« 住宅ローン:みんな、いくらの家を買っているか? | トップページ | 失業手当 引き下げられました »

2008/08/01

将来、年金が半分に減って餓死者・凍死者がでる、という計算

総務省が3月時点での人口のデータを発表しました。
少子高齢化、、、、、これからどうなるのでしょう?


お年寄り2人の世帯を
   7人で支えていた時代から
   5人になり、4人になり、
   そして、3人、2人となっていくと推定されています。
    → 総人口に占める65歳以上人口、40〜45%!
   

Kourei
 

年金保険料が単純に、「集める方も今のまま、払う方も今のまま」、だと、人数比率が変わってきますから、つじつまがあいません。
    → 年金は半分になる、 それか
    → 現役世代の保険料が2倍になる。

年金を毎年1%〜2%ずつ減らしていくと、丁度、つじつまがあいます。

今の厚生年金平均支給額200万円、これが半分になって年金100万になれば、物価が上がって食べ物が買えない人、餓死者・凍死者なんかも出てくるでしょう。たま〜にニュースになるような高齢者の悲しい出来事が日常茶飯事になっていく。

先日、喋った同業のFPの方は、「スラム街が増える。」とおっしゃっていました。
餓死者が出るというのは、ある証券アナリストの方の意見(オフレコ)です。
私も同意です。

-----

丁度、ロシアが、チェルノブイリ事故からロシア経済危機を経て、経済の混乱期に平均寿命が10年ほどで約7歳短くなりました。

日本も同じようなことが起こるかも知れません。国家予算80兆で年金が60兆、そして、大事故や大地震で一気に経済が混乱して、国債乱発→債務不履行。
こう云う時には必ず、弱者が切り捨てられます。

ソフトランディングしていくかハードに落ちるか、いずれにしても、今の年金制度や社会保障制度はありえないと思うのですが。。。。

------

そろそろまともに議論してくれませんかね。
財務省が今年度予算のシーリングを発表しましたが、年金国庫負担のことも特別会計の埋蔵金の話もうやむやです。物価上昇→景気悪化による法人税収の落ち込みについても、なんら無策同然にしか見えません。定年間近の官僚たちが、自分たちはしっかり年金を貰ってあとは知らんよ、と言っているような気がしてなりません。というか、公務員さん自体、一体いくら自分の年金があるのか実は知らないんじゃないか、なんて思ったりもします。

でもね、今65歳でも発表された平均寿命で男76歳・女89歳。平均で! 10〜25年あるわけです。毎年1〜2%減でも、10年では2割減、25年で半分になるという計算。
(実際にはね、表面的には年金は減らないと思います、選挙に不利だから。その分、他の税金とか保険料とか医療費とかで集めると思いますよ。)

財務省HP:日本の財政から「少子高齢化の進展」
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/sy014/sy014f.htm

|

« 住宅ローン:みんな、いくらの家を買っているか? | トップページ | 失業手当 引き下げられました »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/42027030

この記事へのトラックバック一覧です: 将来、年金が半分に減って餓死者・凍死者がでる、という計算:

« 住宅ローン:みんな、いくらの家を買っているか? | トップページ | 失業手当 引き下げられました »