良かったな、というのは後の祭りでこれがリスクとリターンというものですね。

(ちなみにこれ、毎月分配型です。私は嫌いじゃないのですが、複利効果が薄れるのでFP仲間の間ではとても評判悪いです。)

---------

同じように、中国ファンド、どんどん下がって行ってますが、元本部分はすでに現金化! しているので、この後どうなっても損にならない。

とまあ、私のファンドがみんなこうならウハウハなのですが、困っているものも一杯あります。

二匹目のドジョウを狙ったインドファンドも大幅減、ま、成長率の高いところは今後の期待もできるのですが、今、私自身非常に悩んでいるものがあります。

フィデリティの日本中小型ファンド。またいつか書きますが、半分まで下がった上に、ジャスダック・東証2部・ヘラクレスともに下がる一方で底が見えません。底だと思えば追加投資できるし、まだ下がるというのなら損切りするのですが、こうまで日経平均から乖離すると判断つかず、ってところなのです。

---------

所詮は、『安く買って、高く売った人』が儲かって、『高く買って、安く売った人』は損します。ただし、下がってしまった後に戻ってくる時間があるかどうか、これを考えて資金分配をしないといけません。

  『時間でカバー』 か 『追加投資でカバー』。

時間が足りない人は安くなったときに買い増しできる余裕資金が必要、こういうポートフォリオを組んでいきます。そもそも3年後の住宅購入資金、なんかだと運用期間が3年と決まっているわけですから、最初からリスクの高い物への投資は限られるはずです。

で、ファイナンシャルプランナーと証券アドバイザーと違うところは、お金の目的を考えるかどうかです。
当然私の専門はライフプランですから「使う予定」もポートフォリオに加味させます。そうしないと人生が充実いたしません。私が外務員資格を取って営業したくないのは、「金融商品を売る」ことを仕事にしたくない、それよりも、「人生の充実」をお手伝いしたい、こういう思いからなのです。

最初の質問、
『じゃあ何のために投信を買いましたか?』

答えは、「殖やすため」です。リスクがあるとしても殖やすことが目的です。で、何のために殖やすか考えていない人がほとんどです。みなさん「当分使わない」お金で買っておられるから。「当分使わない」の後どうするかを考えていないのですね。ただで聞いてくる友人(クライアントではない人)なんかには、こんな答えです。

 「使わないお金で買ったんですね、じゃあ放っておけばいいじゃないですか、
  使わないんですから。貴方の人生には影響を与えないお金でしょ。ギャンブルと同じだし」

「儲けて旅行する」という資金なら株価が戻ってくるまで旅行できないのでいつまで経っても旅行できない。旅行くらいだとまあいいですけど、これが2LDKの家になるか5LDKの家になるかだと、人生に大きな影響を及ぼします。


サラリーマンとかで定期収入のある方、こういう方はとりあえず放っておくというのも、人生に大きな影響はありませんし、退職まで相当時間があるのなら、あまり気にすることもないんじゃないかなぁ、私ならそろそろ底だと思った時点で比率を高めると思いますね・・・・確定拠出年金の方とか。

そろそろ底という意見もちらほら出てきていますが、、、、ほんとにちらほらです。
サブプライムは3年かかるという人もいますし、日本の経済情勢を見ると(インフレが進んで、GDPはマイナス成長で、消費税が上がってくるなんてことになると)、日経平均1万割れ、8000円割れも可能性としては低くないと思っています。ただ、行き場の無くなった資金が多少は日本に回ってくる、こんな気もしています。
 
資金分配=ポートフォリオのご相談、承っておりますよ〜(宣伝) 

あっそうそう、最近、証券&銀行の営業攻勢が凄いです。電話掛かってきませんか? だいぶ下げましたし、そろそろ底だと思いませんか?とか、国債は投信に比べてはるかに安全ですよとか。
たぶん売上げ(手数料)が減っているんでしょうね。私から見ると、街頭ティッシュ配りと同じ事をしてますな、なんて思ってしまうのですが。。。。。。まあ営業はどんな世界も大変なのです。

もう一度言いますね。「殖えたら何に使うの? いつ使うの?」 これを考えないとお金は生きてきません。お金をうまく使ってこそ人生が充実する。そんな風に思います。

|

« かなり大損の投資信託:「日興エボリューション」 | トップページ | 団体信用生命保険の受取人;住宅ローン »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/42451528

この記事へのトラックバック一覧です: 「投信で損しているんですけど…」:

« かなり大損の投資信託:「日興エボリューション」 | トップページ | 団体信用生命保険の受取人;住宅ローン »